へんな写真はとらせてはいかん

デジタル時代の情報はもう消えることはない

  • デジタル時代とかインターネット時代とかっていう時代になったずいぶん経ちます。
  • 情報がデジタル化され、ネットによって情報が共有されるようになると、もう情報は死ぬことがありません。
  • コピーにコピーが重ねられ、検索されます。
  • ハードディスクやCD-RやDVDなどのメディアの容量はどんどん大きくなり、もうデータを消す必要を感じることはありません。
  • つまり、ある(なんらかの価値がある)データがいったん作られてしまうと、もうそのデータを抹消することはできない時代なのです。
  • あなたがこれまでデジカメや携帯でとった写真も、あなたのPCのハードディスクのどこかにあるのではないですか? もう忘れているファイルもあるでしょう。
  • たとえばデジカメのデータがいったんインターネットに流されてしまえば、そのデータはすぐに何倍にもコピーされ伝達されます。
  • 友達と写真を交換するための各種サイトの「アルバム」や、
    ただ一時的に使うつもりだった掲示板など、
    ファイルのバックアップをとるためのサイト、
    どんなところでも、そこに送られたデータは収集され管理されます。もう消えることはありません。

わたしたちは情報がどう流れているのかぜんぜん知らない

  • ところで現在では、わたしたちのほとんどは、自分のコンピュータや携帯電話がどういう原理で動作しているのかもうわかりません。
  • あなたのPCや携帯が、どういう情報を外部に送っているかは見ることもできなければ、意識することもありません。
  • もしかしたらあなたが持っている情報は、あなたの携帯の外に流れているかもしれないのです。

たとえば

  • たとえば、数年前にある大学のメールアドレスから掲示板に「出会い系サイト」についての体験を投稿した人がいたようです。
  • その掲示板のデータは検索エンジンに収集され、いまだに掲載されています。データは死なないのです。
  • 最近では、携帯などによる写真データの交換が盛んのようで、多くのマニアや一般人がデータを交換しています。
  • 最近では、Winnyという人気ソフトに蔓延しているウィルスなどによって知らずに情報が外に漏れてしまうことも多いようです。
  • あなたもそのリストに載ってしまうかもしれません。

だから

  • だから、もしあなたが人に見られたくない写真をとったりとられたりしたら、そのデータは遠からず皆のものになってしまう危険があります。
  • もちろん、なかのよい友達や彼氏は、あなたの写真をばらまいたりはしないでしょう。
  • しかし、事故や無知からそういう情報をばらまいてしまうことになる場合があります。
  • また、仲のよい彼氏や友達とは、将来仲違いしてしまうかもしれません。
  • というか、よく考えてください。「彼氏」のほとんどは、いずれお別れすることになるのです。
  • 気をつけて。

追記

  • 最近、「セルフポルノ」という実践が行なわれていることを知りました。どうも携帯写メの普及によってなんかいろんなことが起こってるみたい。
  • やめといた方がいいです。

さらに追記

  • 2008年2月に、香港アイドルの昔のエッチな写真がネットに流出したみたいね。
    そういうのはあちこちで起こってます。危険なんよ。

さらに追記

この文章を書いたのは2006年ぐらいだったと思うのですが、それからずいぶん経って「リベンジポルノ」とかが問題になり、法律が制定されたりしました。でも法律があろうがなかろうがいやな思いをする人々は後をたたないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。