セックスの哲学」カテゴリーアーカイブ

フェミニスト教授vsポルノ女優:Held & Hartley, “Porn, Sex, and Liberty”の抜粋というか超訳というか

この本はとてもおもしろい論文がのってるので、ポルノと哲学に興味ある人びとはぜひ読むべきだと思う。反ポルノ、ポルノ擁護、どちらも力がはいってます。

続きを読む

『月曜日のたわわ』広告問題(9) ふたたび広告と製品、そして多様な表現文化

てなわけで、「たわわ」広告についてちょっと見てみたんですが、イギリスの広告基準協会やアンステレオタイプアライアンスの基準や倫理綱領みたいなのを使ってあの広告を非難するのは私には難しそうに見えます。広告と製品・作品は別のものです。作品を非難したいのであれば作品自体を非難した方がよいと思う。これは表現の規制というよりはまずは批評の話になるので、ぜひ読んで批評したらよいと思います。電車のなかにいる真面目そうに見える青年の内面がさまざまな欲望に満ちてる、みたいなのはキモいとは思いますが、それはそれで表現だ。

しかし、広告が、イギリスや国連女性機関の提唱している「精神」みたいなものに 十分にそってない 、みたいなことはもしかしたら言えるかもしれない。ここで注意しないとならんのは、理想みたいなものについては、その実現に努力するのは称賛されるべきことであっても、十分にその理想に貢献していないからといって簡単には非難できない、ということですね。もちろん、ルールに形式的に反してないからなにをしてもいい、みたいな考えかたはそれはそれで邪悪です。そういうのはよくない。

あの広告の別の攻め方として、『月曜日のたわわ』がそのタイトルから明らかなように魅力的なボディーシェイプの女性(一部は高校生)の性的な魅力と、そうした女性に対する男性の性的な欲望を描いているので、そうしたものの広告を大手新聞が掲載するのは不適切だ、という考え方があるかもしれません。

しかし日経新聞の全面広告は2000万程度かかるようで、それを見送るというコストを今回だけでなく将来的にも日経新聞に要求するというのは、かなり強い要求であるように私には思えます。多くのフィクション作品は(ポジティブなものもネガティブなものも含めて)性的な欲望や性的な活動を少なくともその一部で描いていて、一部に(あるいは全面的に)よろしくない欲望が描かれているから大手新聞に広告が打てないとなると、一時期の大江健三郎先生や村上春樹先生の作品でさえ広告できなくなってしまう。そうした制限は、経済活動を抑制することによって表現の自由や多様性まで抑制してしまうことにつながりかねないと思います。

また、表現だけでなく商業活動の自由は現代社会ではやはり重要で、そういうのを規制しようとするときには、根拠をあきらかにし、十分な理屈を立てないとならない。われわれはしばしば他人がやっていることに文句をつけやめさせたいと思うわけですが、いろんな人の利害をそれなりに考慮すべきであると思います。

『たわわ』という作品自体は最初はかなり直接的で私にはあまり趣味のよいものとは見えないものでしたが、次第に作風が変化しているという声もあります。マンガ作家たちは一般に受けるものを描いてお金をもうけ、それをもとでにしてもっと本格的な作品にチャレンジするというのは歴史的にはっきりしていると思います。そうはならない作家もいるかもしれませんが、そうした作家や出版界の裾野を広げていくのが文化の発展だと思います。

また別の方向として、『ヤンマガ』みたいな、趣味のよい人々から見たら下品なエログロマンガ雑誌(『たわわ』よりひどいのは大量に載ってます)と清潔であるべき日経新聞が関係をもつのがよろしくない、ヤンマガの広告はぜんぶやめろ、みたいな非難の方向もあるのかもしれませんが、これって「悪いやつとつきあう奴も悪いやつ」みたいなそういう発想ですよね。人間としてそういう判断をしがちになるのはわかりますが、私たちはこうした部族的な思考には注意して控え目にしないとならないと思います。

われわれは無根拠に他人にあんまり過大な要求をするべきではないし1、要求するならばその根拠をはっきりさせるべきだと思います。これが今回の言いたかったことかなあ。とりあえずシリーズ終了。

脚注:

1

ハフポスト自体が載せているオンラインターゲティング広告にエロ広告が出てる、みたいな話がありましたが、そういうことです。

『月曜日のたわわ』広告問題(8) アンステレオタイプアライアンス(反ステレオタイプ同盟)と多元的なパーソナリティ

国連女性機関が『月曜日のたわわ』全面広告に抗議。「外の世界からの目を意識して」と日本事務所長 https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6257a5d0e4b0e97a351aa6f7

続きを読む

『月曜日のたわわ』広告問題(5) 製品と広告

しかし、イギリスの広告基準協会は、さきに触れた、協会の原則・綱領での「有害なステレオタイプ表現」規制の他に、組織の「執行部アドバイス」として児童を使った

ハフィントンポスト「「月曜日のたわわ」全面広告を日経新聞が掲載。専門家が指摘する3つの問題点とは?」 https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_624f8d37e4b066ecde03f5b7

続きを読む

『月曜日のたわわ』広告問題(6) 児童を性的な文脈で使うことは許されません

続き。

ハフィントンポスト「「月曜日のたわわ」全面広告を日経新聞が掲載。専門家が指摘する3つの問題点とは?」 https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_624f8d37e4b066ecde03f5b7

続きを読む

『月曜日のたわわ』広告問題(2) 性的虐待?

つづき。

ちょっと時間あけてしまったら問題はさらに延焼しているようですが、ひっそり書いとこう。とりあえずもとのハフポストの記事の問題の二番目のポイント。

ハフィントンポスト「「月曜日のたわわ」全面広告を日経新聞が掲載。専門家が指摘する3つの問題点とは?」 https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_624f8d37e4b066ecde03f5b7

続きを読む

『月曜日のたわわ』広告問題(1) 見たくないものを見ない権利/ジェンダー平等を語る偽善

『月曜日のたわわ』という青年マンガの広告が日経新聞に一面で掲載されたらしく、それについての議論が炎上しているようです。特にハフポストの以下の記事が焦点になってますね。すでに論評がいろいろ出ているのでそれに加えて私が書くべきことはそんなにないのですが、発見もあったのでちょっとだけ。今日は前おきだけ。

続きを読む

キェルケゴールのドンファン論(0) キェルケゴールはむずかしい

講義科目でキェルケゴールをちょっとだけとりあつかったので、このブログに反映しようかと思って正月三ヶ日『あれか/これか』に収録されている、「直接的・エロス的段階」、いわゆるキェルケゴールのドンファン論を読んでたのですが、やっぱりキェルケゴールは難しいですね。読んでも読んでも何言ってるのかはっきりしないので、「こういうことを言ってます」でさえあんまり自信をもって書くことができない。

続きを読む

田上孝一先生の『99%のためのマルクス入門』はセックス哲学としてもおもしろいので読みましょう

動物倫理で有名な田上孝一先生の『99%のためのマルクス入門』が出て、いまどきのマルクス主義者が具体的にどういうことを考えているのかというのがわかっておもしろいのでみんな読んであげてください。以下ツイッタに殴り書きしたのを並べただけ。ほんとは書きなおすべきなんだけど。

続きを読む

バス先生の新刊が出たよ(5) セックスニュートラルな性犯罪対策法はあんまりよくないかもしれない

SNSでの刑法による性犯罪対策の話題はまだ続いいて、こんどは「従来の法制度は男性によって云々」とかっていう話が話題になってますが、まあこのタイプの主張は実はそれはそれなりに聞くべきところがあるんですよね。

続きを読む

バス先生の新刊が出たよ(3) 女性のレイプ対策(事前と最中)

性犯罪関連法の改正とかを巡る議論で、セックス同意年齢と並んで重要なのが、日本の法律にある暴行・強迫要件というやつで、まあ現状では暴行や強迫によって抵抗を(いちじるしく)困難した、というのが「強制性交」とされるの必要になってるわけです。でも犯罪者に対して抵抗するというのはたいへんなことなので、そういう要件はもっと緩めるべきではないか、という議論があるっぽいです。むしろ同意があった(と少なくとも思った)ことの立証を容疑者の側に求めるべきではないか、というわけです。これはけっこう一理ある。イエスミーンズイエスってやつですね1

バス先生の新しい本は、第8章でこの件に関してかなり重要な情報を提供していると思います。

続きを読む

バス先生の新刊が出たよ(2) 「認知の歪み」というか認知バイアスと性的情動の性差

男性のセックスや恋愛に関する「認知の歪み」みたいなのがネットの一部で話題になっていたのですが、バス先生は最終第9章の「ギャップに気をつける」で、認知や欲求の男女差をちゃんと意識することが、セクハラやレイプなどの不幸な性的なできごと(その多くは男性が加害者)を防止するために有効だっていってます。

続きを読む

セックス同意年齢の問題(9) 私たちはどうやって成熟するのだろうか

まあミル先生も『自由論』でこう言っています。

たぶん、いうまでもないことだが、この理論〔他者危害原則、個人の行動の自由〕は、成熟した諸能力をもつ人間に対してだけ適用されるものである。われわれは子供たちや、法が定める男女の成人年齢以下の若い人々を問題にしているのではない。まだ他人の保護を必要とする状態にある者たちは、外からの危害と同様、彼ら自身の行為からも保護されなければならない。(『自由論』第1章)

続きを読む

セックス同意年齢の問題(8) 同意能力には何が必要か

このブログの同意の話では、ワートハイマー先生(Alan Wertheimer)の本や論文とりあげることが多いんですが、私がおもしろいと思って読んでるのに、David Archard先生って人のSexual Consentっていう本があります。法哲学者のワートハイマー先生はなんかへんなこと考えながルールをあれこれ模索してるけど、基本的には人間理解がのっぺりしているところがあるんですが、アーチャード先生は法学というよりは哲学や倫理学系の先生で、いかにも人文系哲学者っていう感じの繊細なところを見せてくれるので好きですね。

続きを読む