久しぶりに小松美彦先生

粘着しはじめてはや1年になろうとしている。まだ心の目は得られないまま。 ・・・ある二人の患者の紛う方なき現実を見ておきたい。一人は医師から全臓器提供を勧められる程の状態から社会復帰を遂げた日本人女性であり、(略)前者の女 … 続きを読む 久しぶりに小松美彦先生

まだまだ小松美彦先生の『脳死・臓器移植の本当の話』(4)

  ISBN:4569626157 Alan Shewmon先生のもとの論文とかNeurologyに掲載された批判とか入手してみた。シューモン先生の論文は、新聞記事とかまでメタ分析のソースにしていてあやうい。 … 続きを読む まだまだ小松美彦先生の『脳死・臓器移植の本当の話』(4)

小松美彦先生の『脳死・臓器移植の本当の話』(3)

ISBN:4569626157 あとシンガーの議論やろうかと思ってたけど、根気がつづかん。一箇所だけ。 脳の機能が不可逆に停止した人間に関して倫理的に関連のある最も重要な特徴は、その人間が人間という種の一員であるというこ … 続きを読む 小松美彦先生の『脳死・臓器移植の本当の話』(3)

小松美彦先生の『脳死・臓器移植の本当の話』(2)

  続き。 いわゆる「パーソン論」 前からいわゆる「パーソン論」の解釈は非常に気になっているのだが、よい入門・解説書がないんだよな(あとで調査する)。 とりあえず小松美彦先生の文章を読みながら落ちいりやすい読み … 続きを読む 小松美彦先生の『脳死・臓器移植の本当の話』(2)

小松美彦先生の『脳死・臓器移植の本当の話』(1)

ISBN:4569626157 前回書いた『情況』の大庭健先生は、次のようにおっしゃっている。 だからすでに生命倫理学の土俵に乗ってしまっている人は、せめて(小松美彦先生の)『脳死・臓器移植の本当の話』(PHP新書)程度 … 続きを読む 小松美彦先生の『脳死・臓器移植の本当の話』(1)