男性も女性の不快さを理解していないだろう

前のエントリのピンカー先生の「求めてもいない突然のセックスを見知らぬ他人とすることになるのは魅力的どころか不快なことであるという心理を、想像することができない男性の視野の狭さ」(ピンカー 下巻p.58)っていうのは重要で […]

性表現と表現規制(8) ポルノ批判と会田先生の答え

まあ米国での規制の法制度づくりは失敗したわけですが、その後もポルノは性差別だというマッキノンとドウォーキンのラインの議論はけっこう魅力を感じる人もいるようです。 表現そのものが性差別だとかってのに疑問を感じる人がいると思 […]

性表現と表現規制(7) エロチカとポルノ

キャサリン・マッキノンとアンドレア・ドウォーキンのラインの考え方では、性表現はよい性表現と悪い性表現がある、と。それを分けましょう。たんに友好的で平等で自発的で楽しいセックスを描いた「エロチカ」と、女性をものみたいに扱っ […]

杉田聡先生の考えるあるべきセックスの姿

国内で売買春やポルノグラフィを猛烈に批判している人の一人に、杉田聡先生がいます。 杉田先生によれば、本来セックスは双方が「自発的な意思」によって「自主的に興奮」し、双方が「性的快楽」を味わうことができなければならない。売 […]

ストロッセン『ポルノグラフィ防衛論』

やっと出た。翻訳ごくろうさん。3400円におさめたのも偉い。これから読もう。 重要な本なので一応宣伝しておこう。 オビに「松沢呉一発掘」とか。うーん、そうか。 ポット出版からこのタイトルだと、なんだかアレな本ではないかと […]

中里見博先生のポルノグラフィ論 (4)

ポルノグラフィと性暴力―新たな法規制を求めて (福島大学叢書新シリーズ) 作者: 中里見博 出版社/メーカー: 明石書店 発売日: 2007/04 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 27回 この商品を含むブロ […]

中里見博先生のポルノグラフィ論 (3)

と の続き ポルノグラフィと性暴力―新たな法規制を求めて (福島大学叢書新シリーズ) 作者: 中里見博 出版社/メーカー: 明石書店 発売日: 2007/04 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 27回 この商 […]

中里見博先生のポルノグラフィ論 (1)

中里見博「ポルノグラフィと法規制:ポルノの性暴力にジェンダー法学はいかに対抗すべきか」、『ジェンダー法・政策研究センター研究年報』第2号、2004 と「ポルノ被害と法規制:ポルノグラフィーをめぐる視座転換をめざして」、『 […]