ホルンと私

高校に進学。中学部活でいっしょだった人間も多くて、なんの楽器を担当するか微妙になる。中学でチューバやりたいって言ってやつがトロンボーンやりたいと言いだし、私「トロンボーンは出番少なくてヒマでつまんないなあ、ホルンなら延々吹いているからおもしろいかなあ」とかホルンに。マーラーとかで活躍してるからいいかなあ、とか。

これは大失敗。もうなんというかこのホルンという楽器は難しいし、正直好きになれなかった。ホルンらしい音出ないし、右手に変な力はいって痛くなるし。

一回右手首に水がたまってしまって病院に行って注射針で抜いてもらったことがある。「右手よく使うことしてますか、テニスとか」とか「いや、吹奏楽です」みたいな。「んじゃあれだろう、若いからのう」とか思われたんじゃないかと思っていやな気分でしたね。ははは。そんなあれですわ。

とにかくあのホルンらしい音が出ないのよ。トロンボーンみたいなボーボーした音になっちゃう。高音出すのも苦しくて唇痛いし。いっしょうけんめい練習したんだけどねえ。いちおうすぐにいろいろ吹けるようになるんだけど、音が悪いのは致命的な感じがした。ロングトーンとかいっしょうけんめいひゃってもだめ。マウスピース2、3個変えてもだめ。悩む。1回学校の先生に紹介してもらってわざわざ山形市まで習いに行くけどだめ。

その一方で、音大(武蔵野音大とかそこら)に進んでいる先輩とかがいて、音大いいなあ、とか。楽器で入って指揮とか作曲とかに行けないかな、とか。行けません。

でもとりあえず高一の夏ぐらいからピアノ習いに行く。24才ぐらいの桐朋音大出の人でね。なんかレッスン中はドア開けらてたりして。襲われるとでも思ってたんだろうか。ショパンは好きだけどドビュッシーはぼやっとしていてわからん、みたいな人。

半年かけて2声のインヴェンション半分曲ぐらいやったかな。むずかしい。ちゃんと通して弾くことができない。聴音、ソルフェージュの練習もしてもらう。まあできないことはない、ぐらい。ピアノで単音なら音とれるが、和音を聞きとるのは苦手。

でもまあホルンもピアノも練習しているうちにたいへんなことに気づくんよね。私はリズム音痴である。ははは。どうもメトロノームにちゃんと合わせることができないんよ。これは気づいたときはショックだったなあ。メトロノームが狂ってるように感じるんよね。

高一の冬のときには、もうこれは音楽やるのは無理だな、みたいな。あきらめ。勉強の成績いいんだからそっちでいろいろやった方が早そうだ、みたいな。挫折。

部活ではやっぱり生意気だと思われてていろいろモメらかしてしまう。そういうつもりではないのですが。どうも女子が優勢な社会は苦手です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。