セックス同意年齢の問題(1) Wertheimer先生の変な空想事例

なんかどっかの政党の委員会みたいなので議員が不適切な発言をしたとかでもりあがっていますね。性犯罪に関する各種法律を考えなおすにあたって、セックス(性交)同意年齢みたいなのを引き上げようという動きがあって、反対意見もある、みたいな感じですか。現在日本では13才だけど、16才ぐらいにしようっていう案が出てるのかな?

同意年齢についてのあらましはWikipediaでも見てもらえばいいと思う。

同意に関してはセックスだけでなく医療や医学実験なんかでもいろいろ議論されているところで、法律的にも哲学的にもものすごくおもしろいところですね。私も軽いインチキ論文を書いたことがあります。

この論文で、医療における「インフォームドコンセント」と同じような考え方をするには、有効な同意には (1) 同意能力、(2)十分な情報とその理解、(3) 自発性の三つが必要ですよ、でもセックスの問題をそうやって考えるといろいろむずかしいですね、みたいな話をしたんですが、セックス同意年齢の問題は主に(3)の同意能力 (competence) にかかわる。子供は理解力がないのでまともな判断をすることができないので、子供はセックス禁止で、子供とセックスしようとする奴は罰しましょう、っていうのが筋です。まあこれ自体は問題がないというかあんまり争いはないんだけど、んじゃいったい何歳ぐらいからセックスに対する同意が可能だと考えますか、という問題ですね。

同意能力が問題になるのは、子供(年少者)が中心ですが、酔っ払ったり薬物の影響下にあったりして正常な判断ができるのか怪しいような状態の人々に関するものもあります。どっちもいろんな事件があって、人々の関心をひいてますね。あともうひとつ大きいのが知的・精神的な障害を負っている人々に関するものですが、最後のはいろいろ難しいところがあって、日本ではあんまり議論されてないように思えます。

今回ちょっと話題になってるのを見て、昔読んだ書籍や論文だとどんなこと書いてたっけな、とかぱらぱらめくってのですが、まあ子供を悪い大人から保護しようっていうの自体はそれほど異論ある人はいないので、そんなに詳細に論じられているものは多くないですね。でもいくつかおもしろい論点はあるように思う。

まあその前に、私の好きなワートハイマー先生 (Alan Wertheimer, なむなむ)の奇妙な事例を見てみる。

【チャットルーム】
33才のAは、14才のBとインターネットのチャットルームで出会った。彼らはモーテルで会ってセックスすることに合意した。
【恋人】
15才のAと15才のBは高校生の恋人どうしである。彼らは頻繁にセックスしている。
【Spur Posse】
Aは17才の若者グループSuper Posseのメンバーである。このグループでは、少年たちができるだけ多くの女子とセックスすることを競争していた。Bは14才の高校新入生で、そのグループのことは知らない。BはAに目をつけられ誘いをかけられる。
【子供】
Bは11才の女の子である。Aは18才で、Bの兄の友達である。AはBに「ぼくのペニスを君のヴァギナに入れたら気持ちいいの知ってる?試してみたいかい?」と言い、Bは「OK」と答えた。
【子供同士】
AとBは11才で小学6年生の友達である。AはBに「ぼくのペニスを君のヴァギナに入れたら気持ちいいの知ってる?試してみたいかい?」と言い、Bは「OK」と答えた。
【ベビーシッター】
Bは14才の女子で、Aの子供のベビーシッターをしている。BはA (34才) に対して思春期特有の猛烈な片思い(“adlescent crush”)をしている。ある晩、AがBを車で家に送っていくときに、Bは「私はバージンなんだけど、年上の男のひとと経験をすませるのがいいって聞くわ。セックスを教えてもらえないかしら?」と言った。

なかなかアメリカンな感じですね。ワートハイマー先生はいつも便宜的に、Aは男子、Bは女子、っていう形で多くのやつではAの男子が積極的でBの女子はさほどではないことが多い形で例をつくてます。まあこれはとりあえず議論のため。

【Spur Posse】っていうのはそういう事件があったんですね。アメリカで1993年に発覚した事件で、どうもカリフォルニア州の高校生を中心にしたグループが、(同意年齢に到達してない)女子たちをナンパしてセックスするのを点数化して遊んでたらしく、それが警察の知るところとなったけど、同意がなかった(不同意だった)とかをちゃんと立証できずに起訴できなかったとかそういう事件らしい。Wikipediaに簡単に記事がありますNewYorkerの記事もある。

アメリカとかでは同意年齢が16才ぐらい州が多いので、スパーポッセグループの連中は「法定レイプ」で起訴して有罪にすることもできたんでしょうが、でも実際には1990年代のアメリカでは、平均初セックスが16〜17才ぐらいだったようで、若者の半分近くが同意年齢前にセックスを経験してたりするので、なんか微妙なわけです。

そういう意味では上の【恋人】も法律違反なんですが、まああんまり問題なさそうですね(しかし個人的にはけしからんと思う)。他のは問題ありそう。【子供】は高校生男子が小学生女子とセックスしようとしていてあきらかにやばい。【子供たち】も女子は小学生なんですが、男子も小学生なのでそういうのは問題あるけど犯罪や刑罰とかっていう対象ではないでしょうなという感じ。【チャットルーム】と【ベビーシッター】はどっちもヤバげな雰囲気がただよってますが、どっちがより問題が大きいかというのはなかなか微妙だけど、同じ悪さというのもなんか微妙かという感じがある。同じか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。