健康第一

大学教員に一番必要なのはまちがいなく健康です。健康ではじまり健康で終る。

体調悪いと頭まわらないし、気分も落ちるし、生きてること自体が苦しいし。なにがなんでも健康を維持しましょう。まあ正直、授業の調子が悪いとき、準備がうまく進まないとき、っていうのはほとんど体調悪いときですわ。特にストレスたまってくるとそれをお酒でごまかしたりして次の日がさらに厳しくなったり。だいたい大学教壇に立ちはじめるのは30才ぐらいだと思うですが、それくらいの年齢だと生活パターンが乱れてたり、深酒したり、論文とかで徹夜とかしてもなんとかなるんですが、そういうは長くは続かないんですよね。教壇に立って話するっていうのもけっこう体力が必要で、私2コマぐらい授業するとヘトヘトですね。足が棒のようになる感じ。こういうのはほっとくとどんどん疲れがたまる。疲労回復にいいのはもちろんとにかく寝ることです。7時間、できれば8時間の睡眠は確保したい1)私はロングスリーパーなのでもっと寝たい。9時間だ!。我々は頭使う商売なんだから寝不足は一番の敵。授業準備で夜遅くなった、なんてよりもう準備は適当にして早く寝た方が授業はずっとよくなります。

でもいずれ睡眠だけでは回復しないようになる。エクササイズが必要です。いろいろ試しましたが、疲労回復に一番いいのはプールですね。これはエクササイズの王様。バタ足とか5〜10分もすれば足の疲れは一気になくなるし、肩凝りなんかもしなくなる。非常によいものです。

ジムとかそういうのはお金がかかるのでお金のない時期は通いにくいですが、意外に高いものではなくたいてい8000円ぐらい、安いところでは(いろいろ制約あることもあるけど)6000円ぐらいなのでモトはとれると思います。

水泳、泳げない人はお金出して習う価値がある。私は三十代に「踏水会」という京都の名門スイミングスクールに通う機会があり、ほとんど泳げない状態から泳げるようにしてもらいました。ああいうところは大人向けのは無理させなくていいですよね。「そのうち泳げるようになります」みたいな。まわりの人もまあよぼよぼのオバアサンとかそういう人々のなので、これまで体力とかスポーツとか自信なかった人も、体型に自信ない人もぜんぜん平気です。

あとジムやスクール系統がいいのは、ストレッチの正しい方法を教えてもらえることですね。踏水会では1時間の水泳教室の前に30分みっちりストレッチするんですが、これがよかった。というか「むしろこっちの方が価値があるなあ」みたいな感じがしました。家でストレッチとかするっていっても、5分や10分ぐらいで手早くすませようとしちゃうじゃないですか。でもそれじゃだめなんよね。ちゃんと「いーち、にー、さーん、息吐いてー、ごー」とかやってもらうと伸びる感じがする。私肩は大丈夫なんですが背中おかしくなることがあるんですが、ちゃんとストレッチすれば大丈夫。しばらく習うと家でもまあだいたいその手順でできるようになる。何事も先達は重要。

あとスクール系統がおもしろいのは、我々はいつも「教える側」なんだけど「教わる側」になってみるといろいろ発見があるわけですわ。「この先生は教えかたうまい」とか「なんかなあ」みたいなのはいつも意識するようになる。体育会系の文化っていうのも我々はあんまり知らないのでそういうのを見るのも勉強になる。

お金払いたくない場合はウォーキングかジョギングみたいなのになるでしょうね。私自身は水泳は退屈なんですが、ジョギングなら音楽とか落語とか聞きながらできて好きなのはそっち。私の感じでは歩くだけではちょっと疲労回復とかには足りないと思う。体温と心拍がちょっと上がるようじゃないと足の疲れは抜けない感じ。ただし、走るのは非常にケガが多いのでかなり用心が必要だと思います。ちゃんとストレッチしてから走るとか、スニーカーは高いちゃんとしたの買うとか。

適切なコース見つけるのも難しい。車とか近くを通ると危いし、事故にまきこまれることはなくてもいろいろ気をつかってうざい。信号とかも面倒なもので、そういうのがあると走るのが楽しくなくなる。私は鴨川べりを走ってます。あとRunKeeperっていうiPhoneアプリで記録していてモチベーションにもなってます。

おすすめは上のような泳ぐ、歩く、走るっていう有酸素呼吸運動系統なんですが、筋トレの方が楽しいという人たちもいるし、体型を気にするなら筋トレが絶対必要。たしかに筋トレ系統の方が「すかっ」っとする感じを味わえるかもしれない。でも私苦手なんでパス。いちおうジムでは時々マシン使ったりしているけど、いつまでたっても苦手な感じはぬけない。

まあこういうエクササイズ系統については、雑誌の『ターザン』みたいなのを見て勉強する価値は十分にあると思います。エクササイズすると体調がよくなるし、なにより気分がよくなる。

最近有酸素運動で見つけたおもしろいのがZumbaですね。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BA%E3%83%B3%E3%83%90
基本的にダンスエアロビなんだけど、音楽が多彩でおもしろい。ジムでもクラスに参加してみてます。

まあyoutubeでzumbaで検索して、適当なのに合わせて体を動かすだけでちょっとした気分転換になるし、3〜4本、20分程度踊るだけで十分疲労回復できると思うです。おすすめ。ビデオ高いけど買う価値がある。

まあとにかく、教員として、そして研究者(なりたいな)としてがんばるためにエクササイズなんかしているヒマはない、みたいに考えちゃって息がつまってしまうんですが、なにがなんでも1日1時間ぐらいの「運動の時間」を確保したいです。私は他のすべてを投げすてててもならんかのエクササイズすることにしました。それが今年度学んだ一番大事なことだったかな。

 

 

 

 


References   [ + ]

1. 私はロングスリーパーなのでもっと寝たい。9時間だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。