「さよならの今日に」「桜が降る夜は」「Greed Greed Greed」「約束のしおり」

連休ぐらいに学生様たちから大量に曲教えてもらったので聞いていきます。順不同。

あいみょん「さよならの今日に」

あいみょんはいつもいいですね。ストリング入った分厚いサウンドが印象的で、田中ユウスケ先生という人がディレクターなのね。

「切り捨てた何かで今があるなら/「もう一度」だなんて/そんな我儘言わないでおくけどな」のあたりがなんか達観しようとしている感じがある。


あいみょん「桜が降る夜は」

もう一曲あいみょん先生、これもサウンドディレクションは田中ユウスケ先生、というか前とだいたい同じメンバーなのね。曲自体はシンプルな作りだと思うけど、分厚いサウンドとパーカッションなんかもいろいろ入っていて飽きないように作られてる。

「この体ごと貴方に恋している」の「体」があいみょんなのよねえ。この人の詞には自分の体がたくさんでてくる。


Acid Black Cherry「Greed Greed Greed」

あ、これJanne Da Arcの人なのか。学生様が指摘してくれてたけど空耳で作ってんのね。この曲はそもそも語り手が誰なのかわかにくい気がするけど、まあ自己破壊的な女子のセックスの歌かなあ。非常にラウドで刺激が強くて、刺激が必要な人々のために作ってあります、という感じがする。Xのhide with Spread Beaverとかの歌詞でもなか他人のセリフの引用みたいなのがはいっていて、ああいうのは聞くだけではわかりにくい。


ACE COLLECTION「約束のしおり」

あいみょんと同じ事務所。狙って作ってるラブソング、っていう感じか。セルフプロデュースなのか。最近の人たちはふつうの曲作ってもほんとうにレベル高いわよね。こういうのを聞くと「モテ」というのがわかってる人っているのねえ。うえのABCが刺激強いひとたちのものであるなら、こっちはあんまり刺激は必要ない人たちに向けてる感じか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。