進捗どうですか (14)

進捗だめです。しばらくつらくて死にそうでした。国際功利主義学会というところで発表しなければならなかったわけです。ずっと気になってたんですが手をつけられない状態になっていてぜんぜんだめ。プログラムやアブストラクトを見ると海 … 続きを読む 進捗どうですか (14)

キリスト教とセックス (3) ベンサム先生はイエス先生は同性愛もいけた、と推測している

イエスさん自身は、飲み食いしたりセックスしたりすることを非難したことはない、ってのはベンサム先生が言ってるようです。まあ実際飲んだり食ったり好きな人ですしね。売春とかしている人にも「やめろ」とか言った形跡もない。さらにベ … 続きを読む キリスト教とセックス (3) ベンサム先生はイエス先生は同性愛もいけた、と推測している

キリスト教とセックス (2) んじゃイエスさん本人はどうだったのか

んじゃイエスさん本人はセックスどうだったのか。 イエスには妻や子がいたんではないかとか、側近だったマグダラのマリアは売春婦だったみたいだから性的サービスも受けてたのではないか、とかいろいろ言われてますね。でも福音書にはほ … 続きを読む キリスト教とセックス (2) んじゃイエスさん本人はどうだったのか

不倫はなぜ不道徳か (1)

なんか一日「不倫はなんで悪いか」みたいな論文読んで終ってしまいました。 これは「セックスの哲学」の流れのなかではけっこう議論の蓄積がある問題で、Richard Wasserstrom先生の”Is Adulte … 続きを読む 不倫はなぜ不道徳か (1)

認知の歪みと研究者生活

うつ病とかになるひとには、独特の認知の歪みとかがあるっていう話を聞いたことがあります。有名なのはデビッド・バーンズ先生の歪みリストですね。いろんなページで紹介されてますけどたとえば http://d.hatena.ne. … 続きを読む 認知の歪みと研究者生活

キェルケゴールとわたし(修士課程編)

まあとにかく大学院進学。西谷先生は私の人生についてほんの数秒でさえ考えてなかっただろう。 ワープロ買った日から日記をつけはじめているのだが、フロッピーとかなくしてしまった。 大学院に入って奨学金もらえることがわかってPC … 続きを読む キェルケゴールとわたし(修士課程編)

キェルケゴールとわたし(学部生編)

なんちって。 功利主義とわたし 生命倫理学とわたし の姉妹編。 もちろん学部生のころはなにも考えてなかった。哲学についてもほとんどなにも知らない状態だったんじゃないのかなあ。 3回生になって文学部の授業受けられるようにな … 続きを読む キェルケゴールとわたし(学部生編)

ブックガイド:倫理学入門の読書順

サンデル先生がテレビで放映されたり児玉聡先生の『功利主義入門』が出たりして(英米系の)倫理学が人気なようです。入門書を読んでいくおすすめの順番を考えたり。 功利主義入門―はじめての倫理学 (ちくま新書) posted w … 続きを読む ブックガイド:倫理学入門の読書順

生命倫理学とわたし

なんちゃって。「功利主義とわたし」 の兄弟編。 前史 学部~Mのころはなにも考えてなかった。アルバイトだし。卒論はキェルケゴール。修論も。 でも小学生のころから医学とか生物とかそっち系の科学とは好きだったねえ。学研(?) … 続きを読む 生命倫理学とわたし

wikipediaはバカな教員より正確なこともあります

前日、うっかり下のようなことを書いてしまった。 Wikipedia (ja)の「自然主義的誤謬」の項。これもぜんぜんだめ。 っていうかなんでこんな奇妙な間違いかたをしたエントリになってしまうのか理解できない。 どうしたら … 続きを読む wikipediaはバカな教員より正確なこともあります