ブックガイド:フェミニスト的ポルノグラフィ批判

某授業用の日本語文献紹介。作成中。 フェミニスト論争の概説 中立的な概説としては次のものがよい。   1冊で知る ポルノ(「1冊で知る」シリーズ) posted with amazlet at 16.07.19 […]

性表現と表現規制(7) エロチカとポルノ

キャサリン・マッキノンとアンドレア・ドウォーキンのラインの考え方では、性表現はよい性表現と悪い性表現がある、と。それを分けましょう。たんに友好的で平等で自発的で楽しいセックスを描いた「エロチカ」と、女性をものみたいに扱っ […]

セックスの哲学と私 (4)

国内に目を向けると、セックスと哲学ってのは実はあんまり議論されていない、っていうかほとんど文献とかないんちゃうかな。「愛」とかそういう形ではあるんだけど、露骨なのがないから目に入らない。まあ婉曲表現だったりするんだろうけ […]

中里見博先生のポルノグラフィ論 (4)

セックスワーク論関係を読みまちがえたかな のコメントで、id:june_t さんからコメントいただいた。ありがとうございます。 うーん、私の読み間違いかなあ。 「性=労働」論(セックスワーク論)は売買春も労働として社会的 […]

中里見博先生のポルノグラフィ論 (3)

続き 第2章「性売買としてのポルノグラフィ」 それほど問題なさそう。現在のAVポルノ制作は売買春を含んでいる。まあ前貼りつかってたころの日活ロマンポルノも広い意味では売買春含んでたのかもしれないけど基本的には「うそんこ」 […]

中里見博先生のポルノグラフィ論 (2)

最近児童ポルノの単純所持の違法化の議論あたりの影響か、「中里見博」で検索してたどりつく人が増えているような。http://d.hatena.ne.jp/kallikles/20060313/p1 にひっかかって来訪してい […]

中里見博先生のポルノグラフィ論 (1)

中里見博「ポルノグラフィと法規制:ポルノの性暴力にジェンダー法学はいかに対抗すべきか」、『ジェンダー法・政策研究センター研究年報』第2号、2004 と「ポルノ被害と法規制:ポルノグラフィーをめぐる視座転換をめざして」、『 […]

二瓶由美子先生のすばらしい研究

二瓶由美子「ポルノグラフィーと性犯罪~暴力的AVが性犯罪に与える影響について」『桜の聖母短期大学紀要』第28号2004 というのも見てみた。 これはもっとすばらしくて、誰がどういう調査を行なったのかがそもそも不明。 19 […]