ゼミはもうなんでも学生様に記録してもらう

ゼミの書記係を決めてブログ書いてもらう、ていう話を前に書きましたが、さらに一歩踏み込んで、卒論相談その他個別に話をしたこともブログにメモしてもらうことにしました。まあそんないろいろ書けるわけじゃないけど、何回ぐらい相談したか私自身が忘れちゃうから、あっちに記録してもらうという。 前はevernoteその他のメモアプリにほんとに簡単なメモだけ残してたんですが、私メモ自体なくしちゃったり、つけるのわす […]

自主ゼミ/読書会/ブッククラブの方法は有元先生に学ぼう

前に「自主ゼミを開こう」みたいなエントリは書いてたのですが、その具体的な手順を書いていなかったことは反省しています。どういうことをかけばいいのかわからなかった。このたび、『ブッククラブで楽しむ学ぶクリティカル・リーディング入門』(ナカニシヤ出版、2010)を発見したので、それを紹介します。買ってください。 読書会/ブッククラブの手順 「教員ぬきの大学ゼミ」でよいのだが、もっと気楽なブッククラブもよ […]

質問の仕方 (2)

授業や説明会などのあとでは、必ず「質問ないですか」と聞かれます。これは、本気で質問を求めているというよりは、まだいろいろ話したいけど時間がないから、みんながどこらへんに関心があるかを知りないってことなのです。だから本気で「質問しよう」「質問を考えねば」「よい質問を」と考えるのではなく、「ここらへんもうちょっと詳しく話してください」みたいなのでいいのです。 面接その他の少人数の場合は特に、「質問する […]

司会する

ゼミ、研究会、会議などの司会は非常に重要な役目であり、名誉な仕事でもあります。適切な司会ができるように訓練しましょう。 司会とは 少人数の集りでは喋りたい人が適当に喋ればよいわけですが、ある程度の人数を超えると(10人以上か)を超えると司会が必要になります。司会者の役割とは、 その会議や会合を順調に、実りあるものにすることです。 司会者の任務 タイムキーパー。一番重要な仕事。なにがなんでも指定され […]

クラスに参加するとは

高校までの授業と違い、大学では自分で積極的に授業に参加することが求められます。「求められる」というのは、「道徳的にそうした方がよい」とか「そうしないのはダメな大学生だ」とかという意味ではなく、「あなたの利益のためには授業に積極的に参加しなくてはならない」、「そうしなければ損をする、大学に来る意味がない」、という意味です。 基本的な心構え 大学教員の実態 だいたい、大学の教師というのは教師としての教 […]

レジュメの書き方

レジュメとは もとはフランス語。(1) 要約、 レジュメ。(2) 概略、 概論書。 ハンドアウト handout とも呼ばれる。 プレゼン・発表の道具。 レジュメの目的 自分や他人の研究などの口頭発表。 話すためのメモ。 口頭で発表したり議論したりするための叩き台。 論文形式より分かりやすいことがある。 聴衆のメモ紙、退屈なときの落書き用紙。 箇条書き型と論文型の比較 研究発表などはちゃんとした文 […]

自主ゼミを開こう

  他のページでも書いてますが、大学ってのは授業に期待してもあんまりたいしたことありません。「せっかく勉強するつもりで大学に入ったのに・・」と思っているひとも少なくないでしょう。 大学ってのは基本的に研究機関であって 1)私は実は違うんじゃないかと思いますが、教員の大半はそう思っています。  、大学の先生というのは自分の業績をあげて偉くなろうとか威張れるようになろうとかそういうことを第一 […]

就活の日程とゼミなどの授業がぶつかったら?

 ブッチは絶対だめ 近年就活(セミナーや面接)がどんどん早まって、授業とバッティングしてしまうことが多くなっていると思います。学生さんもたいへんですね。 教員としては「就活なんかするな」なんてとても言えるわけがない状況なのである程度授業を休んで就活するのも黙認、となってしまうわけですが、大人数の講義ならともかく、少人数の授業、特にゼミでの発表をキャンセルするなんてのは言語道断です。いきなりメールで […]

質問の仕方 (1)

質問・コメントする ゼミや少人数の授業で、「質問・コメントはありませんか」というときになにも発言できないってのは悲しいことです。 誰かの話を聞いてなにも尋ねたりコメントしたりすることがないってのは、けっきょく、「私はあなたに興味ありません」「聞いてませんでした」「どうでもいいことです」という否定的な態度を表明することにもなります。 「あなたの発表を聞きました」「あなたの考え方に興味があります」とい […]