牟田科研」タグアーカイブ

牟田先生たちの科研費報告書を読もう(8) 牟田論文誤読のおわび

去年の今ごろ牟田科研費についてシリーズ書いてしまって、なぜか最近になってはてなブログなどで有名な法華狼先生からお叱りを受けているのですが、実際わたし牟田先生の論文をまったく誤読してました。ほんとにお恥かしいのでどう誤読してたのか書いて反省します。

牟田先生の論文の第3節「性暴力として買春をとらえる」の部分で台湾台北の元公娼館の文萌楼の話が出てきて、そこでなくなった元公娼の白蘭さんの話があって、もとのエントリーでそこの部分を読んだときに気分悪くなってしまっておかしなことを書いてしまった。そもそも私この部分読みまちがえてました。

法華狼先生がこのブログを紹介してくれました。 → xiaoTANYAのブログ「文萌樓 かつて公娼のいた場所」
中国語で読めませんが、オンライン新聞記事もある → 自由時報「公娼白蘭頭七追思會 恐是文萌樓最後一場活動」

牟田先生が慰安婦とか公娼とかの話をしているので、わたしてっきり白蘭さん(「バイラン」だと思う)が働いていたのは、台湾が帝国下の植民地であった戦中か戦後はやい時期だと勝手に思いこんでいたのですが、白蘭さんは亡くなった2017年にまだ55才だということなので、1962年ぐらいのうまれで、公娼館にいたのは22才だか23才ぐらいかららしいので1984〜5年ぐらいからの話です[1]13才で売られて商売をはじめさせられたのは1975年ぐらいから。そこから10年。これはつらい。。そこから90年代後半ぐらいまで働いていたというわけですね。私とほぼ同世代の人の話なのか!

ていうか、そもそも「白蘭さんの通夜」っていう表現のを見てるはずなのに白蘭さんに直接話聞けなかったのかな、とかへんなこと考えてるし。まだ生きていたと思ってるわけよね。瀕死で帰ってきた、とかって表現印象に残ってるのに。ものすごく混乱してました。

おそらくその私の混乱と馬鹿な誤読の遠い原因として、牟田先生が白蘭さんについても、現在元公娼館を事務所として使っていたCOSWASについてもほとんど情報をくれないので誤解していたと思うのですが、COSWASは売春の非処罰化や合法化を主張している団体[2]日本のセックスワーカー支援団体SWASHとかと連係して運動しているようですね。、白蘭さんもまたワーカーの立場から、90年代の台北の廃娼・浄化政策に対して強く反対し非難していた人だったわけですね。

先の『自由時報』の中国語記事をGoogle翻訳(中→英がいいです)とかにかけてみると、1997年に33才だった白蘭さんが浄化政策に激怒した、のような文面があるようです。「うちの店はみんな親切だ、わたしたちは悪い人間じゃない」とか「廃娼政策は人を殺す」みたいな意味の文章も見えるような気がするので、中国語できる人が訳してくれたらうれしい。

白蘭さんはその界隈では有名人だった形跡があって、この本に収録されているChen Mei-hua先生の論文 “Sex and Work in Sex Work: Negotiating Sex and Work among Taiwanese Sex Workers“に、41才のころのインタビューの一部が掲載されています。Google Booksでも中身が読める。

Chen先生の論文は実はacademia.eduからダウンロードできます。

この論文はおもしろくて、売春やセックスワークの問題は、売春はセックスかワーク(レイバー)か、という二分法で考えられるけど、インタビューにもとづいて、実際のワーカーの視点からするとそういう二分法にはなってない、労働でもあるしセックスでもある、客と恋人の間の境界もぼやけている、というような議論をしています。まあそうだろうなと思う [3]インタビューされているワーカーには10代も多くてちょっと気になりますが。

そのなかで白蘭さんが紹介されていますが、彼女はかなりさばけた感じの話をしていますね。他のワーカーも男性の欲望とかをコントロールするためにいろいろしていて、言うなりになったり組みしかれたりしているわけではない。

白蘭さんはたしかに13才のときに売られて十代を非合法の売春施設で働かされて悲惨といってよいと思います。でも公娼(ライセンスもちセックスワーカー)としては、自分がどんなサービスを提供するかコントロールすることができた、ということのようです。お客とのセックスとボーイフレンドのセックスにもたいしたかわりはないし、愛してるからといってセックスしなければならないわけでもない、という形で、Chen先生の解釈では、セックスと恋愛とを切りわけてる感じ。

白蘭にとって、セックスは、「チープな獣」〔男〕がみなもっている自然的な衝動であり、愛の表現などといったものではない。こう考えることで、白蘭はセックスの呪縛から逃れており、恋人の性的活動を監視する手間をかける必要もない。一方、相互の尊敬とケアは、愛として、あるいは親密さの土台として理解されている。それゆえ愛は脱セックス化されているのだ。

のような形ですね。

こういうの、私は説得力があるなあ、と思って読むわけです。日本でもこうしたインタビューや手記その他は、書籍でもオンラインでも大量に読むことができると思います。ネットでは風俗嬢の人とか大量にいますが、そうした人々もふつうに彼氏その他の親密な人間関係もってるし、仕事がセックス関係だという以外にそれ以外の人々と違いはないように見える。

でも牟田先生は、台北の旧公娼館を調査に行ったのに、白蘭さんがどういう人であったかを教えてくれず、またその元公娼館を運営していて、白蘭さんについての情報をくれたCOSWASという組織がどういう主義主張でどういう運動をしているか教えてくれないまま、そしてそのさまざま主張を黙殺したまま、その部屋が狭いことをもってしてそんなところで短時間でやるのはセックスではなく性暴力である、セックスワーカーの同意は心からの同意ではなく擬制である、という話をしているわけで、ここでやっと私が一年前に感じた違和感がなんであったのかがはっきりわかったわけです。そういう情報がはっきり述べられていないために、私混乱していました。違和感にとどめて、ちゃんと質問したり調査したり考えたりしなかった自分がはずかしい。それに情報を教えてくれた法華狼先生に感謝します。

References

References
1 13才で売られて商売をはじめさせられたのは1975年ぐらいから。そこから10年。これはつらい。
2 日本のセックスワーカー支援団体SWASHとかと連係して運動しているようですね。
3 インタビューされているワーカーには10代も多くてちょっと気になりますが。

牟田先生たちの科研費報告書を読もう (7) おしまい

んでこのシリーズ、実は最初は牟田先生の論文が、われわれの日常的な事実と乖離してるんじゃないか、そしてその規範的主張が勝手なものじゃないか、って書こうとしてたんですよ。実はマッキノンやギデンズのあんまりよくない引用方法を発見してしまったらもうそういうのどうでもよくなっちゃったんですが。

でも最後にその最初の話だけ。

牟田先生は、まともなセックスには同意・合意が必要であると考えます。あたりまえだけど。そして、「同意とは、コミュニケーションによって得られるが、そこにはさらにネゴシエーションも当然含まれてくるはずだ」とおっしゃる。コミュニケーションとネゴシエーションがどういう関係かわからんけど、まあネゴシエーションって交渉ですよね。交渉にはもちろんコミュニケーションが必要、ぐらいか。これもいいっしょ。んで、まともなセックスには「ネゴシエーションと同意の確認の連続がなければならないはずだ」っておっしゃる。これもいいでしょう。まあ交渉したり、セックスをどう進めるのか相談したり、相手の反応を見たり、まあいろいろしながらセックスというのは進むのだと思いますし、そうあるべきでしょう。

牟田先生は、田村公江先生のちょっと変わった論文「性の商品化:性の自己決定とは」(金井淑子編『性/愛の哲学』、岩波書店、2009、収録)を参照しています。牟田先生によれば、田村先生が論じているのは、

性的行為するかどうかの最終決定権は女性が持つ・途中でやめることもできる権利もある・男性は自分の性的快感獲得よりも女性の性的快感獲得を優先すべきである、等の条件が満たされてはじめて、女性は性的行為において男性と対等になれる、と論じる。

ということです。実際に田村先生はこういう驚くべきことを論じているんですわ。田村先生の論文もおもしろいので引用しながら紹介してみたいのですが、もう疲れたのでやめます。

とにかく簡単に言えば、田村先生(そして牟田先生)にとって、なぜセックスの決定権が女性にあり、行為において女性の快感が優先されるかというと、女性は身体的にも精神的にも傷つきやすく、また男性(というかペニス)の協力なしには快感を獲得できないからです! びっくりしますね [1] … Continue reading そんなんだったらセックスなんかしなくていいのではないか。

上に続けて、牟田先生はこう書きます。

おそらく多くの人は、このような条件は非現実的と考えることだろうが、しかし問題は、これらの条件が守られそうにないこと以上に、「これまで、満たされないことがあまりにふつうであったため、あからさまな暴力や強制がない限り、うやむやにされても女性はその不平等性に気付かなかった」(田村 2009:191)ことにこそある。現在の私たちは、かつての性の抑圧から多少は解放され、性の自由らしきものを手に入れた。だからこそ、女性たちは、「対等」「自由」と信じて、普通のセックスのなかに厳然とある抑圧を見逃してきた。

つまり、田村先生や牟田先生は、ベッドの上での「対等な」関係は非現実的だ、ベッドの上では女性はいつも、みんな、選択権なし、リードされっぱなし、やられっぱなし、快感も得られません、みたいなもんんだって思ってるんですよ。信じられますか。そんな貧弱なセックスがいまの日本の男女なのですか。さらに牟田先生は、

性的行為にはネゴシエーションが必要、という考え方には、現在ではおそらくは女性を含めて多くの人が「面倒だ」「無理」と、疑問や反発を感じるだろう。

っていうわけです。これ、なんか根拠があるんでしょうか。相談しないでセックスしている人々はどれくらいいるんでしょうか。もちろんうまく交渉できない人もいるでしょうけど、ふつうはいろいろ交渉しながら楽しくセックスしてるんじゃないですか。みんな絶望的なセックスしてるんですか。人々の貧弱なセックスは男性中心的社会の構造とかの結果なんですか。

こうした「男にやさしく大事にしてもらわないと楽しいセックスはできないし、そもそもセックスさせてやってるのだからそういうことを要求できる権利が女性にはある」みたいな貧弱でなさけないセックス観のもとで生きるよりは、この論文集に収めれらている元橋先生が批判する「新自由主義的セクシュアリティ」、つまり、女性もがんばって魅力を磨き、自発的で男を喜ばせ自分も快楽その他を獲得しようとするするセックス、の方がずっといい気がしますが、どうですか。

私の好きなハキム先生っていう人は、交渉っていうのは性的な魅力や技術とともに、若いときから少しずつ修得していくものだ、って言ってます。大人の魅力的な女性にとって、それは男性にやさしくしてもらうんではなく、努力によって獲得するものです。

自分のエロティックキャピタル(性的魅力)を開拓するのに多少なりとも時間を費やしてきた女性は、次第に男性の扱いに自信を持ち、優しくも意地悪くもできるようになる。社交術はより磨かれ、多種多様な状況や人々に対応できるようになる。……性的な経験を積んだ女性たちは、男性に対する従順さが薄れ、積極性が増し、自己主張が強くなり、セックスにおいても人間関係においても「支配する」立場に慣れていく。その結果、男性優位主義の文化が強く残る社会でさえ、女性たちは自信を深め、男性と平等だという意識を持ち、従順さよりも自主性を重んじるようになる。(p.221)

ってことですわ。他の印象的なフレーズはここらへんで紹介しておきました。

新自由主義的セクシュアリティは女性のエンパワになるかもしれない。「性の商品化」こそエンパワかもしれないのです。新しい世代のフェミニストは、そこらへん批判的に検討してみてほしいですね。そしてなにより、現実の人々がどんなセックスしたり、いろんな面で支配したりされたりしているのかちゃんと観察してみてほしい。文献あさるのでもいいです。イデオロギーで決めつけるのだけはやめてほしい。

半端になったけど、こんな感じでこのシリーズはおしまい。

References

References
1 まあ実は私数年前にこの田村先生の論文を3回生ぐらいに配ってちょっと議論してもらったことがあるのであれなんですけどね。ふつうの女子大生様の意見は「甘えすぎではないのか、女有利すぎないか」ぐらいでした。課題は「グループに分かれて、批判的を思いつくだけ考えよ」だったので、私の意見はあんまり反映されてないはず。

牟田先生たちの科研費報告書を読もう (6) 雑感

しかし誤解のないように書いておくと、私この科研費報告書自体は(そして牟田先生の論文も)高く評価しているわけです。この手のセックスにまつわるいろんな問題っていうのは実は国内ではちゃんと議論されてないので、いろんな立場の意見が検討されるべきで、そうした議論の基盤を提供してくれているのでたいへん価値がある。科研費もらってもらってたいへん助かります。ぜひもっと出してあげてほしい。

っていうか、私が思うに、いまジェンダー/セクシュアリティまわりの研究者が少なすぎるんすわ。みんな同じような話してるし。もっと科研でお金出したげてください。

あと前の記事に質問もらってるんですが、牟田先生たちのあの動画サイトはどうなんだ、っていう件なんですが、まああれに学術的価値はほとんどないですわね。でもなんでああなってしまったのかだいたい想像できたりして、ちょっとつらいところがあります。

想像では(勝手な想像ですよ!)、最初はジェンダー平等のための理論と運動の架け橋をつくりたい、とかかからはじまったと思うんです。んで、その手の運動している人だけじゃなくて、その手の学者研究者系統も、ITすごく苦手な人々多いんですよ。まあ牟田先生たち自身もそんな得意じゃないと思う。だから「ジェンダー平等を目指す研究者とその他みんなのための手引きを作ろう」みたいな発想は自然だったと思うんです。

でも実際にそうしたサイトを作ろうとすると、自分らではやはり知識も技術も足りないからできないわけですわ。だからプロに頼む。でもプロっていうのは技術は提供してくれるけど、知恵はあんまり貸してくれないんすよね。どういうサイトつくりたいか、どういうビデオ作りたいかっていうヴィジョンがはっきりしてないとどんなプロでも助けようがない。でも発注する側もよくわからないから、ああいう中途半端というかなんのためかわからんものができてしまう。システムを発注するっていうのはたいへんなことですよね。あちこちの団体で同じような問題が起こり続けていると思います。

まあ例のあの画像の世界ですね。

まあ場合によって責任者はごめんなさいしないとならんかもしれんのですが、彼女たちのあれがそういうものかどうかは私には判断ができません。

あと、今回気づいたんですが、SNSというかツイッターの特徴として、すごくリツイートとかされるネタがあるんですね。フェミニスト批判みたいなのはかなり好まれるネタで、500人とか1000人とかがリツイートしてしまう。これ炎上しているというか攻撃される側としては世界が襲ってくるように見えるはずで、ツイッタの特性を理解してないと認知歪んで世界について誤解しちゃいますわね。

牟田先生の論文のテーマの一つは「なぜ女は「叩か」れるのか」みたいなのだと思うんですけど、SNSとかで活動しても反応が思い通りにいかないと、本気で蹴られ殴られたりしていると思いこんでしまうかもしれない。実際にはそれって一部の人々のものであっても。

世間の人々をうまく説得するのが学者の仕事かっていうとよくわからないし、「隅々まで説得する」みたいなのもおそらく活動家の仕事ですらない。そんなことは誰にもできないわけだし。ネットと通じた言論活動とか啓蒙とか討論とか、そういうのについてはやはりいろいろ考えておかねばならないなとは思っています。SNSもブログも使いかたをまちがうと本気で健康を損ないます。とにかく健康に悪いことは避けたいものです。

牟田先生たちの科研費報告書を読もう (5)

もう一つあげましょう。牟田先生は、「ギデンズが論じるように、法的な平等が保障されジェンダー平等への道が見えつつあるからこそ、性暴力やジェンダー暴力がいっそう生み出されているとすれば」と言います。この文章に対する注は

ギデンズは、「男性の性暴力が性的支配の基盤をなしているというとらえ方は、以前よりも今日においてより大きな意味をもつ……今日、男性の性暴力の多くは、家父長制支配構造の連綿とした存続よりも、むしろ男性の抱く不安や無力感に起因している」(ギデンズ 1995: 183)と論じている。

です。実はこのギデンズに依拠した牟田先生の文章は前にもブログでつっこんでいるのですが、今回本当にギデンズがこんなこと言ってるのかちょっと調べてみました。 続きを読む

牟田先生たちの科研費報告書を読もう (4)

上野千鶴子先生が「嘘はつかないけど不利になることは隠す」とか発言しているのが発見されて、ツイッターの学者研究者界隈に動揺が広がってるようですが、まあそういう感じありますよね。特にフェミニズム/ジェンダー論まわりでは目につく。というか、昔からフェミニズムまわりではつらい経験をすることが多かったのですが、「嘘は書かないけど自論の不利になることにも言及しない」ぐらいの原則でやってるのだと思ったら理解しやすいことは多いです。 続きを読む

牟田先生たちの科研費報告書を読もう(3)

牟田先生のセックス平等の話をするまえに、もうすこしだけ他の論文に簡単なコメント。

元橋利恵先生の「新自由主義セクシュアリティと若手フェミニストたちの抵抗」は、二つの話題があって、「女性は自分の性器の呼び名がない」みたいな話と、「最近は女性が競争(新自由主義)のために男向けにいろいろ努力してる」みたいな話をくっつけようとしてるみたい。 続きを読む

牟田先生たちの科研費報告書を読もう(2)

牟田先生の論文のセックスの平等まわりの議論はいろいろおもしろくて、学問として議論したいところがあるのですが、その前にもうひとつどうしても問題を指摘しておきたい論文があります。

古久保さくら先生の「運動と研究の架橋:世代の架橋としての教育の可能性」です。 続きを読む

牟田先生たちの科研費報告書を読もう(1)

フェミニストの牟田和恵先生たちの科研費研究の使途がおかしいのではないか、みたいな難癖みないなのが話題になって、それに反応してか先生たちのグループが成果の電子書籍を公開してくれたので、ちょっと読んでみました。公開えらい。
続きを読む