しょぼいレコードプレイヤーと私

この子はなんか音楽好きそうだということで安いプレーヤーみたいなものを買ってもらったと思う。それ以前はプレーヤーに小型スピーカーが内蔵されているようなものでソノシート聞くくらいだったんだけど、とりあえずLPがかけられてスピーカーが別になってるようなやつ。いまなら1万円ぐらいのやつ?

そのセットにはなんか「名曲集」みたいなレコード数枚がついていて、なんか聞いてたような記憶がある。でもおぼえてない。おもしろいとは思わなかった。

おもしろいと思った一番最初の記憶は、宇宙戦艦ヤマトっすよ。ガンダムは関係なかったけどヤマトは関係があった。主題歌とか劇伴を彼がオケに編曲したやつが発売されて、それ買ってもらってすりきれるほど聞いた気がする。まあオケったってほんとうのシンフォニーオーケストラじゃなくて、ストリング数人、管楽器は各々ブースとかそういうもんだけど。主題歌はそれなりだけど、ワウのかかったギターがかっこいい曲があったんだよな。あとスターシャのテーマ、みたいなのが好きだった。宮川泰先生は偉大だ。なむなむ。

ブラバンでトロンボーンやってるってことでトロンボーンのレコードを買いに行ったのもおぼえている。街で1軒のレコード屋の「トロンボーン」のコーナーで買ったのはJimmy Knepper。それはジャズですがね。それにしぶい。

A Swinging Introduction To Jimmy Knepper
High Fashion Jazz (2011-03-08)

まあこれ実は今聞いてもそこそこの名盤なんだけどね。ピアノはビルエヴァンスだし。小学生として聞いたときは、考えているトロンボーンとぜんぜん違うのでそのまま聞かなくなった。高い音でプウプウいってて、ヤマトのバーン、ボーン、ってやってるやつとぜんぜん違うし。トロンボーンてこんな高い音でるの? それにいったい何をやっているのかさっぱりわからない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。