Newsletter」タグアーカイブ

江口ゼミニューズレター2018年度末

京都女子大学現代社会学部江口ゼミの卒業生の皆様、お元気でしょうか。

今年も例年通り3/15に卒業式とパーティーが終り、無事卒業生を送り出すことができました。

今年の卒論のタイトルは以下のようです。(順不同)

  • 良い写真の撮り方とは:思い出に残るスナップ写真を撮るためには
  • 食生活で大切なこと
  • 贅沢と幸せ:見せびらかし消費とお金の上手なつきあい方
  • 日常生活を円滑に送る方法:ASD やADHD の人が社会で失敗しないために
  • イライラするデザイン:「良いデザイン」の法則から大学図書館の「悪いデザイン」を分析する
  • 映画 『プラダを着た悪魔 』を観る
  • 女性の働き方:そこそこ仕事ができるキラキラOLに私はなりたい
  • SNSの普及で生まれたファンとファン行動:新しいファン行動の楽み方を知ろう
  • つんく♂でバコーン! なぜつんく♂の歌詞は私の心を掴むのか
  • 女の働き方:女子大学出身者が会社で闘うために
  • テレビドラマにおける新ヒロインの登場:ドラマ『東京ラブストーリー』から読み解く恋愛観の移り変わり
  • Love Like aiko vol.20:シンガーソグライターaiko魅力とらしさの追求
  • 男性アイドルのすゝめ:決して恋⼈にはなれない男性に熱狂する⼥性達

今年も皆それぞれ個性的でおもしろい卒論を書いてもらいました。ゼミ生にそれぞれ好きなこと、関心あることについて卒論書いてもらい、卒業式に笑顔でいてもらうこととだけが教員生活の喜びなのは昔から変わりません。次の年度もおなじくらいのゼミ生がいますので、3月からはじまっている就活がおわりしだいがんばってもらうつもりです。

毎年のように、川床でタイ料理食ったりもしました。

 

 

夏は琵琶湖で合宿でした。あ、たしか9月はじめに予定してたけど大型台風で延期になってしまって、3回生があんまり参加できなかったとかそういう感じでした。写真が残ってないなあ。残念。卒業パーティーはこんな感じ。

 

個人的には例の手術をしてもう2年経過し、2年検診などで特段のおとがめなし、ということで、もう少し長生きしてみる気でいます。ご心配おかけした方々にはおわびいたします。とにかく禁酒禁煙で長生きが目標です。今年は論文モドキ一本しか書けず、それなにに研究会や学会では暴れて顰蹙を買い、あとはできもしないのに手を出してしまった翻訳の仕事が終ろうとしています。金輪際翻訳はしませんと誓いました。大学学部学科でも中堅というか下手すると長老のような存在になりつつあるので、教育も研究ももうすこし成果を出したいと思っています。

一部のゼミ卒業生の方々はFacebookやInstagramでその楽しそうな生活を楽しませてもらっています。卒業生がハッピーなのは教員の一番の喜びです。まだ私にフォローされていない人は教えてください。私のFacebookは https://www.facebook.com/yonosuke1965 、インスタは https://www.instagram.com/yonosuke1965/

来年度(2019年度)は、現代社会学部設立20周年です。なにか学部の催し物ができないか考えております。11月初旬連休の藤花祭など、お近くの方はお寄りください。また、ゼミ学年ごとでも、同窓会など企画がありましたら、京都でも東京でも、集まれる人だけでも集まってみたいと思っています。

下はいまや「歌ハラスメント」「歌ハラ」と言われている例のパーティー芸モドキですが、毎年進歩しております。ははは。(ボーカルは左が会計学の掛谷先生、右が社会学の奥井先生、ギターは仏教学の藤井先生)

とにかく卒業生の皆様の元気な姿が教員の糧です。もしよろしければ時々ご近況お寄せください。

あ、そういや、図書館を新設したのに続き、C校舎(図書館があった校舎)やD校舎(大昔の小学校の小さなところ)をぶち壊して、なんかおしゃれな建物をつくるらしいです。錦華寮(食堂)も壊したみたい。2年後ぐらいに来てみてください。ぜんぜんおしゃれになってるはず。

あれ?過去記事がはっきりしない……

2017年度江口ゼミNewsLetter

江口ゼミ卒業生の皆様、お久しぶりです。京都女子大学現代社会学部の江口です。(昨年3月は入院してしまっていたので、ニュュースレターは2年ぶりになります。)

全員そろったのなくてごめんなさい

今年も卒業式が終り、4回生14人、事情で休学していた6回生1人が3月15日に無事卒業しました。また先だって9月にも、卒論だけで卒業を延期してた1人が無事とてもできのよい論文を提出、卒業しています。

錦華殿でやるので実は特別な価値がある9月の卒業式。ぜんぶ学長手渡し。

今年の卒論はタイトルは例年通りバラエティー豊富でしたが、それぞれおもしろいものを書いてくれました。あちこちインタビューなどしてみる形のものが増えてきているのが特徴でしょうか(昨年までのは 江口ゼミの卒論タイトルにあります)。

  • 消費者が大嫌いな遺伝子組み換え食品:どうすれば遺伝子組み換え食品は受け入れられるのか
  • ストーリー漫画におけるストーリーの作り方:手塚治虫から現代まで
  • 動物介在教育の場としての動物園:かわいい動物をかわいそうな動物にしないために
  • 最善のいい男をゲットするために:婚活の現状から最善の方法を考える
  • 大人のダンスの楽しみ方とは:クラブダンスから習い事まで
  • おもてなし3万フィート:航空業界でフルサービスキャリアが生き残るには
  • ホテルで贅沢を:口コミを参考にホテル朝食を食べに行こう
  • なぜ人々は酒場に足をはこぶのか:家呑みでは満足できないわけ
  • 良いドラマーになるには?:これからドラムを始めるあなたへ
  • これだけは押さえておきたい:メモ術・ノート術・アイデアの出し方の基本中の基本とは
  • 習慣は変えられる:意志力と行動分析学からみる習慣の変え方
  • なぜ夜の女性の飲み屋は流行るのか:お客の心とお金を動かす仕組み
  • 美を追い求める人は幸せか
  • 女と化粧:フェミニズム運動は何をもたらしたのか

例年の夏の合宿は、これまでも何度かおとずれた鳥取砂丘経由で湯村温泉湯快リゾートでした。

 

個人的な話ですが、実は私は昨年2月に大腸癌などというものを発見されてしまい、2月か3月にかけて入院・手術ということでえらいめにあいました 1)医者や看護師さんから学んだことは多かったです。。5年生存率7割とかでおどかされていたのですが、最近1年健診でとりあえずすぐに御陀仏ということもさけられそうで一安心といったところです。しかし春から夏にかけては、傷その他いろいろと七転八倒苦しみました。まあ暴飲暴食不健康な生活していたので仏罰が当ってる感じでしょうか。みなさまも御健康にはご注意ください。健康診断でチェックされたときに無視していてはいけませんね。

卒業パーティーも例年のホテルオークラでした。昨年出られなかったのは残念です。

例年の卒業パーティーのジャイアンコンサートですが、昨年は卒業パーティーも出ることができなかったため、今年は少しパワーアップしてやってみました。途中からですが笑ってやってください。

相方は学部に去年赴任された仏教学の藤井道隆先生。これからしばらく遊んでもらえそうです。

もう1曲、社会学の奥井先生と会計学の掛谷先生に歌ってもらいました。椎名林檎の「人生は夢だらけ」(かんぽ生命のCMで使われてるやつ)

ゼミ回はよいものなので、適当に集って呼んでください

やっと全員卒業した学年もこじんまりおめでとう会を。

まあ皆様元気で卒業して、楽しく仕事したり生活したりしてもらうのが教員冥利というものです。

 

現代社会学部ができて20年になりました。学部は学部創設時のメンバーの多くが退職され、スタッフもずいぶん若返りまして、江口もなにやら古株になっております。

2019年度から2020年度にかけて、学部創設20周年記念の講演会や卒業生をお呼びしたパーティーなどを開催しようかという話も出ております。退職された先生方もお呼びして顔を合わせるというのはぜひ実現したいと思っております。まだアイディアの段階で、計画はこれからですが、実現のさいはみなさまご協力ご出席おねがいします。他のゼミの友達にも、そういう計画があるようだぐらいのことはおつたえしていただければさいわいです。

あ、あとものすごい立派な図書館ができたんですわ。図書館は隣なので研究室の中が向こうから丸見えで、着替えたりの恥ずかしいことはできません。一回見学にどうぞ。

私はまだまだ京女に残っていますので、なにかあったらお立ちよりください。(ついでに受験期のご親戚がいらっしゃいましたら京女受験をすすめてくさい)

 

 

References   [ + ]

1. 医者や看護師さんから学んだことは多かったです。

2015年度江口ゼミNewsLetter

(昨年度1年研修させてもらって卒業回生ゼミをもたなかかったので、ニュースレターは2年ぶりになります。)

例年通り、3月15日に卒業式と卒業パーティーが行なわれました。パーティーは例年通り盛会。今年は秋本勝先生、小波英雄先生、東元春夫先生、竹安栄子先生が学部ご退職でした(竹安先生は大学の地域連携センター長としてさらに数年大学におられます)。卒業生の人は知ってる先生がだんだん少なくなってしまってるかもしれませんが、私はまだまだいるつもりなのでお近くにいらっしゃった際は大学にお立ちよりください。

IMG_8818

江口は昨年度3回生を担当していないので4回生ゼミはもたないでいいのかと思っていましたが、他のゼミから3人受けいれることになりまして、例年通り飲み会やら3・4回生合同の合宿やら、「なんとか卒論書け」とかお説教したりでまあ本当に例年通り。

2016-03-15 19.56.58

卒論のテーマは

  • 「楽観的思考で未来をよりよい方向に持っていくには」
  • 「自分の悪習を直すためにはどうしたらよいのか」
  • 「著作権に関する諸問題:TPPを見据えて」

でした。4月からはじめて卒論まで10ヶ月しかなく、久しぶりに少人数なので、まあ勉強というよりは、じっくり人生についてみんなで考えた感じでした。それはそれなりに楽しくできたのではないかと思います。実は3人中2人は単位の関係でこの春には卒業できなかったのですが、来年度には出てもらえるのではないかと思います。就職等について考えるのもこれから。でも人生そんな急ぐ必要もないですわね。

2016-03-15 21.52.29

江口自身の勉強生活は今年は翻訳などに時間とられてちょっとアウトプット出せませんでしたが、来年度にはいろいろ成果が出るのではないかと思います。まあ50才を越えて、いいかげん高齢者だし、焦るのはやめて地道にやるべきことをやろう、のような考え方に変わってます。健康第一。ははは。

2016年度の4回生は14人(もしかすると15人)になるのでまたたいへんです。今年は3月から就活はじまっていて、がんばってくれることを期待しています。

 

ゼミニューズレター2013年度

先日卒業式があり、京都女子大学現代社会学部11期生が無事卒業しました。江口のゼミ卒業生も増えてきたこともあり、Web上ではありますがニューズレターなどを発行して、ゼミ卒業生の皆様に江口ゼミの最近の様子をお知らせしようと思います。

早くも11期生の卒業を見送る時期になりました。現代社会学部創設のときのメンバーで残っているのは7人だけで、若手教員だったはずがいつの間にか古株教員になってしまっています。

今年はいつも通り3回生〜4回生連続のゼミ13人にくわえ、前年退職された槇村先生の3回生ゼミ14人のクラスをひきついで担当しました。途中からでしたし、教えられることも槇村先生とはちがうことになってしまうので万全だったとは言えませんが、なんとか卒業してもらうことができました。

卒論テーマは以下のようでした。

  • ときめきはいつまでも:『婦人公論』で見る女性の婚外恋愛
  • 楽しく働くにはどうすればよいか:内発的動機づけとフロー理論を活かしてより良い働き方を考える
  • 生物学から見るジャニーズアイドルの魅力:イケメンの歌と踊りはなぜ多くの女性を魅了するのだろうか
  • うわさと上手に付き合うために
  • エステサロン・美容整形と自意識
  • においはどれくらい大切か:ヒトフェロモンから考える
  • しあわせは誰が決める?GDPに代わる指標から見る人間の幸福
  • 零れ落ちる命:動物福祉論から見るペット産業の問題点
  • なぜ「なるほど」は面白いのか:ユーモア生起と自尊心のケアにおける共感の可能性
  • なぜ精神障害者は許されるのか:刑法三九条の是非について
  • 映画の視覚効果:映画分析『ドラゴン・タトゥーの女』

就職は以下のようなところに決まりました。

東京海上、みずほ証券、富士キメラ総研、日興證券、パソナ、大和証券、日本カルミック、村上開明堂、杏林製薬、静銀ビジネスクリエイト、中部国際空港などです。槇村先生のゼミからは、ゼミ卒業生も働いているあいおい損保やシャルレにも就職がきまっています。

例年どおり夏に3、4回生合同で鳥取砂丘をまわって湯村温泉に行きました。今年は芦原温泉に卒業旅行にも行きました。江口としては温泉につれていってもらってたいへんよござんした。

卒業式では江口はいつものようにいつもの歌をちょっと歌い、ゼミ生主導でAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を踊りました。踊り方を簡単に説明してからのパフォーマンスで会場を巻き込むのに成功して、けっこうもりあがりました。

httpv://youtu.be/irhv8IUFz_s

httpv://youtu.be/14XDPuckHdo

この時期になると、「女の人生なにがあるかわからんよな」なんてことを考えます。ゼミ卒業生の方々も、ぜひメールやFacebook等でけっこうですので近況などお知らせください。

なお、江口は4月から1年間「国内研究員」という制度を使って、京大で研修することになりました。京女での授業はもたないので、基本的に京女の研究室などは使えません。実際には、自宅か京大でゆっくり勉強しなおしたいと思っています。時間的には余裕が有るはずですので、京都にお越しの際は一声かけてください。