Google FormsとSpreadsheetのimportrange関数で学生様の講義感想を集める

とかで書いたことの続きなんですが、今年も大人数講義は「オンデマンド」にしろってんでYouTubeで生配信してそれを録画する、っていうやつやってます。

オンデマンドとやらなので出席確認しないとならんし、どういうふうに講義を聞いているかの感想がほしいので、視聴したあとに書いてもらう学生証番号や名前を入れた「授業後フィードバック」と、完全に匿名の「なんでもつっこみ・質問」のGoogle Formsを動かしてます。

こういうフィードバックや質問は私だけが見るよりは、学生様も他の受講者がどういうことを考えたり書いたりしているか知りたいだろうから受講生に公開してます。FormsとGoogle Spreadsheetとリンクさせてアドレス共有するだけなので簡単ですね。

ただ、匿名の方はそのまま公開しちゃって適当に返事書いときゃいいんですが、名前まで入っている「フィードバック」の方は読まれるのがいやだという人がいるみたいなので匿名化したい。まあ学生証番号と名前を消しときゃいいのですが、これ手で別のスプレッドシートにコピペしないとならんので面倒だと思ってました。オンデマンドとやらなので全員が揃う時点っていうのはほとんどないので、何回も同じコピペをくりかえすことになる。同じ作業をくりかえすというのは時間の無駄。

んで最近やっと解決法を見つけたんですが、ごく簡単でした。Google Spreadsheetには他のスプレッドシートの一部をコピーして表示する関数があるんですね。

その名はimportrange()。

左上のセルに

=importrange("スプレッドシートのURL","フォームの回答 1!G1:J200")

みたいに書いておくと、URLのスプレッドシートの「フォームの回答 1」というシートのG1:J200の範囲をコピーしてくれます。便利。匿名フォームとリンクしたスプレッドシートに新しいシートを作って、こういうの貼っておくだけ。質問なんかに対するお返事は横に書きこんでおけばいい。

前に書いた「出席表」もこのimportrange関数とvlookup関数で簡単に作れるなあ。

→ importrange関数については適当に検索して勉強してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。