2013年に読んだ本ベスト10

昨年末から1月にかけて読みました。おもしろいねえ。やっぱり大志は大事だ。それぞれ自分の役目があります。

非常にすっきりしていて頭よくなった気がする。歴史は大事です。

実験倫理学というか。我々がどんな悪いやつであるか。いろいろ味が悪いんだけど必読。


カーネマン先生直々の解説。必読。



嫌悪感というのは大事です。


最近出たやる気本ではこれがベスト。


アル中怖いです。


笑いというのの心理学的分析。ハーレー先生たちの『インサイドジョーク』の出版が待たれる。


今年一番関心した著作家は田村先生。なんというか音楽を本当によく理解している感じがする。


勉強になったのはこれかな。心理学、哲学、宗教学と多方面からアプローチ。対立する立場もいろいろ紹介されていて見通しがいい。ペーパーバックとKindleも出てるはず。でも高いよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。