シジウィック」タグアーカイブ

シジウィック先生にセックス倫理を教えてもらおう (3)

んで、ここまではまあふつう。実はこのあとがおもしろい。でももう疲れちゃったから(やっぱり訳は借りるべきだった)簡単にするです。

当時の西洋でも男性の不貞や買春は公には非難される、世間通(men of the world)の男性は、それは本当はそんな悪いもんでもない、みたいなことを言う。こういう偽善っていうか、本音と建前のように規範が二つある状態になってる。これはなぜだろうか、と。

シジウィック先生よれば、一つには、若い男性の性欲を抑えるのは実質的に無理だと(一部で、あるいは一般に)考えられていて、まあ裏でこそこそやって家族の幸福には影響ない分にはゆるしてしまっても便宜にかなっているからだ、とか言われる。もう一つには、そういうセックスが売買春のような形でやらられるぶんにはあんまり害悪がなくて、むしろ全体の幸福を増やしているかもしれない、と。買春する女性の生活も、もっと恵まれない階層の女性と比較してそんな悪いとはかぎらない、みたいなことも言われる。

ただこの(エセ)功利主義的な見方はおかしくて、それが一見してうまくいってるように見えるのは、売春者に対する厳しい道徳的非難があるから女性がそうした職業につかないためだし、不倫とかも家族の維持に支障がない程度に世論によって抑制されてるからだよ、それを忘れてはいかんよ、と。どうも功利主義的にはやっぱり夫婦間の愛情は大事だし、そのため純潔とか貞操とかって大事だよ、世間通の人々の言うようなことは実は功利主義と同じではないってな釘を刺してます。

あと不倫にまつわるセックス道徳については奇妙なことが一つあって、それは浮気とか不倫とかいやらしいものはだめだっていう感覚はものすごく強烈なのに、どっからが非難されるべき不倫かとか、どっからいやらしいものかとかってのの境界がぼんやりしていて、あんまりはっきり決まってない。同じ西洋キリスト教国でも、文化によってずいぶん違う。なんでなの、と。これも功利主義からすればうまく説明できます。不倫その他のセックスに関する不品行を引き起こす誘引みたいなのは服装とか行動とかいろいろあって、それを一律に決めることは不可能だから、だいたい邪悪なエッチな欲望を引き起こすものはつつしまれるべきだって考えられるようになって、どこからがエッチでだめなものになるかってのは時代や文化でちがってきます、みたいな。

まあこんなふうにして、常識道徳みたいなのの大部分は功利主義と矛盾しません、むしろなぜそういうことになっているのかを説明するのは功利主義です、みたいな結論になるようです。

シジウィック先生の売買春に対する見方はもうちょっといろいろありそうな気がしますね。「売春者・不倫者非難みたいなのがあるから社会がうまくまわっているように見えるのだ」みたいなところは、現代の論者だったらもっとつっこんで議論するところだろうと思います。売春者に対する道徳的非難とかどの程度正当化されるのか。一部の人を犠牲にして社会全体の幸福を増進させるってのはどうなのか、そこらへんシジウィック先生の態度がはっきり見えないところがある。おそらく功利主義的にはもっとはっきりした答がありそうではあるんだけど、まあここは常識道徳を功利主義で分析・擁護するみたいなところなのでそれ以上のことはつつしんでいるのか。

まあとにかくシジウィック先生ありがとうございました。またよろしくおねがいします。

 

シジウィック先生にセックス倫理を教えてもらおう (2)

んでシジウィック先生はまあこんな感じで、日常的な道徳観みたいなのいちいち説明していくわけです。正義とか勇気とか節制とか正直とか、昔から大事だよっていわれてる美徳、性格、行動パターンみたいなのはだいたい功利主義から見てもよいもので、社会の役に立ったり、その人自身の幸福に役立ったりする。日常道徳と功利主義はぜんぜん対立しませんよ、と。

でここで例外があるとしてシジウィック先生が注目するのがセックス、っていうかさっきの夫婦間の貞節とか純潔とかそういう美徳なわけです。シジウィック先生が生きていたヴィクトリア朝ってのはセックス道徳的には偽善的な時代で、中上流の家庭では特に女性はセックスに興味をもつな、みたいなこと言われたり、足を他人に見せるな、みたいなものすごい厳しい性道徳があり、一方では紳士様たちは夜の街で貧乏な女性たちを相手にエッチなことをしまくってた、みたいな時代なわけです。まあ誇張されてるのかもしれないけど、いろいろ資料がある。私の好きな『我が秘密の生涯』とかそういうジェントルマンの性生活日記ですね。ヴィクトリア朝とこの奇書に関してはよい本がある。

我が秘密の生涯 上 (富士見ロマン文庫 1-12)
作者不詳
富士見書房
売り上げランキング: 383,791
もう一つのヴィクトリア時代―性と享楽の英国裏面史 (中公文庫)
スティーヴン・マーカス
中央公論社
売り上げランキング: 635,505

まあ「お酒飲みすぎない」っていう節制とかそういうのが本人の幸福に役立つのは明白ですからね。飲みすぎると次の日どころか当日も気分悪くなったりするし、お金かかるし、働いたり勉強したりする気がなくなるし、口が悪くなって他人様を起らせたりするしでいいことがない。お酒はやめましょう。お酒飲み過ぎがもたらす快楽は、そのあとの苦痛や不利益に見合いません。ところがセックスは例外だ。

セックスがなんで例外的なのかっていうと、セックスは(おそらく、そして運がよければ)すごく楽しくて気持ちがいいらしいんですが、うまくやればのちのちそれほど苦痛をもたらすことはそんなにないかもしれない。こっそりやれば、配偶者や恋人にばれずに楽しみだけが増える。それなのに、ヤリチンとかヤリマンとか往々にして非難されるし、既婚者が配偶者以外の人とセックスしたりするとツイッタで炎上したりしてしまう。

ちなみにエピクロス先生はセックス消極派ですが、次のようなアドバイスの手紙を誰かに書いてる。

肉体の衝動がますます募って性愛の交わりを求めている、と君は語る。ところで、もし君が、法律を破りもせず、良風を乱しもせず、隣人のだれかを悩ましもせず、また、君の肉体を損ねもせず、生活に必要なものを浪費しもしないのならば、欲するがままに、君自身の選択に身を委ねるがよい。だが君は、結局、これがの障害のうちすくなくともどれかひとつに行き当らいわけにはゆかない。というのは、いまだかつで性愛が誰かの利益になったためしはないからであって、もしそれがだれかの害にならなかったならば、その人は、ただそれだけで満足しなければならない。

まあ「うまくやれるんならやっていいよ、でもむずかしいよ」ぐらいですかね。 エピクロス先生はいろいろ苦労したんでしょうな。

まあエピクロス先生の時代はともかく、シジウィック先生の時代はセックスに厳しい。なんでそんなに強い道徳的感情がセックス、特にいわゆる不倫にはまとわりついてるんですか。最大多数の最大快楽をめざす功利主義者は、みんなもっとばんばんセックスしよう、ってならないんですか、と。

答はまずはやっぱり子育て。子育てするための親の関係の維持は社会にとってものすごく重要なので、固定した婚姻関係からはずれたセックスはものすごく強く非難される。もし皆から非難されることがなければ、男性は結婚関係が求める拘束や負担を引き受けようとしないだろうし、男女ともに結婚関係を維持するのにふさわしくない感覚や習慣をもつようになるだろう、とのことです。まあここらへんは現代日本の人も共有してもってる思考ですわね。実は今年「倫理学」の授業で、導入としてジュリアン・バッジーニ先生の本に出てたスカーレットさんがあこがれのブラピだかと浮気する話使ったんですが 1)私はトロリー問題使わない。、そのとき「スカーレットに子供はいますか、子供いるなら浮気はだめ」みたいな意見がありましたね。

私がシジウィック先生に感心したのは、こっからあとです。引用しますかね。実は訳が一部で流通しているでそれ使いたいのですが、許諾とってないので簡単に自分でやります。

しかし……常識道徳が単純な不貞(unchastity)という不品行に関して両性の間に常においている異例な違いを説明するのは、功利主義原理のみである。というのは、こうした不品行は女性より男性の側においてより意図的なものであって、男性には女性を言い寄り口説き落したという罪が追加されることになるわけだが、女性の側では、そうした不品行は、我々が単なる情欲よりも上等だとみなす動機によってうながされているのがしばしばだからである。したがって、直観的道徳の通常基準では、男性の方がより厳しく責められるべきだ、ということになる。

男性がそういうのする場合はエッチな思いだけですることが多いけど、女性の場合はエッチなことをしたいってだけではなく、それより上等な動機、つまり(基本的には)ロマンチック愛とかからとか、精神的に愛する相手から求められてとか、そういうんだから、男の方が悪いってことになるはずだ、と。ここはいろいろ微妙だけど、まあ悪い男が誘惑したのだ、男が悪い、みたいな感じっすか。通常の道徳の基準では、動機ってのを重視するわけで、「たんにエッチしたいから、とにかく女体が好きだから」っていって不倫する男の方が、「愛しているからやむなくエッチさせる」みたいな女性より非難に値するはずなわけですよね。この男女の間の不品行の動機の違いを見ているのは、シジウィック先生とてもえらいと思いました。まあ、フェミニストねえ。

この結果が実際には反転しているということは、社会が女性の貞潔に課している高い基準を維持することで得ている、もっと大きな利益を考慮にいれることによってのみ正当化される。この基準を下げてしまうことは、親としての愛情をそそぐための男性の安心を損ってしまうことによって家族生活の根本に打撃を与えてしまう。しかし男性の不貞に関しては対応する帰結は存在しない。だから男性の不貞は、家族の幸福を損うことはあっても、家族の成立そのものを損なうことなく、かなりの程度おこなわれているのである。

まあ前に書いたヒューム先生 2)あれ、書いてなかったっけ? と同じように、女性にのみ貞操を求める傾向があるのは、父性の保証のためっていうラインですね。現在の進化心理学とかでも主流のライン。

もうちょっと続きます。

References   [ + ]

1. 私はトロリー問題使わない。
2. あれ、書いてなかったっけ?

シジウィック先生にセックス倫理を教えてもらおう (1)

 

シジウィック先生が我々の性道徳を分析しているのは、『倫理学の諸方法』第4巻第3章「常識道徳に対する功利主義の関係」と題されたところです。この『倫理学の諸方法』ってのはものすごい名著で、まあ倫理学の重要な問題のかなりが議論され、答え出されちゃってるような本です。なんかあったらシジウィック先生に相談しましょう。

あんまりモテそうでない

シジウィック先生は道徳理論としては功利主義押しなのですが、功利主義って例の「最大幸福」を目指す立場でありまして、我々の日常的な道徳感覚とずれてるんちゃうか、っていう批判がある。シジウィック先生は、いや我々のふつうの道徳感覚のほとんどは功利主義でも説明できるし、むしろ功利主義的に説明した方がよく理解できるよ、ぐらいの感じ。ちょっと書きすぎだけど。

確認しますが、功利主義ってのは、基本的には誰の幸福や不幸をも平等に考えて、全体として幸福や利益が最大になるようにしましょう、って考え方です。ものすごく博愛的。すると、「誰でも平等に考えるって、自分も家族もそこらへんの赤の他人の幸福や利益をまったく同じに考えるんかいな、なんでそこらへんの汚いおっさんとかわいいうちの娘の幸せを同じに考えなきゃならんのだ。自分と家族が一番に決まってるではないか!」みたいな反論があります。ひどい人なんかは「自分や家族に対する愛情は偏った愛(偏愛)だから、功利主義しゃは家族愛とか弱めなきゃならんことになるだろう」みたいなことを言ったりする。シジウィック先生から100年以上経過しても同じようなこと言う倫理学の専門家とかいます(特に「ケア」とか好きな人々)。まったく困ったものです。

シジウィク先生は上のようなのは馬鹿げていると考えている。まず第一に、我々個々人がもってる資源やエネルギーってのは限られているので、人々を幸福にするためにはそれを効率よく使わないとならん。たくさんいる他人を幸福にするより、自分を幸福にする方が簡単なので、自分のエネルギーはまずは自分を幸福にするのに使うのがよい。他人がなにすると幸福になるかっていうのはわかりにくいけど、自分ならわかりやすいはずですからね。もちろん、自分がちょっと犠牲になると他のひとが幸福になる、てんならそうするべきだし、賞賛されるべきではある。

んで問題の家族愛とか友人愛とかですが、家族や友人などの特別な親しい関係っていうのは我々の生活のなかでとても大事で、我々はそうした愛情は自然なものだ。まあ個人の幸福のかなりの部分(あるいはほとんど)はそういう関係から得られるものなので、そうした関係は大事にしないとならない。我々は家族や友人に対して特別親切にする義務を感じるし、そうした愛情や親切その他は関係を強化する傾向がある。残念なことに我々は数限られた人にしか情愛を感じられないようで、もしそうした限られた人々への愛情を弱められてしまえば、残る関係の薄い人々への親切心なんてのは、自分の利益に対する利己的な欲望に勝てるほど強いものじゃない。だから誰にも親切にしません、みたいになってしまう。結果として幸福の量が減っちゃう。だから功利主義者も「家族友人は大事にしましょう」って言うし、大事にするような傾向をもつような養育や教育もするべきだ、って言うに決まってる。

ところが、上では「愛情」ってのが重要なわけだけど、我々の日常道徳では、仮にすでにあんまり愛情をもってない家族の間でも助けあう義務があるとされている。これどうなってんの、という話もある。シジウィック先生の答は、家族制度っていうのは子供を養育するためのものだ、ってものになる。人々が幸福に生きられる社会が成立するには子供が一定数いなければならず、養育に手間がかかるので、家族をしばりつけとくのは全体としては幸福を増進すると考えられる。シジウィック先生はヴィクトリア朝の人なので非常に保守的な家族観にもとづいて話をするわけですが、まあ法によって両親を生涯に渡ってしばりつけて双方の貞節と子供の養育を義務づけるのは理にかなってる、と。ただしその一部、つまり男女が生涯にわたって結びついて貞節を守る、つまり浮気や不倫しないことが本当に必要なのか、みたいな疑問が出てくるってのはシジウィック先生は理解していて、そこも議論するわけです。