エッチな絵からギリシア神話を学ぼう

「教養科目」みたいなの担当していて、まあ低学年の学生様に教養っぽいことをしゃべらなきゃなりません。来週は古代ギリシアとか、その神話とかをやる予定。ちゃんと正確に知らんことをしゃべっていいのか、みたいなことも悩みますが、まあ教養っていうのはそういうものでもあるような気がするからそれでいいのか。
ガイジンの名前っておぼえにくいので、哲学者とかは肖像画とか写真とか見せてるわけですが、神様たちの写真ってのはなくてこまりますね。しょうがないから想像した絵画で代用しようかな、とか。でもこういうの見せたらセクハラで逮捕されて失職してしまうな、とか考えたり。
 西洋では20世紀まで裸の女性とか描いちゃだめ、ってことになってたので、どうしても裸描きたい画家たちはギリシア神話とか使って描くわけですね。同時代の生身の女性はわいせつでだめだけど、まあ神話ってことならしょうがない、とかってことになってたみたい。意味不明ですが、まあそういう言い訳が必要な時代もあった。そういう抑圧とかもあって、神話使った絵画はエロくてよいものです。

アプロディテ/ヴィーナス

古代ローマ人ってのは戦争が強くて帝国なんか作っちゃったりしますが、あんまり文化的じゃないんで、お隣のギリシア世界の文化や学問を輸入して自分たちのものだ、って言いはったりしてたようです。美の女神アプロディテさんはウェヌスさん、とかって名前つけられちゃったりする。それの英語読みがヴィーナスさんですわね。
この神様は美と愛欲と快楽の神様。お父さんのウラノスさんが、事情でチンチン切り落とされてそれが海に落ちてでてきた泡から生まれたということになってます。火と鍛冶の神様ヘパイストスさんの妻だけど、イケメン勇者と浮気したりもします。その子供がエロスだという説もある。もうエッチといえばアプロディテ/ヴィーナスの営みですわ。
ブグロー先生のこの有名な絵はすばらしいっすね。多くの人は、女子に生まれたら一回このポーズとってみたいと思ってるんではないでしょうか。
好きなの探してくさい。

ダナエさん。

最強の神様ゼウスさんは女ぐせがものすご悪い。いろんな女性と関係をもちます。う、うらやましくなんてないんだからねっ!
たとえばこのダナエさんは、ゼウスさんに手をつけられて妊娠して勇者ペルセウス君を生みます。どうもこのとき、ゼウスさんは黄金の雨となってダナエさんを襲ったとか。意味わかりませんね。なんか後代になると、黄金の雨じゃなくて金貨になって降り注いだとか。こっちは少しわかるような気がする。
ここらへんで好きなの探してくさい。私クリムト先生のが好き。
ゼウス先生は鬼畜なので他にもいろいろ悪いことしてます。「ゼウスとレダ」「ゼウスとエウロペ」とかで検索してみてください。

パリスの審判

ゼウスの妻ヘラ(ユーノー)、知恵と戦争の女神アテナ(ミネルウァ)、美の神アプロディテ(ウェヌス)の三大女神様が競演している絵がたくあんあります。神様たちの結婚式に、みんな呼ばれたのに不和の神様のエリスさんだけ呼ばれなくて(いやな人だったんしょね)、それを怒った(怒りますわね)エリスさんが宴会に乱入して「この黄金のリンゴを、いちばーん美人の女神様にあげますわ」とかって宣言する。ギリシアの神様は見栄も張るし、悪いこともすればケンカもする非常に人間っぽい人々です。人間からの貢ぎ物がないとお腹空いちゃうような人々でけっこう経営たいへんそう。
美人コンテストに立候補したのが美人自慢のヘラとアテナとアプロディテさんで大喧嘩になり、困ったゼウスさんが「ほんとは王子だけどいま羊飼いやってるパリスってやつに決めさようじゃないか」みたいな馬鹿な提案をする。一番偉いんだから自分で決めりゃいいのに。っていうか「うちの嫁のヘラが一番だ嫁が最高」ぐらい言ってあげたらいいのにね。
んで、女神さまたちはワイロを使う(!)。悪いやつらだ。美人コンテストというのはそういうものなのですな。ヘラさんは「私を一番にしたら王様にしてあげます」、アテナさんは「戦争したら勝たせてあげます」、アプロディテさんは「世界一の美人と結婚させてあげます」とか言うわけです。アプロディテさんはエッチなことが得意なんだから自分であれしたらいいのにねえ。権力か名誉か女か、ってんでパリスさんは女を選ぶ。んでその絶世の美女っていうのは峡谷スパルタの王様の奥さんのヘレネーさんで、パリスさんはうまいこと人妻と恋仲になりますが命の危険があるから自分の国に女連れて逃げる、怒ったスパルタ王様は「あいつら殺す」ってな感じで大戦争になってそれがトロイア戦争でしたとさ。
教訓としては、競争心と美人とエロと嫉妬はものすごく危険で、へたすると命を落しますよ、ぐらいですか。
この美人3人並べるっていうのは、シュープリームスとかTLCとかデスティニーズチャイルドとかキャンディーズとかまで繋ってるのかもしれなくて、なんか落ち着きがいいですね。
まあこういうの、絵に描かれている話を知るとものすごくおもしろいですわね。授業では見せられませんが、いろいろ勉強してみてください。

 おすすめ本・音楽

古代ギリシア世界や、ギリシア神話とかについては、藤村シシン先生の『古代ギリシアのリアル』とてもおもしろいので読みましょう。
古代ギリシャのリアル

古代ギリシャのリアル

posted with amazlet at 16.09.19
藤村 シシン
実業之日本社
売り上げランキング: 7,015
絵画のエロティックな魅力を知りたい人におすすめなのは、(私読んだ少ない本のなかではありますが)平松洋先生の3冊ですわ。これはすばらしい。(まあ女といえばエロとかってのは許せん、とかいろいろ批判もあるみたいなんですが)買いましょう。
名画 絶世の美女ヌード

名画 絶世の美女ヌード

posted with amazlet at 16.09.19
平松 洋
新人物往来社
売り上げランキング: 375,935
名画 絶世の美女

名画 絶世の美女

posted with amazlet at 16.09.19
平松 洋
新人物往来社
売り上げランキング: 526,805
名画 絶世の美女 魔性

名画 絶世の美女 魔性

posted with amazlet at 16.09.19
平松 洋
新人物往来社
売り上げランキング: 457,252

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。