[[●]]&aname(d19330201){二月初一}; [旧正月七日]晴。午後叶家ニ徃き嘲罵に居合せたる女と浅草寺に賽し、金田に飰す。
[[●]]&aname(d19330201){二月初一}; [旧正月七日]晴。午後叶家に徃き帳場に居合せたる女と浅草寺に賽し、金田に飰す。

&aname(d19330202){二月初二。};晴れて風静なり。終日家に在り。

[[●]]&aname(d19330203){二月初三。};晴。終日[[困臥]]。夜叶家に飰す。水天宮社殿にて[[追儺]]の式あり。看者群をなす。

&aname(d19330204){二月初四。};空晴渡りて風静に、いかにも立春らしき日なり。夜銀𫝶にて[[帚葉]]子に逢ふ。


&aname(d19330205){二月初五。};晴。金沢市今村君来信。降雪二尺余に及ぶと云。

[[●]]&aname(d19330206){二月初六。};晴。後に曇る。午後大川端散策。銀座に飰す。

&aname(d19330207){二月初七。};晴。立春の後風暖なり。夜銀𫝶にて[[高橋邦]][[神代]]の二氏に逢ふ。

&aname(d19330208){二月初八。};晴。朝九時強震あり。夜銀𫝶にて[[川尻]]子に逢ふ。

&aname(d19330209){二月初九。};晴。微邪。終日門を出でず。J. Kesselの短篇小説集La Steppe Rougue (N. R. F. 1922)を読む。






RIGHT:→[[昭和8年3月]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS