trans」タグアーカイブ

トランスジェンダーについての基礎知識

めくってみているDavid C. Geary (2021) Male, Female: The Evolution of Human Sex Difference, 3rd ed.っていうのにトランスジェンダーの人々についての基礎知識があったので、Emacsのorg2blogってのでwordpressを書くテストをかねてメモあげてみます。

  • ジェンダーアイデンティティ = 自分のジェンダーについての当人の心理的感覚。99%以上は誕生時の性別に一致。
  • トランスジェンダーの人は生まれつきの性別がジェンダーアイデンティティと合ってない人。(ただし男女以外の場合もある。ノンバイナリー、ジェンダー流動的、ジェンダークィアなど)。
  • さまざまな文化で性別に典型的でないふるまいをする人々を記述する言葉がある。
  • ジェンダー違和(gender dysphoria 性別違和)、異性として見られ受けいれられたいという強い欲求をもつ人々がいる。
  • 性別に応じた典型とちがうふるまいをする子供は多い(男児の3%、女児の5%程度)が、これは生まれの性別に対する違和感とはまたちがったもの。
  • 1〜2%の子供が異性になりたいと語ることがあるが、これもトランスジェンダーとはちがう。このなかの85%程度は、思春期から青年期には異性になりたいと望むことがなくなる。一部は生まれの性別にとどまりつつホモセクシュアル・バイセクシュアルと自認するようになる。
  • 子供時代から性別違和を感じている人々は「早期型」性別違和者。子供時代から性別に非典型的な振舞をし、ホモセクシュアルになる傾向がある。
  • 成長してから性別違和を訴える「後期型」は圧倒的に生まれは男性。子供時代にはさほど強い性別違和はなく、しばしばヘテロセクシュアルであり、人生のけっこうな部分をヘテロセクシュアルとして生活した経過をもつ。この種の人々の一部は自分自身が女性であると想像することに関して性的興奮をおぼえることがあり、Blanchardという研究者は自己女性化嗜癖autogynephiliaと名づけたが、これはけっこうな論争になる。
  • 成人期の性別違和は子供時代よりずっと少ない。あるメタアナリシスでは、14,705人に1人がトランス女性。トランス男性はもっと少なく、38,461人に1人。ただしこれは医療機関に相談した人々の数なので、かなり過小評価になっているかもしれない。
  • 近年、性別違和を訴える青少年が増えているが、一般的な認知が普及したから周りの人々ににそうしたことを告げやすくなったためか、あるいはマスコミ等の影響でそう感じる人が増えているのかは不明。

これくらい。あっさりしてますが、まあこの手の情報さえあんまり流れてなかったりするから。

英語圏ではトランスジェンダーの人々や、そうした人々に対する差別みたいなのについての論争がかなり長く続いていて、国内のネットでもここ数ヶ月けっこう激しいやりとりが続いているようですが、セックスなんかについての話は、ネットにあるブログ記事とかあさる前に、まずはちゃんとした教科書やハンドブックみたいなものを見て基本を確認しておきたいように思います。

関連記事はこっち。

Rathus先生たちの「ジェンダーアイデンティティ」解説

2005年の教科書記述で、すでにちょっと古くなってしまっているのですが、Spencer A. Rathus, Jeffrey S. Nevid & Leis Fichner-Rathus, Human Sexuality in a World of Diversity, 6th ed., 2005のp.175からの項目を江口聡 eguchi.satoshi@gmail.com が勝手に訳したもの。著作権クリアしておいません。版も古いです。だれかいっしょに訳出しませんかね。出版社はどこに相談したらいいかなあ。医学系のところじゃないとだめだわね。新しい版はずいぶん変わってる。


ジェンダーアイデンティティ

Q: ジェンダーアイデンティティとは何でしょうか? 私たちのジェンダーアイデンティティは、男性であるとか女性であるとかといった意識や感覚であり、私たちの自己概念の最も明白で重要な側面です。あとで見るように、ジェンダーアイデンティティはふつうの人の解剖学的な性と一致しますが、必ずしもそうではない場合があります。性割り当て(ジェンダー割り当てとも呼ばれます)は子どもの解剖学的な性を反映しており、通常は誕生時におこなわれます。子どもの性別は両親にとって重要なので、手や足の指を数える前にまず「男の子?それとも女の子?」と知りたがるものです。

ほとんどの子どもは生後18ヶ月ぐらいのときに自分の解剖学的な性別を意識するようになります。生後36ヶ月までには、ほとんどの子どもはジェンダーアイデンティティについてしっかりした感覚を獲得します(Rathus, 2003)。

ジェンダーアイデンティティにおける生まれと育ち

Q: なにがジェンダーアイデンティティを決定するのでしょうか?生物学的に胎児期の性ホルモンによって、私たちの脳は男性的になるか女性的になるか生物学的にプログラムされているのでしょうか? 出生後の学習経験などの環境が私たちが男性であるとか女性であるといった自己概念を形成するのでしょうか? あるいは、ジェンダーアイデンティティは生物学的影響と環境影響を混ぜあわせたものを反映しているのでしょうか?

ジェンダーアイデンティティはほとんど常に染色体の性別と一致します。しかし、そうした整合性はジェンダーアイデンティティが生物学的に決定されていることを確証するものではありません。私たちは解剖学的な性別にしたがって男性あるいは女性として育てられる傾向もあります。それでは、生まれと育ち、生物学と環境の役割を洗い出すことができるでしょうか?

研究者たちは、手掛かりをインターセクシュアルという稀な人々の経験に見つけだしました。インターセクシュアルの人は、一方の生殖腺をもってはいるものの、外性器が曖昧であったり、反対の性の外性器である人々です(Zucker, 1999)。インターセクシュアルはときどき反対の性(染色体の性とは別の性)として育てられることがあります。研究者が不思議に思ったのは、こうした子供たちのジェンダーアイデンティティは、染色体や生殖腺の性を反映するのか、それとも誕生の際に割り当てられ、それにしたがって育てられた性を反映するのか、という点でした。先に進む前に、真のハーマフロダイト(両性具有)とインターセクシュアルを区別しておくことにしましょう。

遺伝学的な性にかかわりなく、ハーマフロダイトの人は、誕生の際に割り当てられたジェンダーアイデンティティとジェンダー役割を引き受けることがしばしばです。図6.3は、右の精巣と左の卵巣をもった遺伝学的女性(XX)です。この人はしっかりした男性のアイデンティティをもちながら結婚して義理の父親になりました。しかしながら、生物学と環境の役割はもつれあっています。というのは、真のハーマフロダイトの人は、両性の生殖腺をもっているからです。

真のハーマルフォダイトは非常にまれです。もっと普通なのはインターセクシュアルで、新生児1000人に1人ほど存在します。インターセクシュアルの存在は、科学者にジェンダーアイデンティティの形成にあたって生まれ(生物学)と育ち(環境)が果たす役割を確かめる機会をもたらしました。インターセクシュアルの人は睾丸あるいは卵巣のどちらかをもっていますが、両方はもっていません。ハーマフロダイトとはちがい、インターセクシュアルの生殖腺(精巣あるいは卵巣)は、染色体の性に合致しています。しかし、出生前のホルモンのエラーによって、身体内部の生殖器が曖昧であったり、異性のものに似ていたりするのです。

女性のインターセクシュアルで一番よく見られるものは、congenital adrenal hyperplasia (CAH)で、遺伝学的女性(XX)が女性の身体内性的構造(卵巣)をもっており、しかし男性化した外性器をもっている、というものです(Barenbaum & Hines, 1992; Migeon & Donohue, 1991; Zucker, 1999)。クリトリスが肥大して、小さなペニスのようになります。この症状は、男性ホルモンが過剰に分泌されたことによります。一部の例では、胎児自身のアドレナリン腺が過剰な男性ホルモンを作りだすことがあります(アドレナリン腺は通常は男性ホルモンは低いレベルしか作りません)。また別の一部では、妊娠中に母親が合成男性ホルモンを摂取したという場合もあります。副作用が知られる前の1950〜60年代には、流産を繰り返す女性に対して、流産を防ぐために合成男性ホルモンが投与されたことがあります。

スウェーデンの研究者Anna Sevinとその共同研究者たち(2003)は、CAHの2才から10才の26人の少女およびそれと同年齢のCAHをもたない26人の少女を比較して、ジェンダー的行動と関心を調べました。CAHの少女はよりも、自動車などの男の子らしいオモチャを好み、人形のような女の子らしいオモチャを好みませんでした。CAHの少女はまた、男の子を遊び仲間にし、男の子っぽい職業を望んでいました。CAHの娘をもつ親は、そうでない娘をもつ親よりも、娘の行動を「男の子っぽい」と評価しましたた。研究者は、少女の親が子供の遊びに影響を与えた証拠を見いだせませんでした。Servinと共同研究者たちはこの結果を、ホルモンがCAHのある少女とそうでない少女の間の違いに寄与していることを支持するものだと解釈しました。

インターセクシュアルのもう一つのタイプであるアンドロゲン不応症 androgen-insensitivity syndrome にはさまざまなものがあります。一つは、遺伝学的に男性(XY)である人が、遺伝子変異により、胎児期に通常より低い男性ホルモンへの反応性しか示さないことがあります(Adachi et al., 2000; Hughes, 2000)。その結果、性器は正常に男性化しません。こうした人の外性器は出生の時点では女性化されており、小さな膣をもっていたり、精巣が下降していなかったりします。男性ホルモンに反応しないので、こうした男性の輸送管システム(精巣上体、精管、精嚢、排出管★)は発達しません。しかしながら、胎児の精巣はMullerian inhibiting substance (MIS)を作り出し、子宮や輸卵管の形成を阻害します。男性ホルモン不反応症候群の男性は、陰毛や腋毛が薄いか発毛しません。これらの部位の発毛は男性ホルモンに左右されるからです。

不全型アンドロゲン不応症の少女もまたインターセクシュアルとなります。不全型アンドロゲン不応症(PAIS)や完全型アンドロゲン不応症(CAIS)は、女児2000〜5000人に対して1人の割合です。この症状は、X染色体が1本しかないか、あるいはXX染色体構造はもっているがその染色体の一部を失なってしまった女児にあらわれます。CAISの女児は典型的な女性の外性器を発達させますが、内性器は発達しないか、正常に機能しません。対照的に、PAISの女子は男性化した外性器をもち、男の子として、そして時に女の子として育てられます。Melissa Hineと共同研究者による研究では、CAISでX染色体を1本しかもってない22人の女性を、同数の正常なXX染色体構造の女性と比較しました。CAIS症状の人とそうでない人の間には、自己評価、一般的な心理学的幸福感、ジェンダーアイデンティティ、性的指向、ジェンダー的行動パターン、結婚状態、パーソナリティ特性、利き手などについて差はありませんでした。Hinesたちは、X染色体2本と卵巣をもつことは、人間において女性的な行動を発達させるには本質的ではないと結論しました。

ドミニカ症候群 Dominican Republic syndromeがはじめて記録されたのは、ドミニカ共和国の2つの村で18人の少年についてです(Imperato-McGinley et al., 1974)。ドミニカ症候群は、遺伝的な酵素異常で、テストステロンが外性器を男性化するのを阻害します。男児たちは正常な精巣と内性器をもって生まれますが、外性器は正常に形成されません。ペニスは成長せずクリトリスに似ています。陰嚢は完全に形成されず、女性の大陰唇に似ています。男児らは部分的に形成された膣ももっています。男児たちは出生時には女児に似ているため、女性として育てられます。しかし思春期には、精巣が正常にテストステロンを分泌し、驚くような変化が生じます。彼らの睾丸は下り、声変りし、筋肉組織は盛り上がり、「クリトリス」はペニスの大きさになります。女児として育てられた18人の男児のうち、17人は男性としてのジェンダーアイデンティティをもつようにりました。18人のうち16人はステロタイプな男性的性役割を受けいれました。残りの2人のうち、1人は男性としてのジェンダーアイデンティティを採用しましたが、ドレスを着るといった女性的な性役割を維持しつづけました。もう1人は女性としてのジェンダーアイデンティティを維持して、のちに思春期の男性化を「修正する」ために性割り当て手術を求めました。女の子として育てられたのにもかかわらず、これらの人のほとんどすべては男性的な役割に問題なく移行しました。これはジェンダーアイデンティティにおける生物学的要因の本質的な重要性を示唆しています(Bailey, 2003b)。

多くの科学者の結論では、ジェンダーアイデンティティは生物学的要因と心理社会的要因の複雑な相互作用によって影響されていいます。しかし、「複雑な相互作用」アプローチは、生まれ(生物学的要因)と育ち(心理社会的要因)のどちらがより重要か、という難問を避けることができたのでしょうか?生まれに力点をおけば、個人の選択の役割を減らすことになり、多大な政治的含意をもつことになります。心理社会的要因に相対的に大きな比重を置く人もいますが(Bradley et al., 1998; Money, 1994)、生物学的要因の役割を強調する人々もいます(Collaer & Hines, 1995; Diamond, 1996; Legato, 2000; Servin et al., 2003)。しかしながら、「女児として育てられた男児たち」についての「もっとよく見てみよう」コラムにあるように、新生児は心理性科学的に中立であり、ジェンダーアイデンティティは主に環境要因に依存するという理論は、近年「厳しい道」を歩んでいます。

読者が人間の性とジェンダーアイデンティティの起源にまつわる複雑な諸問題を十分学んでしまったと思ったら、クロコダイルのことを考えてみましょう。クロコダイルの卵は性染色体をもっていません。子供の性は、卵が発育する温度によって決定されます(Ackerman, 1991)。オスは暑いのを好み(少なくとも華氏90度)、メスは寒いのを好むわけではないですが、華氏80度以下を好みます。

トランスセクシュアル

1953年に、「性転換手術」を受けるためにデンマークに行った元下士官が新聞記事を飾りました。彼女はクリスティン(もとはジョージ)・ヨーゲンセンとして知られるようになりました。それ以来、何千人ものトランスセクシャル(トランスジェンダーとも呼ばれます)の人が性再割り当て手術を受ています。Q: トランスセクシャルとはなんでしょうか?

トランセクシャル(transsexualism)とは、ある人は異性の解剖学的な特徴をもち、異性として生活したいと願うことです。多くのトランスセクシャルがホルモン治療や、異性の典型的な外性器の見掛けにする手術を受けています。こうした手術は、より性格にいうと、女性から男性のトランスセクシャルよりは男性から女性へのトランスセクシャルでおこなわれることが多くなっています。手術のあとには、性的活動に参加してオーガスムさえ得ることができます。ある研究によると、「ニューウーマン」の2/3のが性的活動の間にオーガスムを得ています(Schroder & Carroll, 1999)。しかし、彼女たちは妊娠したり子供を生んだりすることはできません。

トランスセクシャルの人はなぜ異性として生活したいのでしょうか? John Money (1994)によれば、トランスセクシャルはジェンダー違和感(gender dysphoria)を経験しています。つまり、そうした人たちは、性器の解剖学的特徴と、自分のジェンダーアイデンティティやジェンダー役割の不一致を経験しています。トランスセクシャルの人々は、一方の解剖学的性をもっていますが、異性の一員だと感じるのです。この食い違いから、この人々は自分のもともとも性的特徴(外性器や内性器)を取り除き、異性の一人として生活したいと感じるのです。男性から男性のトランスセクシャルは自分をなんからの運命のいたずらによって、まちがった性器をつけられた女性だと思います。女性から男性のトランスセクシャルは、自分を女性の体に捕われている男性だと感じます。

Ray Blanchard (1988, 1989)とJ. Michael Bailey (2003a, 2003b)は別の見方をしています。トランスセクシャルの人への広範な調査に基づいて、女性になることを求める人々は、さらに別のカテゴリーに分類されると主張しています。つまり、極端に女性的な男性と、女性になるというアイディアによって性的に興奮する人々です。第一のカテゴリーにはBlanchardが「同性愛的トランスセクシャル」と名づける人々——極端に女性的なゲイであり、他の男性との性的活動によっては完全には満足できない人々——も含まれます。第二のカテゴリーは、「オートジネフィリックautogynephilic自分が女であることを好む」、つまり、自分の身体が女性であるという空想によって性的に刺激される人々を指します。

トランスセクシャルがどの程度一般的であるのかは不明のままですが、かなり稀であると考えられています。米国のトランスセクシャルの数は5万人以下と見つもられています。性再割り当て手術を受けた人は2万人未満です(Jones & Hill)。

同性愛的トランスセクシャルは通常、幼い子供のころから遊びや衣服についてジェンダーをクロスした好みを見せます。記憶に残っているかぎり、自分は異性に属していると感じていたと報告する人もいます。男性から女性のトランスセクシャルの人々が回想するところによると、子供のころ、人形で遊ぶのが好きで、フリルのついたドレスを着るのを楽しみ、荒っぽく転がりまわるような遊びを嫌っていました。こうした人々は仲間からしばしば「おんなおとこ sissy boy」とみなされていました。女性から男性へのトランスセクシャルの人々によれば、子供のころはドレスが嫌いで「おてんばtomboy」としてふるまっていたということです。こういう人々は「男の子の遊び」が好きで、男の子といっしょに遊びました。女性のトランスセクシュアルは男性のトランスセクシュアルより適応するのに苦労しないようです(Selvin, 1993)。「おてんば」は「女男」より仲間に受けいれやすいと感じています。大人になってからも、女性のトランスセクシュアルは男性の衣服を着て、ほっそりとした男性だとして「パス」する方が、筋骨たくましい男性が体格のよい女性として「パス」するより簡単かもしれません。

性再割り当て

外科手術は性再割り当ての一要素です。手術は不可逆なので、医療関係者は、再割り当てを求める人がそうした決断をする能力があり、その帰結を徹底的に考えたのかを細心の注意をもって検討します。医療関係者は通常、トランスセクシュアルの人が手術の前に、オープンに異性として生活できないか、さらにしばらくの間試験的に生活することを要求します。

いったん決定に到達したら、生涯にわたるホルモン治療が始まります。男性から女性へのトランスセクシュアルの人は女性ホルモンを受け、それが女性の第二次性徴を発現させます。胸と臀部に脂肪を堆積し、肌を柔らかくし、ヒゲの育毛を抑制します。女性から男性のトランスセクシュアルは男性ホルモンを受け、それが男性の第二次性徴を発現させます。声が低くなり、体毛が男性のパターンにしたがって発毛し、筋肉が増大し、胸と臀部hhhnnnnの脂肪が少なくなります。クリトリスももっと大きくなります。男性から女性へのトランスセクシュアルの場合、声のピッチを上げるために「音声手術」をおこなう場合もあります。

性再割り当て手術は大分美容的(cosmetic)なものです。医学では内性器や生殖腺を構築することはできません。男性から女性への手術は一般に女性から男性への手術よりもうまくいきます。まずペニスと睾丸が除去されます。ペニスからの組織が人工ヴァギナの場所におかれ、感覚神経末端が性的感覚を与えるようにします。治療の間、ペニスの形をしたプラスチックかバルサ材でヴァギナの形を維持するように使われます。

女性から男性への場合、内性器(卵巣、輸卵管、子宮)と胸部の脂肪組織が除去されます。FtMトランスセクシャルのなかには、人工的なペニスを構築するペニス形成術 phalloplasyを受ける人もいます。しかしこのペニスはあまりよく機能せず、手術には高額の費用がかかります。それゆえ、ほとんどのFtMトランスセクシャルは子宮摘出、乳房切除、テストステロン療法で満足します(Bailey, 2003b)。

将来の極端な医療的介入のことを考えて、手術を受けることをためらうトランスセクシャルの人がいます。また、ハイステータスな職業経歴や家族関係を危うくしないために手術を控える人もいます。こういう人々も、手術をしないとしても、自分は異性の一員だと考えつづけます。