恋愛・結婚・セックスについて最低限読んでほしい本

まず読みましょう

古典

恋愛と結婚

モテ・ナンパ

性暴力

出会い


参考文献

  • 麻生一枝 (2010) 『科学でわかる男と女の心と脳』,ソフトバンク.
  • 越智啓太 (2015) 『恋愛の科学:出会いと別れをめぐる心理学』,実務教育出版.
  • 金政祐司・相馬敏彦・谷口淳一 (2010) 『史上最強図解 よくわかる恋愛心理学』,ナツメ社.
  • 小林盾(編) (2019) 『変貌する恋愛と結婚:データで読む平成』,新曜社.
  • 小谷野敦(編) (2003) 『恋愛論アンソロジー:ソクラテスから井上章一まで』,中央公論新社.
  • 小谷野敦(2012) 『日本恋愛思想史:記紀万葉から現代まで』,中央公論社.
  • 谷本奈穂 (2008) 『恋愛の社会学:「遊び」とロマンティック・ラブの変容』,青弓社.
  • 松井豊 (1993) 『恋ごころの科学』,サイエンス社.
  • 和田実 (2005) 『男と女の対人心理学』,北大路書房.
  • トニー・クリンク (2005) 『確実に女をオトす法則』,大沢章子訳,主婦の友社.
  • ロバート・スタンバーグ/カリン・ヴァイス (2009) 『愛の心理学』,北大路書房.
  • スーザン・ヘンドリック・クライド・ヘンドリック (1998) 『恋愛・性・結婚の人間関係学:親密関係の社会臨床心理学ハンドブック』,斉藤勇訳,乃木坂出版.
  • E. ハットフィールド/ W. G. ウィリアム (1999) 『恋愛心理学』,斎藤勇訳,乃木坂出版.
  • デヴィッド・M. バス (2000) 『女と男のだましあい:ヒトの性行動の進化』,狩野秀之訳,草思社.
  • デヴィッド・M. バス (2001) 『一度なら許してしまう女 一度でも許せない男:嫉妬と性行動の進化論』,三浦彊子訳,PHP 研究所.
  • パロット,A. (2005) 『デートレイプってなに?:知りあいからの性的暴力』,大月書店,冨永星訳.
  • エレン・ファイン (1997) 『THE RULES:理想の男性と結婚するための 35 の法則』,田村晶子訳,ベストセラーズ.
  • ヘレン・フィッシャー (1993) 『愛はなぜ終わるのか:結婚・不倫・離婚の自然史』,吉田利子訳,草思社.
  • ヘレン・フィッシャー (1998) 『結婚の起源:女と男の関係の人類学』,伊沢紘生・熊田清子訳,どうぶつ社.
  • スーザン・S. ヘンドリック (2000) 『「恋愛学」講義』,斉藤勇・奥田大三訳,金子書房.
  • ジェフリー・ミラー (2002) 『恋人選びの心:性淘汰と人間性の進化』,長谷川眞理子訳,岩波書店.
  • ジェフリー・ミラー/タッカー・マックス (2022) 『モテるために必要なことはすべてダーウィンが教えてくれた:進化心理学が教える最強恋愛戦略』,寺田早紀・河井隼雄訳,SB クリエイティブ.
  • バートランド・ラッセル (1996) 『ラッセル結婚論』,安藤貞雄訳,岩波書店.
  • ランディ・ソーンヒル/クレイグ・パーマー (2006) 『人はなぜレイプするのか:進化生物学が解き明かす』,望月弘子訳,青灯社.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。