ブックガイド:性風俗産業の実態に関する書籍

某授業用のブックガイド。作成中。


現在の性風俗産業の実態をおそらくかなり正確に描いているのはおそらく中村敦彦。ただしかなりクセのあるジャーナリストではあるので注意も必要か。数が多いが、どれか1冊読めばよいだろう。

風俗嬢自身、元風俗嬢によるものも多い。水嶋かおりんによるものは志が高く洞察も深いと思われる。

他に酒井あゆみのものなどが読み物として売れている。

学術的な意識調査としては、若干古いが、次のものが優れていると思われる。

ポット出版からの次の2冊は、セックスワーカーの立場からの発言集で高い価値がある。

性風俗・性産業の歴史は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。