セックス同意年齢の問題(4) 強制の問題

年齢が判断能力のだいたい(一応信頼せざるをえない)目安になるように、年齢差が強制や搾取のだいたいの(一応信頼できる)目安になるのかどうか 、という問題について、Wertheimer先生の分析はわかりにくいところもあるけど以下のような感じ。

まず「強制」coercionと「搾取」 expoitation はしばしば混同されるんですが、これはいちおう違う概念すね。でもどう違うかというのはかなりずうかしいところがある。基本的に強制というのは、当人がやりたくないことを(なんらかの強制力、たとえば暴力、脅し、罰など)によってやらせることですね。強制的な人間関係は、一方が他方にやりたくないことをやらせ、やりたいことをやらせないので、虐待的な関係でもあります。強制は明白にいくない!

一方、搾取はかならずしも強制的でなくても搾取的な関係ということがありえる。たとえば、経営者が時給1000円で労働者を雇って仕事してもらうんだけど、そのとき、その労働者一人で1時間に10万円ぐらいぶんの働きをしているのに、1000円しか払わず、残りの9万9千円ぐらいを経営者が自分のポケットに入れたらこれは搾取的だ、って判断するひとが多いとおもう。でも労働者の方は一人では10万円どころか500円も稼ぐことができないので、経営者の言うことにしたがって働かざるをえない、みたいなのがまあ典型的な搾取ですね。(搾取についてはSEPのワートハイマー先生の記事をゲリラ訳したことがあるのでそっち見てください)労働者はその会社で働くことを強制されているわけではない(「いやならやめてもらって結構だよ、他にも君のかわりはたくさんいるから」)。やりたくないことをやらされているとか、やりたいことを禁じられているとこかではないけど、それでもこの経営者と労働者の関係には道徳的に不正なところがありそうだ、ってなことになるわけです。

強制

んでもどって、まず年の差恋愛セックス関係が強制を含むかどうか、特に同年代恋愛セックスに比較してそうなのか。

これはむずかしくて、そのむずかしさの大部分は経験的・事実的な問題であるように思います。たしかに年の差があった方が、知識や経験や社会的な地位や影響力のちがいがあって、年上の方が年下の方に強制することは簡単そうに思える。おそらくそうした強制をする邪悪な連中はたくさんいるし、男性にそういうのが多いだろうっていうのもまあいろんな観察からそうだろうと私も思います。

まあしかし、強制的なセックスは年齢関係なくそれ自体問題というか、強制的で当人の意に反したセックスはそもそも年齢差にかかわらずレイプですわよね(「暴行・強迫によって」みたいなのは意に反していることを確認するための条件にすぎないと解釈してよいと思います)。年齢が近いとOKなセックスだけど、年齢が離れているだけでレイプになる、みたいなのはちょっと考えにくい。

まあこういうケースは、年上男vs年下女という、ごく一般的にありそうなケースについて考えているわけですが(他のケースもいろいろありえるけどまあとりあえず)、女子の側から見ると、 交際する男子との年齢が近い方が女子が関係をコントロールする力をもちやすい 、というのも言えそうですよね。逆に年が離れるとコントロール力・発言力を失なう。でもここらへんは証拠があまりない、っていうふうにワートハイマー先生は言います。ここはむずかしいですね1

ごく一般的な通念(偏見を含む)だと、一般に若年のあいだは女子の方が心理的な発達が早くて、1、2才年上の男子とつきあうのはごくふつうというか、そこらへんと精神的につりあってるという感覚はあるのかもしれない。職業柄、「同級生とかこどもっぽくてだめでした」みたいなことを聞くことはいまだによくあります。支配的な傾向を感じさせる女子(つまり気の強い系女子)のなかには「いつも年下とつきあってますね」みたいなのもけっこういたりする。まああんまり関係ないか。

年齢差が大きいと、 女子(若年者)の判断が歪められやすい 、というのもあるかもしれない。これはありそうな話で、まあ年少者という人々は年長者や権威者の言うことをまにうけたり盲目的にしたがったりしやすいものです。これはむずかしいですね。大人になってからも認知の歪みやら、権威への盲従やら、多数派への同調みたいなのは起こるわけだし、自分たちの子供時代やそれ以降の過去を思い出しても非常に奇妙な思考法をしてしまう時期はあるものです。もしそうした思考の歪み、認知の歪みを意図的にひきおこそうとするなら「洗脳」と呼ばれてもしょうがないし、意図的じゃなくてもそういうことになってしまう関係というのはあると思う。教員・教師や楽団や演劇やスポーツチームのコーチとか、そういう立場にある人間はいろいろ考えてみないとなりませんね。そして、そうした年の差や地位の差による洗脳や強制の可能性が非常に高いのなら、そして一般にセックスにまつわる危害の危険性が高いのなら、そこらへんをピンポイントでターゲットにする規制をおこなうことが正当化されるかもしれない。(もっとも、そうした地位や権力もつ人については、すでに児童福祉法の第34条の6項で「児童に淫行させる行為」が禁じられてるみたいですね。各種の淫行条例みたいなのもあるし)あとワートハイマー先生は、女子どうしの地位争いの結果として判断が歪められるケースがあるかもしれない、みたいなことを書いていてちょっと興味をもちました。一部の女子の間では、かなり年の離れた男子と交際することがステータスみたいになる場合があるわけですよね。それが判断を誤らせることもあるのかもしれない。

脚注:

1

そもそも、男女の年齢が離れていると女子の方の発言力が減じるというのは本当だろうか?むしろ年の差があった方が女子の発言力は増える、男子のご機嫌を伺う必要が減る、女子はわがままいい放題、みたいなところがあるんじゃないかと思うんですが、どうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。