ピアノと私

おそらく笛で苦労したりしたのを見て親はなにかを思ったのか、妹をヤマハ音楽教室なるものに通わせようとしたのかな? ちょっと記憶が定かではない。

うちにピアノが来た! 「ぼくも行ってみる」みたいにして教室見学した記憶がある。なんか聴音みたいなことをしていた。先生がソシレファーって弾いてみんな「属七!」とか答えるとかそんなの。興味はあったけど、ぜんぶ女の子でこれは私のいる場所ではない、と。でもうちにきたピアノはすばらしくセクシー。どうやって弾くんだろう?みたいな。

妹がなんかバイエルだかもっと簡単なのだかを弾いてて、私も見よう見まねで弾いてみたり。楽譜はとりあえず読めるようになってたんだと思う。

んで、ほどなくそこの先生が(今思えばモグリで)近所の女の子の家でピアノ教室をする、ってんで妹が音楽教室やめて習いにいく。あれおそらくモグリだよなあ。

まあそういうことをする先生だからもちろんよい先生ではない。バイエルだったかなんだかわすれたけど、弾けなくて困っていると「おなじとこやってたら日が暮れるわよ」みたいなこと言われてやめてしまう。まあしょうがないねえ。田舎だから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。