セックス経済論 (10) ちょっとだけコメント

しかし投げっぱなしだと誤解されそうなのでちょっとだけコメント。 バウマイスター & ヴォース先生たちの「セックス経済論」は、社会学でいう「社会的交換理論」の一バージョンですね。まあ経済学も含め、非常に一般的な理論… 続きを読む セックス経済論 (10) ちょっとだけコメント

セックス経済論 (6) 性暴力/男性不足

性暴力 セックス経済論だと、セックスは財である、って考えかたなので、レイプとか痴漢とかっていうのは強盗やスリに似た犯罪ってことになってしまい、これはおそらく被害者の被害感情とかにそぐわないので不快に思う人はいると思います… 続きを読む セックス経済論 (6) 性暴力/男性不足

セックス経済論 (5) 結婚と交際

売買春以外のお金とセックスのやりとり もちろん売買春以外にも男女のあいだでお金とセックスのやりとりは(偽装された形で)頻繁におこなわれている。そしてここは以前の「男らしさと支配」のシリーズであつかったところそのまんまです… 続きを読む セックス経済論 (5) 結婚と交際

セックス経済論 (4) 証拠とされるものを見てみよう、まず売買春

というわけで、バウマイスター&ヴォース(フォースかも)先生たちのセックス経済理論は、女はセックスという資源を売り男がそれを買う、ていうだけのごく単純な理論なんですが、こういう「理論」っていうののおもしろさっていう… 続きを読む セックス経済論 (4) 証拠とされるものを見てみよう、まず売買春

セックス経済論 (3) しかし値段は簡単には決まらない

モノやサービスの値段というのはどうやって決まるかというと、高校でも習う需要と供給のバランスによる。漠然とした話ではありますが、供給が少なく需要が多い(強い)と値段は上がるし、その逆だと値段が下がる。 女性はセックスを提供… 続きを読む セックス経済論 (3) しかし値段は簡単には決まらない

セックス経済論 (2) ごく当然のあらまし

ロイ・バウマイスターとキャスリーン・ヴォース先生のセックス経済説、前のエントリにも書いたように非常に単純な理論です。 女のセックスには価値がある(男にはない) 基本的な前提は、広い意味でのセックスは女性がもって価値ある資… 続きを読む セックス経済論 (2) ごく当然のあらまし

セックス経済論 (1)「男性による女性の支配」とは別の考え方はどうだろう

このブログ、ここ最近「文化のセクシャル化/セクシー化」の話と、「男らしさと支配」の話を平行してつぶやいてるのですが(もうブログもツイッタも同じようなもの)、「男性が女性を支配しているのだ」っていう信念は非常に一般的ですが… 続きを読む セックス経済論 (1)「男性による女性の支配」とは別の考え方はどうだろう

男らしさへの旅 (7)「支配のコスト」と集団の責任

「支配のコスト」補足 そういや、「支配のコスト」について書き忘れてたことがあるんですが「〜が悪い」「〜のせいだ」みたいな責任と非難の話ってものすごくむずかしいんですよね。 「男性による女性の支配」が仮に成立しているとしま… 続きを読む 男らしさへの旅 (7)「支配のコスト」と集団の責任

男らしさへの道 (6) 「吹きあがる男性を冷却」は気になるが、男は黙って話を聞くべきだ

(前からのつづき)というわけで、だいたい男性学がどういうのので、どういうふうであるべきと考えられているのかっていうのはそこそこ納得はしているのですが、気になるところもあるんですよね。次のは澁谷知美先生の文章(澁谷知美 (… 続きを読む 男らしさへの道 (6) 「吹きあがる男性を冷却」は気になるが、男は黙って話を聞くべきだ

男らしさへの旅 (5)「支配のコスト」

「支配」のコスト まあというわけで、私は実は「男性が女性を支配しているのだ!女性は支配されているのだ!」っていうのをかなり疑問に思っていて、とりあえずそれは、「現代社会においては職業や社会的地位において男性の方が有利な場… 続きを読む 男らしさへの旅 (5)「支配のコスト」

生活・メンヘル改善自助本のおすすめ

認知行動療法自助本で「二の矢」をかわす ツイッタを見ていたら、自己啓発本をディスったりするのが流行みたいですが、私は自己啓発とかハウツーとかセルフヘルプとかわりと好きなんすよね1。まあ人生いろいろうまくいかないことが多い… 続きを読む 生活・メンヘル改善自助本のおすすめ

性的モノ化とセクシー化 (10) セクシー化の社会的影響

書きわすれてましたが、ガールたちのセクシー化は男性や成人女性や社会全体にも影響します。たいへん危惧されるものであります。 男子や成人男性への影響 女子のセクシャリゼーションは男性にも影響あるわけですが、あげられてるのは「… 続きを読む 性的モノ化とセクシー化 (10) セクシー化の社会的影響

性的モノ化とセクシー化 (9) セクシー化/セクシャル化/自己モノ化への対抗手段

セクシャル化への対抗手段 というわけで、APA 女子のセクシー化タスクフォースの報告書ですが、とにかくメディアの女子のモノ化と、その影響による女子の自己モノ化には心理学的な悪影響がありそうだということになっている。実際に… 続きを読む 性的モノ化とセクシー化 (9) セクシー化/セクシャル化/自己モノ化への対抗手段

性的モノ化とセクシー化 (8) マクネーア先生の批判とAPA報告書をチェック

マクネーア先生の批判 Brian MaNair先生という政治学・メディア研究のひとがいて、この人猛烈なポルノ賛成派(プロポルノ)で、世界を平和にするために爆弾じゃなくてポルノ落とそうぜ、みたいなことを言うひとなんですが、… 続きを読む 性的モノ化とセクシー化 (8) マクネーア先生の批判とAPA報告書をチェック

男らしさへの旅 (4) 女性はもっとパワフルなはずだ

前のエントリうまく書けてないので、もう一回チャレンジ。 「支配」の原語は? もう一回、「男性支配」に戻って、多賀先生のやつ再度引用。 われわれの社会では、実体的利益をより多く得られる立場や権威ある地位の大部分を男性が占め… 続きを読む 男らしさへの旅 (4) 女性はもっとパワフルなはずだ

男らしさへの旅 (3) 「支配」と「優位」と「有利」

「支配」は単なる強制と服従ではない(はずなのだが) とにかく私は主流派フェミニズムや男性学での「支配」がわからない。なぜ「支配/服従」という形で社会や人間関係を考えようとするのだろうか。前にも書いたように、小手川〜澁谷〜… 続きを読む 男らしさへの旅 (3) 「支配」と「優位」と「有利」