「メディアは現実を構成する」について調べてみた

どうでもいいつまらない話なんですが、時間とお金をつかったので記録だけしておきます。 (マス)メディアとジェンダーというテーマは、ジェンダー論やらフェミニズムやらの中心的なテーマの一つなわけですが、「実証的な調査はどういう … 続きを読む 「メディアは現実を構成する」について調べてみた

サロメさんを鑑賞して教養をつけよう

職場では「教養科目」とかそういうのを担当させられていて、まあ私そういうのしかできないのでわりと楽しくやっているわけです。教養ある学生様を育てるのが目的だと思うので(想像)、音楽とかも教養だから聞いてもらったりしています。 … 続きを読む サロメさんを鑑賞して教養をつけよう

図書館は改善されている

図書館のどこになにがあるかわからない問題はずいぶん改善されつつあります。今日はこういうの見つけてちょっとうれしかった。これであんまり迷うことがなくなりそうです 棚も少しずつ改善。 カウンターまわりもよくなりつつある。

妊娠中絶は10代女子の問題ではありません

「10代女子が1日40人中絶する現実にも、アフターピルが広まらない理由」っていう記事がちょっと話題になってたんですが、この手の話が十代女子の問題であるとか、それが「男性優位社会」の問題だってっていうように誤解されちゃうか … 続きを読む 妊娠中絶は10代女子の問題ではありません

ジュディス・バトラー様と竹村和子先生のインクレディブルなダジャレと翻訳

数日まえに載せたヌスバウム先生のバトラー様批判(あれは私の翻訳ではないです、柳下先生)にはけっこう反応があったみたいなんですが、ブログとか書いてくれてる人もいたんですね。 https://kumabushi.com/?p … 続きを読む ジュディス・バトラー様と竹村和子先生のインクレディブルなダジャレと翻訳

大学でフェミニズムを勉強したい人は

フェミニズムやらジェンダー論やら勉強したいひとのためのリストみたいなのがない、みたいな。いやそういうのはたくさんあると思うから私が書く必要はないと思うんだけど、ちょっと一般的な話にからめて紹介したいと思います。 そもそも … 続きを読む 大学でフェミニズムを勉強したい人は

セックス哲学史読書案内:オウィディウス『恋の技法』からナンパとモテへ

オウィディウス先生は文庫であるので入手しやすい。Ars Amatoria、『恋愛指南』とか『恋の技法』とか、『愛の技術』とかいろいろ訳しかたはあります。 教養としては『変身物語』も読みましょう。 『恋愛の技法』はけっきょ … 続きを読む セックス哲学史読書案内:オウィディウス『恋の技法』からナンパとモテへ

ジャズ入門(34): フリージャズはデタラメではない

過去の記事を見直していて、オーネットコールマン先生の話やデイブブルーベック先生の話とか読み直し、別件で山下洋輔先生のこととか考えてたら、セシルテイラー先生の名盤を聞きたくなりました。 これほんとに名盤なんよね。CDで入手 … 続きを読む ジャズ入門(34): フリージャズはデタラメではない

セックス哲学史読書案内:アリストテレス先生の友愛

アリストテレス先生は偉いのに国内では読みやすい本がそれほどない印象。 『ニコマコス倫理学』は自体新しい訳も出てよい時代になりました。 『問題集』も笑えるから読みたい。 解説書みたいなのはアームソン先生のがいいんだけど、友 … 続きを読む セックス哲学史読書案内:アリストテレス先生の友愛

ジャズ入門(33): インタープレイって何やってんの?(2)

ソリストとバックの間でなにをやってるのか、っていうのはおもしろくて私も勉強したいのですが、ソリストどうしでもいろいろやってるわけです。一番有名なのはこれですね。開始時間指定してますが、最初から聞いてください。 3:00の … 続きを読む ジャズ入門(33): インタープレイって何やってんの?(2)