「Slow & Easy」「旅路」「同担☆拒否」「大丈夫」

学生様たちから教えてもらった曲シリーズ。つづき。


平井大 「Slow & Easy」

平井先生は一部の学生様に人気があって、この人の書く歌詞は単に前向きってんではない感じがある。「君はいまテンパっててまわりが見えなくなってるかもしれないね」っていうそういう理解みたいなのがまあ世界が見えてるというかなんというか。前に聞いた曲はさほどでもなかったんだけどこっちはわかるな。もうちょっとサウンド的に冒険してほしい感じがある。


藤井風「旅路」

「この宇宙が教室なら」がすごい。ふつうは「この教室が宇宙なら」なのにねえ。この人はどうすれば他人が喜ぶがはっきりわかってる感じする。「青春」とかもまあお客さん向けなんだろうとは思うがやられてしまう。声もよくて、その声聞いてるだけでリスナーが気分よくなるのもわかってる。シティポップ(オリジナルラブとか)だけでなく井上陽水先生とかも研究しつくしてる感じ。


HoneyWorks「同担☆拒否 (feat. かぴ)」

アニソン様式っていうのかアイドル様式ていうののか。歌詞も様式にそって、スタイル(様式)の力ってすごい。展開いろいろ考えててテンコもりですごい。完全な職人の世界。


クリープハイプ「大丈夫」

これは公式youtubeないのかな?複雑な曲聞かされてるとシンプルなのもロックって感じでいいねえ。歌詞もよい。我々の生活は別に都会的である必要はないわけでねえ。昭和な感じもまだまだいけるわけだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。