月別アーカイブ: 2013年11月

プレゼン本3冊

大学の授業やゼミでスライドを使った「プレゼン 」させられることも多くなっていると思いますが、その参考書を3冊。

一般に、この手の「ハウツーもの」を読むときは1冊をじっくり読むより、3冊ぐらいさっと目を通して共通しているポイントを頭に入れるのが効果的です。

まずはこの『コクヨの1分間プレゼンテーション』読むとよいと思います。スライドを使ったやつだけじゃなく、会社の朝礼なんかでちょっと人前で話すコツみたいなのがわかります。

コクヨの1分間プレゼンテーション
コクヨの1分間プレゼンテーション

posted with amazlet at 13.11.23
下地 寛也
中経出版
売り上げランキング: 27,169

本格的な研究発表とかはこれかなあ。

この「サイエンス・アイ新書」はかなり優秀なシリーズなので、いろいろめくってみるとよいと思います。

論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意 (サイエンス・アイ新書)
平林 純
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 9,047

日本の雰囲気とは合わないところもあるのですが、派手で印象に残るやつをやりたい場合はTEDトークのも読んでおくとよいでしょう。これは強力。

TEDトーク 世界最高のプレゼン術
TEDトーク 世界最高のプレゼン術

posted with amazlet at 13.11.23
ジェレミー・ドノバン
新潮社
売り上げランキング: 284

Views: 75

外人の名前の覚え方

「社会思想」みたいな授業をやっていると、「外国人の名前がおぼえれません (><;) 」みたいなことを言われるわけですが、私も苦手ですね。最近だと、「パラケルスス」という人を「バラススケルス」?「パラスケルスス」?とかあやふうやになっていたことに気づきました。まあ近い恥かしい思いはいろいろやるものです。

覚えるコツというのはないのですが、まあ1回「パラケルスス」と声に出してみるのと(1回で十分です)、Paracelsusという綴りを1回見ておくんですな。その程度しかない。がんばってください。

Views: 40