教員生活」カテゴリーアーカイブ

レポートでのWeb記事の参照法についての提案

大学教員のみなさん、レポート等で、学生様にWeb記事を参照してもらわねばならないことが増えてると思うのですが、インターネッツが一般化してずいぶん経つので、そろそろ見直ししませんか? これは学生様が勝手に判断できないところがあるので、教員の側の指示を考えなおす必要があると思うのです。

まず何より、 オンラインの学会・大学レポジトリで公開されている雑誌論文等は、URLではなく掲載誌を明記するように 指導しましょう。

江口聡 (2019) 「性的モノ化再訪」 http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/bitstream/11173/2840/1/0130_021_007.pdf

では なく

江口聡 (2019) 「性的モノ化再訪」、『現代社会研究』、第21号、京都女子大学

と表記させましょう。「オンラインで見つけた論文PDFを参照した場合は、そのタイトルでもう一回検索してどの雑誌のどの号に載ってるのか確認して書け」と指導するべきだと思います。

雑誌論文ではないものについては、現在の標準的な指導では次のようになっているかと思います。

著者名、「Webページのタイトル」、Webサイトの名称、更新日付、URL、アクセス日

中央審議会、「第2期教育振興基本計画について(答申)」、文部科学省、https://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/__icsFiles/afieldfile/2013/05/08/1334381_01_1.pdf 2013-04-25 、(2023年1月15日かくにん!よかった!)

これって、紙のレポートで読むときはURLは (1) 人間の目には不要だし、(3) 長くて分量をとるし、そしてなにより、 (3) 多くのWebサイトは随時構造が変更されているのですぐに役に立たなくなって無駄だと思うのです。むしろ、これからは次のように指導したらどうでしょうか。

著者名 (年) 「文書のタイトル」、発表媒体、発表日(あるいは更新日)

これだけにする。上の例を使えば、

文科省中央審議会 (2013) 「第2期教育振興基本計画について(答申)」、文部科学省、2013年4月25日

これだけ。シンプルでいいじゃないですか。実際、著者名・タイトル・発表年の三つがそろえばGoogle検索などで見つけることができるわけですからそれで十分だと思います。特に役所の文書なんかURLなんかいらない。「確認日」も勝手にどんどん更新されるようなものでない場合は不要だと思う。発表日・更新日で十分では?

江口聡 (2019) 「『宇崎ちゃん』ポスターは「女性のモノ化」だったのか?:性的対象物という問いを考える」,『現代ビジネスオンライン』,2019 月12 月3 日.

まあオンラインのものであることを明示してもらう必要はあるでしょうね。↑のはオンライン文書だって明白だから書いてないですが。まあURLはオンラインの文書ではもちろんあった方が便利ではあるので消せとは言いませんが、紙での提出が基本であるなら特に必要ないと思う。読者に親切に!が基本。

誰が書いたかわからないもの、文書のタイトルがはっきりしないもの、いつ発表されたのか、いつ更新されたのかわからないものについては、そもそもそれをレポートの資料として適切なものなのか学生様に考えてもらう必要があると思います。これはちゃんと指導しないとならない。もちろん使ってはいけないというものではないし、また考察の対象資料としては価値があるかもしれないけど、なんらかの論拠には使えない、というのは口をすっぱくする必要がある。

あと、学生様はなにも考えずにWordの言うなりになってリンク貼って下線つき青文字で平気なものなので、Wordの言うなりにならずに、その下線や色を消すことができるのか自問するように指導しましょう。Wordの奴隷からWordを支配する主人となることを大学では教えなけれなりません。それが啓蒙というものです(うそ)。

文化系のレポートの書き方の本

ちょっとほぼ私的なメモです。

レポートの文章の書き方の本は多いのですが、ゆるい学部でのゆるい文化系のゆるい卒論の指導に困ってる先生は多いと思うので、参考書。いつものようにリンク踏んで買ってもらえると私にアフィリエイト収入が入ります。

続きを読む

成績評価についての内緒の話

授業について、大学教員はみんな気にしてるけど正直に話し合うことがめったにない、という話題はかなり多いのですが、成績評価も実はその一つです。実は採点はどうするべきかっていうのが大学当局や他の教員から指示されることはめったにないのです。

続きを読む

オンラインでの採点フィードバックはスティッキーズを使うしかないか

レポートっていうのはとにかく教員がそれなりにフィードバックしないとまともなものを書いてもらえないわけですが、どうフィードバックするのかが問題ですわね。紙なら、「ルーブリック兼用表紙」使って適当に赤ペン先生すりゃいいんだけど、オンラインでPDFで提出とかしてもらうとそれもむずかしい。

続きを読む

Google FormsとSpreadsheetのimportrange関数で学生様の講義感想を集める

とかで書いたことの続きなんですが、今年も大人数講義は「オンデマンド」にしろってんでYouTubeで生配信してそれを録画する、っていうやつやってます。

続きを読む

図書館を探検してもらう

学生様の図書館利用は、とてもよく利用する人とほとんど入ったことさえない人に分かれてしまうわけですが、まあなるべく親しんでほしいですよね。

春先の1回生の「基礎演習」では、図書館にお願いして職員の人にツアーしてもらうことが多いのですが、今年まあコロナとかで「密」になるのもあれなので、各自探検してこい!みたいにしました。

続きを読む

オンライン授業でのレポート評価のためのシステムを誰か作ってほしい

前期のオンライン授業、なんとか成績表提出しておわりましたが、レポート採点にもけっこう苦労しました。

いつもは紙で提出してもらっているので、ここでも何回か記事を書いてる「レポートの表紙」つけてもらって項目を赤ペンで適当にマルでくくったりコメント書いたりして返却してたんですが、今回はオンラインということでMicrosoft Teamsの「課題」にPDFで提出してもらいました。でもこれ、こういう感じでしかフィードバックできないんですよね。 続きを読む

Dropboxサポートは誠実で親切でした

というわけで、私の軽率なクリックにより事故ってから1週間、親切なDropboxサポートのおかげで、Paperも無事とりもどすことができました。250ファイル弱、一発でエキスポートするっていうのはちょっと難しそうだったので、まだ必要なもの150ファイルぐらいを手作業でコピーして消す、っていう作業をしました。やっぱりこれなくしてしまわないでよかった。レスキューしてくれたDropboxのサポート係その他には感謝していています。たいへん満足のいくサポートでした。わかりやすい! 続きを読む

Dropbox Businessは危険かもしれないことをさらに検証しています

Dropbox Businessは非常に危険です
Dropboxは馬鹿が使うと非常に危険なことを検証しました
の続き。

私の馬鹿みが呼びよせたDropboxの事故の対策はまだ続いています。担当してくれているDropbox社のサポートの方々はとても優秀で親切で誠実で、すばらしい対応をしてもらっています。技術力も高いのがわかる。Paperも返ってくるかもしれません。それなら私が馬鹿なのがおもな原因なのだから、それ以上要求することはありません。 続きを読む

Dropbox Businessは馬鹿が使うと非常に危険なことを検証しました

いくらなんでもあれなので、もう一個アカウントを作って、自分がどういう行動をしたのかたしかてみました。(新しいPlusのアカウントを作りました)

招待のメールはリンクだけがある簡単なもので、そのリンクを踏んだわけです。するとこうなったはず。 続きを読む

Dropbox Businessは非常に危険です

(この記事は、Dropbox社に対してフェアじゃないものになっています。続きの「Dropbox Businessは馬鹿が使うと非常に危険なことを検証しました」も読んでください)

最近、非常に重大な事故を起こしてしまったので報告します。実際の被害は、最高が7だとすると3か4ぐらい、しかし潜在的な危険度からいうと7段階で7、ってくらい重大。Dropboxでファイルを大量に失なってしまったばかりか、個人情報流出の危険をおかしてしまいました。(実際には流出といえるものはありませんでしたが) 続きを読む

レポートの体裁を指示する

レポートはたくさん書いてほしいわけだけど、体裁がなってないと見るのもつらいので、最低限体裁はしっかりしてほしい。いろいろ指示書きを配ったり、「レポートの表紙」だけではうまくいかん。やはり見本だ。

ってんで見本つくってみました。これから修正していくつもり。

参考になるページは多いわけだし、なぜ自分で書く必要があるのかとは思うんだけど。


(2021年春追記)

その後、2020年に学部の基礎演習用のテキストとしてさらに別バージョンを書きました。

さらにいくら書いて配布しても学生様たちは言うことを聞いてくれないので、説教ビデオも作りました。

音楽オタクになろう!(欅坂46「エキセントリック」を題材に)

FDの一貫として、学部教員で1回生向けの「基礎ゼミ」向けのテキストを作っていて、まあ私はごく軽い気分で楽しんで作ってます。自分では最近関心をもってるポップ音楽つかいながらメディアリテレシー教育をする、っていうやつを目指して軽いものを書いてみました。内容よりは、1回生のクラスで適当に最初のスピーチの練習や、ディスカッションの練習もどきをやるための素材って感じ。 続きを読む