就職活動中盤戦

4回生の就職活動は中盤の勝負どころという感じで、多くの人はさすがに「大手病」に懲りた頃ではないかと思います。ここらへんでどうするかってので将来が大きく左右されちゃうようです。 6月は中堅企業ががんばって採用を進める勝負所なので、ここで一踏ん張りしたいところです。中堅どころは4月から5月で大手の採用枠がだいたい埋まるのを待っていたわけね。(4月に内定出しても大手に横取りされちゃうから中堅にはあんまり […]

就職面接について

江口は就職面接は数えるほどしか受けたことがないので面接について言えることは多くないですが、メモだけ。 こころがまえ 自分を知ること、が一番だいじ。 あなたの売りはどこにあるのか、弱点はどこにあるのか。 自分は他人にどう見えるのか、どう見せたいのか、よく考えよう。 会社のオジサンオバサンはたくさんのひとを見ているので、演技やそういうのではごまかせません。「素」でだいじょうぶ。 とにかくビデオで素の自 […]

大事な会話のときはマスクはずしておいた方がよい

どういうわけか、最近の女子はマスクするのが好きなようですが、私は気になりますね。 Googleで「マスク 失礼」とかで検索してみると下のような感じ。いろいろ意見はあるけど気にする人はけっこういるようですね。 表情ってのはすごい大事なので、特に問題がなければ人とお話するときはマスクははずしておくべきだと思います。もちろんよく知ってる友達どうしとか、あるいは会話がほんのちょっとですむ仕事とかなら別です […]

エントリーシート(2) 長所と短所

エントリーシートはねえ、やっぱり正直なのがよいと思うですよ。本気で信じてないのは読むひとが読めばわかっちゃう。まあどんな文章でもそうなんだけどね。 どういう課題にせよ、自分の「売り」を表に出すように。 「売り」はどうやって見つけるか?とりあえず大学ノートの左側に自分の短所をリストアップしてみる。いわゆる心理的性格だけに限定しない方がよい。短所はリストアップしやすい。 私の場合 攻撃的 怠惰 平凡・ […]

うまそうなアルバイトには注意

  新聞の折込広告にこんなのがはいってました。 仕入れアシスタント募集! 海外旅行で稼いじゃおう! 日本全国・アジア、ヨーロッパ、北米等でのブランド品・雑貨・アクセサリー、アンティーク等の仕入れアシスタントおよびマーケティンング 日給1万円 + 各種手当 ・ベテランスタッフが同行しますので、経験のない方でも安心してすぐお仕事ができます ・ラフなお仕事ですのでお気軽にご応募ください。友達同 […]

就活の日程とゼミなどの授業がぶつかったら?

 ブッチは絶対だめ 近年就活(セミナーや面接)がどんどん早まって、授業とバッティングしてしまうことが多くなっていると思います。学生さんもたいへんですね。 教員としては「就活なんかするな」なんてとても言えるわけがない状況なのである程度授業を休んで就活するのも黙認、となってしまうわけですが、大人数の講義ならともかく、少人数の授業、特にゼミでの発表をキャンセルするなんてのは言語道断です。いきなりメールで […]

大学での学習・研究の基礎体力をつけよう

(もうすぐ出る某新入生向けテキストの1章。字数の問題でコンピューター・ネット関係削られてしまいました。) 大学は、人類が築きあげてきた学問の成果を学ぶとともに、社会や生活を改善するための知的な活動の方法を学ぶ場所です。ここではまず大学での学習のための心がまえと各種の基本的な知識について確認します。 大学生活の目的と心がまえ 皆さんは、企業に就職する、大学院に進学し学問的真理を追求する、社会に貢献す […]

自分の気づいてない長所を見つける/長所を伸ばす

最近ポジティブ心理学ってのが流行っていて私もいろいろ注目しております。最近も(訳し直しだけど)新しい本が出ましたね。 ポジティブ心理学入門: 「よい生き方」を科学的に考える方法 posted with amazlet at 17.05.05 クリストファーピーターソン 春秋社 売り上げランキング: 281,685 Amazon.co.jpで詳細を見る このクリストファー・ピーターソン先生のはアカデ […]

自分の長所を見つけよう

就活とかで、面接で「あなたの長所はなんですか」とか馬鹿げたことをたずねられて困っちゃうわけですが、まあ自分の長所はなんであるか、ってのは一回考えておく価値のあることかもしれないですね。「ここが私のいいところだ」って思うことは、自己評価とかとかかわっていて、「自分はなんにも長所がない」とか思ってるとこう生きてるのがいやになるし。でもまあ誰だって長所はあるわけで、それに気づいてないだけだわね。(そうい […]

ハウツー本の読み方

(2007年にも同じこと書いてます。http://d.hatena.ne.jp/eguchi_satoshi/20071213 ) 学生様にはレポート書く前に「ハウツー本ぐらい読め」としつこく言ってるわけですが*1、私自身もハウツー関係はよく読みます。「大学教育の方法」とか「庭木の手入れ」とか「宅録の方法」とかそんなんとかね。この前は「ナンパの方法」みたいな本を3、4冊読みました。まあこれはナンパ […]

固有名詞はぼやかすな

もうひとつ、上でも書いた「固有名詞を出せ」って話。 ゼミで自己紹介のスピーチなどしてもらうと、「バイトはカフェでやってます」「ロックが好きです」みたいに話す学生さんがいるわけですが、これはあんまりよくないんじゃないかと思います。なにがよくないかというと、固有名詞が出てこないところ。 ここははっきり、「カフェのベローチェでバイトしてます」「サンボマスターとかの暑苦しいロックが好きです」と固有名詞を出 […]

通俗心理学はおもしろいので面接用に読んでみる

心理学の本はおもしろいので、いろいろ読んでみるのはよいのではないでしょうか。ただしあくまで「通俗」であることを忘れずに。一般に国内のものよりイギリスの著者のものの方が調査が行き届いていておもしろい場合が多いです。 就職の面接などでは、喋る内容より雰囲気というかそういうものの方が重要なので、言葉以外のコミュニケーションに気をつかってください。非言語コミュニケーションってやつ。通俗的な本が山ほどあるの […]

社長さんが本を出しているベンチャー企業について

  いいですか、社長や関係者が本を出している会社の場合、 最終面接までにその本を読んでおくのは必須です。 しかし、「本を出しているからちゃんとした社長さん」と 思ってはいけません。特にベンチャー企業の場合。 大学の授業でも何度も注意しているように*1、 「出版されているから」「ネットで有名_らしい_から」というのは ぜんぜん信用の基準になりません。 「しっかりした出版社から出ているから」 […]

エントリシートだけで落とされたら

大学のランクにもよりますが、 エントリシートだけで落とされるのはかなりピンチです。 中堅以上の大学で超一流以外の会社*1にエントリシートだけで落とされるっては、 書き方にかなり問題があります。 日本語が書けない 様式がまちがってる 課題をちゃんと理解してない なんか大きな勘違いしてる とかって理由でしかエントリシートだけで落とされることはないはずです。 すぐに対策しないと、たてつづけに落とされるこ […]

「練習のために面接に」はアリか?

「とりあえずエントリーシート出してみる」「とりあえず練習のために面接に」とかってフレーズを時々耳にすることがあって、どうもこれは前から気になっていました。自分でもなんで気になるのかよくわからなかったのですが、学生さんと話をしているうちにだんだんはっきりしてきました。 まあなにごとも練習したいと思うのは当然なのでしょうが、そんときに実物を使って「練習」するってのはありなのかどうか。なにごとも本気でや […]

人事担当の人から「個人的に」誘われたらどうするか

食事とかね。考え中。これはふつうは完全にアウトね。まともな会社では、そういうのは担当者に対して明示的に禁止しているはず。会社にそれを報告すれば、まともな会社ならその人事担当の人はいろいろ問題にされるはずです。(そうでない会社もかなりあると思いますけどね)最悪でも、いくらでもいいから必ずお金は払っておくこと。もしなんか不快な思いをしたら、泣き寝入りせず、会社に訴え出ること(場合によっては警察の方がよ […]

エントリシート書く前に企業理念ぐらい確認しろ

どういう会社も「企業理念」とかそういうのをウェブとかに載せてます。 まあだいたい「革新」だの「信頼」だの「チャレンジ」だのそういうキレイゴトなわけですが、 まあとにかくどういうのを重視しているかはチェックしろや。同業の他の会社と比べてみると、微妙な違いに気づくだろうから、その違いがポイント*1。人事やってる人間もいちおうそういうのを説明会なりなんなりで押しださないとならんわけね。そういうのちゃんと […]

就職活動は向う側からも考えよう

お説教再開。 以前から「就職活動するときはまずマニュアル本を確認しろ」とかって小言はくりかえしているわけですが、今日はもうひとつ、企業の人間はなにを考えているのかも研究しろと。 わたしは企業で働いたことがないので内部はどうなっているのかはぜんぜん知らないわけですが、就職活動の一番最初の段階で学生が会うのは20代から30代前半の社員が多いのではないかと思います。そういう人々はいったい何を考えているの […]

エントリーシート

  今日説教したことと説教しそこねたことのメモ。 エントリーシートはねえ、やっぱり正直なのがよいと思うですよ。本気で信じてないのは読むひとが読めばわかっちゃう。まあどんな文章でもそうなんだけどね。 どういう課題にせよ、自分の「売り」を表に出すように。 「売り」はどうやって見つけるか?とりあえず大学ノートの左側に自分の短所をリストアップしてみる。いわゆる心理的性格だけに限定しない方がよい。 […]