倫理学の入門書

前にも書いたんですが、学生様に倫理学の入門書ガイドを出す必要があって作ってみました。あんまりよい本がない……

実は倫理学は政治哲学ほとんど同じ学問です。倫理学の人は文学部で、政治哲学の人は法学部や政経学部 とかで勉強したという違いがあるだけ。


  • 伊勢田哲治 (2008) 『動物からの倫理学入門』,名古屋大学出版会.
  • 神島裕子 (2018) 『正義とは何か:現代政治哲学の 6 つの視点』,中央公論新社.
  • 児玉聡 (2012) 『功利主義入門』,ちくま新書.
  • 佐藤岳詩 (2021) 『「倫理の問題」とは何か:メタ倫理学から考える』,光文社.
  • 品川哲彦 (2015) 『倫理学の話』,ナカニシヤ出版.
  • (2020) 『倫理学入門:アリストテレスから生殖技術、AI まで』,中央公論新社.
  • 柘植尚則 (2021) 『プレップ倫理学 増補版 (プレップシリーズ)』,弘文堂.
  • ジョナサン・ウルフ (2000) 『政治哲学入門』,晃洋書房.
  • デイヴィッド・エドモンズ (2015) 『太った男を殺しますか?』,太田出版.
  • マイケル・サンデル (2010) 『これからの「正義」の話をしよう:いまを生き延びるための哲学』,早川書房.
  • アダム・スウィフト (2011) 『政治哲学への招待:自由や平等のいったい何が問題なのか?』,風行社.
  • ジョナサン・ハイト (2014) 『社会はなぜ左と右にわかれるのか:対立を超えるための道徳心理学』,紀伊國屋書店.
  • ジョナサン・ハイト (2011) 『しあわせ仮説:古代の知恵と現代科学の知恵』,藤澤隆史・藤澤玲子訳,新曜社.
  • ジュリアン・バッジーニ (2012) 『倫理学の道具箱』,共立出版.
  • ジュリアン・バジーニ (2015) 『ビッグクエスチョンズ 倫理』,ディスカヴァー・トゥエンティワン.
  • マイケル・トマセロ (2013) 『ヒトはなぜ協力するのか』,勁草書房.
  • (2020) 『道徳の自然誌』,勁草書房.
  • デイヴィッド・ミラー (2019) 『はじめての政治哲学』,岩波書店.
  • ジェームズ・レイチェルズ (2003) 『現実をみつめる道徳哲学:安楽死からフェミニズムまで』,晃洋書房,古牧徳生・次田憲和訳.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。