オンライン授業」タグアーカイブ

私のオンライン授業その後

5月からはじまったオンライン授業とかも10回目ぐらいを数える時期になりました。あと少し、というかまだけっこうあるというか微妙なところ。その後、機材などがどうなったのか書いときます。

大人数講義(150人のと250人の)はYouTube Liveで。Macでもできるんだけど、ちょっと音声に不安があって解消できなかったので、今年配給されたWindowsノートPC(今年から学生様に配布されるのと同一)にOBSという配信ソフト入れてやってます。OBSの設定とかはネットにいろいろ情報あるので書きません。

マイクは数本試したんですが、けっきょくTASCAMのポータブル録音機DR-07Xというのがよいというので入手してそれで満足してます。デジタル録音機なんですが、USB接続してマイクとしても使える。これは基本的に録音機なので、会議とかで使うためのマイクの自動音量調節機能があって、大きな音も小さな音も適当に調整してくれるので非常に便利。ZoomやOBSにも音量調整の機能はあるんですが、あれ調整するよりずっと楽。あと、この録音機はマイクにかなり強い指向性があるモードにすることができて(無指向性にもできる)、それ使うと部屋内外の雑音やPC自体の音とかを拾いにくくするので聞きやすくなる。13000円ぐらいするし、それに加えて三脚みたいなのも買わないとならんけど、おすすめ。Youtubeにレビューがいくつかあがってます

教材(スライド)の提示はiPadとApple Pencilの組み合わせが、直接ホワイトボードに文字や図を書くようにできるので便利。Windows + OBSには直接つながらないみたいなので(探せばプラグインはあるかもしれない)、7000〜8000円ぐらいのHDMI-USBビデオキャプチャボード買ってつなぎました。顔のカメラはどうでもいいのでPC内蔵のもので。

iPadでのスライドの提示は、KeynoteでもApple Pencilつかって書き込みできるんだけど、PDFでApple PencilつかえるPDFビュワー使った方が軽いし操作ミスが少ないと思う。私はGoodNotesっての使ってる。PDF Expertもいけるかもしれない。

Youtube Liveはそのまま動画が残るのでなにもする必要がない。リアルタイムで見ることができなかった学生はあとで見てるみたい。1.5倍速や2倍速で見たいひとは、そうしてあとで見てくださいと伝えてあります。でもリアルタイムにはそれなりの価値がありますわね。

ちょっと余計なことを書くと、他の先生の動画みたいなのも見ることも時々あるんですが、やっぱり顔出しは大事だと思います。顔なしでスライドと音声だけで進んでく、みたいなのは10分ならともかく、20分30分ぐらいで聞いててけっこうしんどい。

あと音声入れた巨大パワポやPDFファイルを直接配布したり、クラウドの使いにくいビュワーで見せたりするのもよくないと思う。あれは学生としては扱いにくいと思う。せめてYoutubeあたりに限定公開アップロードしてあげてほしいと思います。Youtubeなら軽いし、途中まで見て他のことしてもどってきてももとの位置から見られるし。

一人でやってるのでどうしてもトラブルが多いので、Youtubeは30分以上前に配信開始してます。適当にプレイリスト流したり、『ドンジョヴァンニ』動画を流したり。ちゃんと配信できてるかチェック用ね。特に音声がおかしくなってるときがあるから、自分で別のマシンで再生してみる必要がある。この前学生様から「なんで最初に映画流してるのですか、必要ですか、授業に関係あるのですか、長くて集中力が続きません」とかってコメントされちゃったり。あとから動画見てる人なんでしょうが、まさかあんなもんマジメに見てる人がいるとは思ってなかった。ははは。すみませんすみません。そのコメントもらってから、録画はあとでYoutubeのオンライン編集機能で無駄な頭とケツを切っておくことにしました。

授業開始前には出囃子入れてる。やっぱりテーマソングがないとね。倫理学とか社会思想史ぽいのとか、しけた内容の授業だから、せめて陽気にいこうってんでSoul Bossa Novaにしてます。今日は『オースティン・パワーズ』も紹介した。ははは。

授業前には同時にGoogle Formsで簡単なアンケートとったり。元気ですか?とか「課題どれくらいやってますか」とか。まあリアルタイムでやる意義は、あるていどインタラクティブにしたいっていうところにあるわけで、それがないとリアルタイムライブでやる意味ないし。授業中も「なんでも質問」フォームに好きなこと書いてもらうようにして、時々見て読みあげてる。質問された内容は学生様にも見えるようにGoogle Spreadsheetにまわして、その公開URLもあらかじめ知らせてあります。こういうふうにして質問が他の学生にも見えるようにしないと、課題とかについて同じ質問が何回もくりかえされちゃう。

授業は1時間20分から30分フルにやってしまいますが、途中で必ず1回、多いときは2回休憩入れるようにしてます。自分自身がすわったままだと精神的にもたないし。たいたい50分ぐらいで。できれば30分で2回入れるべきだと思う。

授業おわりにも感想をFormsに入れてもらってます。(1)学生証番号(メールアドレス)、(2)音声と(3)画像がOKだったか、(4)授業時間は耐えられる長さだったか、(5)印象にのこったところはどこか、(6)全体の感想なんでも、ぐらい。あとから見る学生様もいるので、1週間まって次の授業開始前に別のシートにコピーして、メールアドレスなどを消して(4)と(5)のところだけPDFで出力してTeamsで学生様に公開してます。

この授業後の感想は出席確認がわりでもあるので、該当日分を集計用のスプレッドシートにコピーして、vlookup関数とか使って1枚の出欠表にしてます。もっと手間のかからない方法もありそうだけど、それ考えたり仕掛けたりするのも面倒だから今期はこんなんでいいや。後期は考えるかもしれない。出席で評価はしなんですが、出てきてない学生様の面倒見とかもしなきゃならないご時世なのです。

ゼミ4個はZoomでやってる。こっちはMacで大丈夫なので楽。基本的に全員顔出しだけど、時々切ったりしていいし、画面は見つめてなくていいし離れてもいい、横向いててもかまわん、みたいなことを言ってます。最初に30秒〜1分ぐらいの挨拶と簡単なスピーチしてもらうのは対面授業といっしょ。何回か「ブレイクアウトルーム」とか使って勝手におしゃべりしてもらったりもしましたが、なかなかそういう時間がとれないところがある。KP法(紙芝居プレゼン)使ってプレゼンしてもらうこともあるし、レジュメをPDFでもらって私のiPadで写して赤ペンで添削しながら話をしてもらうこともおおい。ここでもApple Pencil大活躍。とにかく画面出す場合はポインタがないとつらい学生様に画面共有してもらうのはやめた方がいいと思う。学生様が操作するのはむりだから、教員がなんとかしたい。

最近気づいたんですが、やっぱり学生様どうしで教員ぬきで勝手なおしゃべりする時間が必要なわけですよね。授業は早めにおわって、「私はオーディオ退出するので音聞きませんからみんな勝手にしゃべっていいです」とかやると、勝手にしゃべったりしてくれてるようです。火曜日は1、2、4回生が連続の授業で十分話をしてもらうことができないので、個人で(2000円)Zoomと契約して、部屋A→部屋B→部屋Aという感じで使って、授業おわったら部屋解放しておしゃべりしてもらってから解散してもらう実験をしています。大学が2個用意してくれればいいんだけど(1個は用意してもらってる)。

Zoomの授業も感想みたいなのはGoogle Formsでとってます。これも出席確認をかねて。まああんまり管理する必要はない。

しかし、2ヶ月やってみての印象としては、1人でオンライン授業をするのはとても大変だ、ってことですね。1人DJ、1人放送局は、1人で飛行機を飛ばすようなもんです。せめて相棒というかアシスタントがいれば操作やいろんなチェックをまかせることができるんだけど、一人でやるのは無理だわ。

こんな感じかなあ。まともに誰かの役に立つことはないでしょうが、少しヒントみたいなのになればさいわいです。

Google Formsで出席をとろう

オンライン授業とかで出席管理にこまってる先生たちがいるみたいなので、情報提供というのでまたGoogle Formsの話を書きます。

 

ここらへんで書いたように、私は大人数の授業の出席と私へのフィードバック(授業感想・コメント・批判・非難)はGoogle Formsでとってます。もちろん代返は可能なのでたいした意味はないんですが。

  1. Googleのアカウントはみんなもってると想定して。
  2. https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/ にアクセスして、Formsの利用を開始します。
  3. プラスのボタンなど押して質問紙を作成します。適当にタイトルなどを入れる。
  4. 右上の歯車ボタンを押して「全般」をこんな感じにします。「メールアドレスを収集」して、答えてくれた人にメールで返答内容を送った方が本人たちは安心するみたい。
  5. 「感想」だけでもいいんだけど、それだとちょっと単純すぎるから、こんな感じにしている。
  6. 右上の「送信」ボタンを押すと、送信方法がメール(メールのアイコン)、リンク(八の字アイコン)、埋め込みフォーム(<>)が見えるので、八の字・鎖マークのリンクを選びます。このURLをコピーして、学生が見えるところに貼ります。動画配信のURLを伝えるときに、同時にこのURLも見せたらいい。QRコードにして携帯などで読んでもらう方法は古い記事をどうぞ。

ここまでは前回説明したところ。

さて、出欠・感想はとったものの、それをどう整理したらいいかわからない人がいると思います。私は次のようにしています。

  1. 回答」タブに、緑色のアイコンがあります。これを押すと、Formの回答をGoogle Spreadsheetに同期できるんですね。「新しいスプレッドシートを作成」する。
  2. このスプレッドシートに、回答が一覧ではりつけられます。
  3. 必要ならそれをコピーして、別のGoogleスプレッドシートなりExcelなりに貼ってソートをかければだいたいのところはOKでしょう。
  4. 私自身は、別の集計用のシートに手作業でコピーして、vlookupというスプレッドシート関数をつかって出席の一覧表を作っています。
  5. でもvlookup関数をつかいこなすのは重要だけど面倒なので、出席回数だけ数えれればいいや、ってんなら、まあいろいろコピペすりゃいいと思います。

付録:エクセルのvlookup()はおぼえよう

vlookupはエクセルを使う人々が中級になるためにのりこえる道。youtubeあたりにいろいろ解説があるので勉強してください。

https://www.youtube.com/results?search_query=vlookup&page=&utm_source=opensearch

  1. 縦(行)に学生証番号(メールアドレス)、横に出席の日付というシートを作ります。
  2. 別のシートをつくって、各講義日の感想シート全体(学生証番号と感想)をコピペします。
  3. 学生証番号(メールアドレス)をキーにして、対象の日の学生証番号を探して、感想などをvlookupで拾うようにします。あ、簡単に説明できないわ。感想がいらないなら学生証番号だけでもいい。
  4. 無事一覧表ができます。
  5. ははは、これでわかりませんでしたね。まあvlookupを理解するかどうかにすべてがかかっています。がんばってください。

自分用オンライン授業メモ (2)

自分用オンライン授業メモの続き。初動報告。

150人と250人の講義科目2個は、YouTubeでリアルタイム配信することに。手元の古いMacではどうもパワー不足だったので、今年配給された学生様たちと同じ仕様のWindowsノート機+OBS+キャプチャボード + iPad + Apple Pencil + USBマイク、という機材でいくことに。けっこう快適。授業中のリアクションをYouTubeの「チャット」で拾うのは面倒なので、Google FormsのQRコードを示したり、チャットにURLを貼りつけたりしています。

このGoogle Formsでリアルタイムで匿名で意見や質問を書いたり、リアルタイムで簡単な意見アンケートをとったりするっていうのは対面授業でも人気があるので一回試してみてほしいものです。簡単だしおもしろい。

iPad + Apple Pencilは強力で、PDFやKeynoteのスライドに赤や緑で文字を書きこむことができるので、スライド映しているだけよりずっと表現力があると思う。Keynoteとかには数枚ごとに白紙を入れておいて、そこを黒板みたいに使う感じ。黒板や対面授業でのPCで出すスライドより快適なので、今後対面がはじまってもApple Pencil使いたい。(まあ字が下手なのが困りものだが)

YouTubeライブはなにも指定しなくても録画を残してくれるので、参加できなかった学生様もあとで観ることができるので問題ない。

休憩は多めにとっていて、1時間半の授業のなかで5分〜10分の休憩が2回は必要な感じ。もっとあってもよいと思う。画面を見つづけるのはつらいものだ。

Zoomでの大人数授業はどうも事故が起こりまくりの様子で、まあ予想通り。あれはむりです。

まあとにかく講義はYouTubeで十分いけるし、私語だのうつぶせで寝てしまう学生様だのを気にせずにやれるのでむしろ快適。これからずっとこれでやりたいぐらい。

15人前後のゼミはとりあえずZoomで。やっぱりゼミはインタラクティブじゃないとどうしようもない。MS Officeを会社が契約しているので、授業連絡等はTeamsでとるように、信頼できない「LMS」から移行中。Teamsにもテレビ会議はあるので、Zoomよりそっち使いたい気がしているんだけどまだ試していないです。

Zoomゼミは基本顔出し。顔ないとやはり話しにくい感じがある。しかし顔出しでも「無理しない」っていうのは指示していて、しゃべってないときはビデオ消したり、横向いたりしていてかまわない、ということは伝えてある感じ。

ゼミでは特にとにかく休憩ちゃんと取るのが大事で、30分に1回は必要、できれば20分ごとにとりたい感じさえある。

低学年ではKP法(紙芝居プレゼンテーション)使ってもらったりしていて、この方法はやっぱり有効。マジックと大きめの紙を用意しておいてもらって、話をするときはそれにポイントを書いてもらう。バラエティ番組と同じだわね。ああいうのを見なれているので学生様もそれなりにうまい。

上回生はレジュメとか原稿とかつくってもらうわけだけど、学生様に画面共有させるのは操作がむずかしいのでおすすめできない。私は事前にレジュメ等をPDFでもらって、それを私が画面共有してみんなで見ながらお話してもらい、私がApple Pencilで勝手に赤ペン入れていく、という感じ。これはこれでおもしろいし有効かとも思う。

だまってビデオで他人の話を聞いている、っていうのはけっこうストレスだと思うので、本日はゼミの最後に「ブレイクアウトルーム」で適当に感想言いあって別れてもらうようにしてみました。休憩時間は教員が内容を聞けないブレイクアウトルームに分けてしまうって、雑談したいひとは雑談するっていうのがいいのかもしれないと思ったり。次はそうしよう。

講義もゼミも終ったらFormsでフィードバックもらうようにしていて、学生様にはまあ「出席票がわり」てなことを使えている。学生証番号を入れてもらって、スプレッドシートに出力し、それを名簿とvlookupで照合するってのもできるようになりました。vlookupとかコピペするの面倒なので、もうすこしエレガントにやりたいけどいまのところまあしょうがない。

FormsにしてもKP法にしても、以前なんの気なしに使っていたのが今助けになっていて、やはり勉強はしとくものだな、みたいなのは感じています。

まあしかしやっぱりオンラインのゼミというのはかなり厳しい感じ。疲労がはんぱないです。もっと人数小分けにしたい。

意識高い学生様向けZoomの注意点

  1. 設定 → オーディオ → 「会議に参加するときにオーディオをコンピュータで作動させる」をオン。「ミーティング参加時、マイクをミュートする」もオン。「スペースキーを長押しして〜」もオン。
  2. 人数が多いときは基本的に音声はミュートしておいてください。ミュートしていても、スペースキーを長押しするとミュート解除されて話せます
  3. 少人数(4、5人)のときは、邪魔でなければミュート解除して自由に話してよい。
  4. 名前は(相手にあわせて)まともなものにしてください。「えぐりん(江口某)」とか、読んでほしい名前にしておいてもよいミーティングもあると思うけど、知らない人がいるときはフルネームはわかるように。「某」はいけません。ははは。
  5. 抵抗があっても顔出しして話すクセをつけましょう。話しているとき、聞いてるときの表情というのはとても重要なものです。
  6. 「チャット」は必ず開いておきましょう。質問やコメントなどはここに自由に書いて、司会に指名してもらって話すのがよい。
  7. 自分の部屋が丸見えなのは抵抗があるひともいるかもしれないので、「ヴァーチャル背景」をつかってもよい。「ビデオ」の隣の△から設定できます。「+」ボタンを押すと好きな画像を選べるので、好きなものをいくつか用意しておきましょう。
  8. 新しいアプリなどは、友達などとつないででいじりたおすのが吉。だいたいPCやネットまわりのサービスというのは、好奇心が旺盛であちこちボタン押したり設定変えたりする人々に向けてつくられています1)どんなアプリやサービスを使うときも、基本操作ができるよういなったら設定メニューをひととおり眺めておくのがよいです
  9. たとえば設定の「ビデオ」から「マイビデオのミラーリング」はオン。鏡と同じように見えるようになります。これ私けっこう苦しかった。「あれ、ネクタイまがってるな、直そう」ってやるとなおさら曲げてしまってた。ははは。

 

この動画はほんとうに大事なことを教えてくれていて、(1) PCのパフォーマンスは大事、(2) マイクに注意、(3) ビデオはオン、(4) 練習しておく、(5) 録画して復習するべし、だそうです。

学生様としては、(1) PCはちゃんと電源につなぐこと。スマホでもつなげるけど、基本的にはPCにつないでください。(3) 顔出しちゃんとするべし。(4) なにをするにも事前練習が大事。(5) 復習して向上する。(3)(4)(5)は一般的な話としてとても重要ですね。予習復習は大事だ。

References   [ + ]

1. どんなアプリやサービスを使うときも、基本操作ができるよういなったら設定メニューをひととおり眺めておくのがよいです

自分用オンライン授業メモ

Zoom

  • Zoomで大人数講義するのは無理だし意味がないと思う(ウェブセミナー(ウェビナー)モード契約があるなら別か)。YouTube Live!などの方がよいにきまってる。ライブでないとしても、Zoomで一人会議その他で動画撮影してyoutubeにアップロード(限定公開)してURLを知らせるのが吉。学生からの質問やコメントはyoutubeのコメント欄で受けてもよいし、別に仕組みを用意してもよい(たとえばLMSやGoogle Forms)。学部のためのアカウント作ったので、動画ファイルもらえればアップロードするぐらいの手伝いはしたい。巨大なのでメールではなくクラウドなどでうけわたし。
  • 少人数ならやっぱり会議形式でやりたいのでZoomは悪い選択肢ではない。
  • (ホスト設定)ミーティングルームの「詳細」から「開始時に参加者をミュートに設定
  • (ホスト設定)めんどうなので「待機室を有効にする」を無効にする。(待機室を設定するといちいち入室OKしないとならない)
  • (ホスト)大人数の場合、URLは数日前から予約して決めておいてばらまく。少人数なら直前でもいけるだろう。ゼミはパーソナルミーティングループ使ってしまうのがよいだろう。「パーソナル」ミーティングループは「プライベート」というよりは「その人が所有している部屋」「いつもいる部屋」ぐらいに思った方がいい。いつもいる研究室でゼミをやる感じ。むしろ、プライベートな会話や会議が必要な場合こそ新規にURLとるべき
  • 告知はメールよりLINEなどのメッセンジャーの方が楽なので、確保しておくべき。Zoomに不具合が生じたときも指示が出せる。
  • (ホスト操作)「ホスト以外の音声をミュートする」を使えるように。ショートカットはMacのデフォルトではCtl+Cmd+M。
  • (ホスト操作)特定の人をミュートする方法も確認。(フィードバック・ハウリングしてしまう人がいる)
  • (ホスト操作)画面共有→ 「共有できるのはホストのみ」。皆が慣れてきたら解放する。
  • 自分でPC(本体)とスマホ(確認用)の2台でログインしておくといいかもしれない
  • 本番前にユーザーに事前に練習してもらうのは必須。そうしないと、10人ていどでも接続だけで1時間かかる。はじめての参加者数十人つなぐのは無理。数人ずつテストして使いかたに慣れてもらってからにするべき。(私は)昼休みなどをつかって定期的にテスト会を開いて、少しずつ慣れてもらっている。数回やると理解した学生様がでてくるので、そういう学生様に他の学生様の指導をまかせることもできるか。
  • 学生様への指示 → 別記事にしました「学生様向けZoomの注意点」
    • Zoomにつなげるように。PCとスマホ両方で。ただしスマホはいろいろ制限があるので基本的にPCでつながせたい。
    • できるかぎりイヤホン・ヘッドホンを使用すること
    • 「開始時に自分をミュート」
    • 大学のアドレスで入ろうとするとパスワードがちがうと言われるかもしれないが、「パスワード変更」してよい。大学のパスワードとは別らしい。
    • 名前はまともなものに変更すること。(自分の画面をクリックすると変更メニューが出るはず、あれコントロールと一緒に押すんだったかな)
    • 発言できるのを確認。音声のミュートの方法も確認。
    • ミュートした状態から一時的にミュート解除する方法(スペースキーを長押し)を確認
    • ビデオ写せるのを確認。
    • 「チャットパネル」画面を確認、書いてみる。
    • 自分の画面の共有もできるとよい。
    • PCから画面を共有する際、Wordのファイルはフォントによって表示できないことがある模様。PDFならおそらくきれいに表示できる。
  • 参加者を小部屋に分ける「ブレイクアウトルーム」は、「設定」→「一般」→「さらに設定を表示する」でオンラインの設定ページに飛んで、「ブレイクアウトルーム」をオンにしないとならない。
  • ドリキン先生のこの動画 https://www.youtube.com/watch?v=qAgk50lBduU はとても勉強になった。(1)PC能力に注意、(2) マイク扱いは重要、(3)ビデオは見せる、見る、(4)事前の練習が必要、(5)録画して復習する。
  • 「画面共有」すると、参加者にどういうふうに見えているかわからなくなって混乱するので、スマホやタブレットでいいからモニタ用にもう一人分入っておくのがよい。

Microsoft Teams

  • 「ファイル」(Sharepoint)の時間(タイムゾーン)が米国西海岸とかになっている。Teams : ファイル更新日時を日本時間にしたい
  • 学生を招待するのはリンクや「チームコード」(管理→設定→チームコード)で簡単そう
  • 問題は参加者のソートができないことで、参加者名に学生証番号を入れられればいいのだが全体の管理の問題。要望中。

YouTube動画/ライブ

  • 15分以上の動画は、携帯で認証しないと「長過ぎます」と言われてあげられない。はまった。
  • ライブもすぐにはできない。「やる」って指示してから1日待つ必要がある。
  • しかし動画で15分は十分長い。巨大ファイルは扱いもむずかしいし、10〜15分ぐらいに小刻みにした方がよい。
  • 動画はOBSで録画するのがよいが、慣れない人はZoomで一人会議して録画するのが手軽。
  • YouTube Liveは可能性がある。講義をオンラインでやりたい人の本命。放送中にコメントもらう。学生は慣れているはず。
  • 録画しながら配信するテストをしたらPC能力の問題か音声がぶつぶつ切れることがあった。再現を確認中 → 配信じゃなくて録画だけでも音が切れることがある。PCパワーの問題か。どうすっかな。 → OBSの設定をとにかく負荷をかけないようにいろいろいじったらなんとかいけそう。
  • けっきょく、OBSを使って1人で非公開ライブ配信して、YouTube上で最初とかをカットして限定公開する、という形がベストそう。

動画制作

  • iMovieでできる。でもせっかくなので私はAdobeと契約してPremiere Rushでも使うつもり。
  • 視聴者は飛ばして見るものなのでテロップ入れた方がいい。iMovieでできる。でも面倒。
  • とりあえずライブ授業っぽいのを撮影するのは、OBSでYouTube一人でライブ配信して、その録画を簡単に編集(不要部分のカット程度)するのが吉。

OBS

  • YouTubeなどのライブ配信での主流か。録画にも使える。理解すれば使いやすいが、仕組みを理解するまでがたいへん。Youtubeにもブログにも記事がけっこうある。
  • Macからの音まで録画するのはたいへん。Blackhole(あるいはSoundFlower)とLadiocastを使うが、むずかしいのでふつうの人はあきらめるべき。
  • パソコン内蔵のマイクではなく、本式のオーディオインタフェースを使うと音が小さく感じられるようだ。OBS本体でゲインやコンプレッサーをかける。(配信でも音圧競争がある)

うちの会社のLMS(製品名不明)

  • LMSにはでかいファイルはおかないでくれ、という話。50MBが最大とか。まあいまどきはクラウドに置きますわね。
  • 「課題」はPDFなどのファイルをアップロードする形でしかできない。Web上で直接書かせたいときは「アンケート」を使う。「アンケート」もつかいものにならない。Google Forms使うべき。
  • 「ディスカッション」は、教員側が読みにくいので使いものにならない。Teamsとか使うべき。
LMS画面

うちのLMSはこんなルック