「片想い」「未完成」「Acacia」「正攻法」

学生様たちから教えてもらった曲シリーズ。

GENERATIONS from EXILE「片想い」

ひじょうにわかりやすい歌詞よねえ。語彙は基本的だし、特に背景とか考える必要もないし。ボーカルスタイルもソフトに調整している。語り手はいちおう男子ってことになってるけどまあ女子的にわかりやすい感じなんかなあ。奥手な男子の歌ではない気がする。まあそういうのでよくできてるよな。MV見ると、なんかジャニーズ系統より好感もてるな。ははは。


家入レオ「未完成」

なんかメンヘラ主人公って感じ。ドラマの主題歌なのか。このちょっとハネたリズムは基本的に抑制的な音楽につかわれている感じがあるな。R&Bとはちがう音楽的伝統になってる。歌ものすごくうまいけどなんかファッションや化粧法とかとの違和感があるんだけど、まあこういうのがいまな感じなのか。


BUMP OF CHICKEN「Acacia」

これは有名な曲。バンプの人は声がよくて反則よね。声聞いてるだけで気持ちよくなってしまう。バンプは去年アルバムとかも聞く機会があったんだけど、まあ高品質な感じがある。スピッツ〜バンプっていうさわやか路線のが邦ロックとかの大主流なのねえ。どちらも音楽的に爽快で、歌詞の抽象度が高い。これはとくにポケモン主題歌らしいのでそうなるわけだが。ミスチルやラッドは(大きいバンドだけど)いろいろひっかかりがあって、別の路線なのだなあ。


SUPER BEAVER「正攻法」

こういうオルタナ風味の方がロックらしいロックっていう感じだけどやっぱりものすごく売れるのはむずかしいだろうか。バンドサウンドで攻めたいんだろうけど、ボーカルの大きさとかも違う。なんか「下積みロック」「苦労人ロック」とかそういう言葉が思いうかんだ。正攻法でがんばってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。