女性の性欲の強さについてモンテーニュ先生語る

皇后メッサリナさんはエッチなことがしたくて夜に道にエッチな格好で立ったりしてやばかった

性欲の男女差で思い出したんですが、私、前にも書いたように、モンテーニュ先生ものすごく好きなんですよ。先生はモテてモテてしょうがなかったようで、まあモテなくても殿様だからエッチなことしまくりですよね。きと。んで、先生は女性の方がエッチが好きだし得意だって言ってる。まあ前のエントリでの性的キャパシティも性的エンジョイメントも男より上。

女性は世間に認められている生活の掟をこばんだとしても、少しも悪いことはない。これは男性が女性の同意なしにきめたものだからである。女性とわれわれとの間に策謀や闘争があるのは自然である。両者のもっとも親密な和合ですら混乱と風雲をはらんでいる。われわれは次のように、女性の扱い方に分別を欠いている。すなわち、われわれは、彼女らがわれわれと比較にならないほど、愛の営みに有能で熱烈であることを知っている。このことは……かつて別々の時代に、この道の達人として有名なローマのある皇帝〔ティトゥス・イリウス・プロクルス〕とある皇后〔クラディウス帝の妃メッサリナ〕自身の口からも語られている。この皇帝は一晩に、捕虜にしたサルマティアの十人の処女の花を散らした。だが皇后の方は、欲望と嗜好のおもむくままに、相手を変えながら、実に一晩に二十五回の攻撃に堪えた。……以上ことを信じ、かつ、説きながらも、われわれ男性は、純潔を女性にだけ特有な本分として課し、これを犯せば極刑に処すると言うのである。

モンテーニュ先生は、女性だって性欲があるんだから好きにセックスしてかまいません、って言ってるわけです。自分の奥様や愛人にもそう言ったかどうかは不明。

 

この性欲ほど激しい欲望はないのに、われわれは女性だけをこれに抵抗させようとする。普通の悪徳としてではなく、忌むべきもの呪うべきものとして、無信仰や親殺し以上のものとして抵抗させようとする。しかも、われわれ男性はこれにふけっても批判も叱責もされないのである。われわれのなかでこれを征服しようと試みた人たちでさえ、いろいろな物質的な手段を用いて、肉体をいためつけ、弱らせ、冷ますことがどんなに困難であるか、いやむしろ不可能であるかを十分に認めている。ところがわれわれは、女性が健康で、逞しく、ぴちぴちして、栄養がよく、同時に節欲的であることを、つまり、同時に熱くて冷たいことを欲する。実際、われわれは、結婚のつとめは女性が燃えるのを抑えることにあると言っているが、そういう考え方では女性をあまり爽快にすることはできない。

この最後のところがいいですね。小中高と体育とかして男子も女子も健康で元気になってほしいって思ってるのに、どういうわけかセックスはしちゃいけません、みたいになってるような気がする。まあ今はそうはなってませんか。

 

成熟した処女はイオニアの踊りを習うことを喜んで、四肢を疲れさせ、子供のうちからみだらな愛を夢みる

これ、(おそらく)ラテン語の詩の一部を先生が引用してるんですが、まあダンスとか習っちゃうとそういうこと考えちゃって危険です、みたいな。はははは。

この、モンテーニュ先生の『エセー』の「ウェルギリウスの詩句について」は猛烈におもしろいのでみんな必ず読みましょう。

 

 

エセー 6冊セット (岩波文庫)
モンテーニュ
岩波書店
売り上げランキング: 223,629

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。