&aname(d19310110){正月十日、};晴れて風寒し、終日机に&ruby(もたれ){凭};る、夜虎の門の金比羅の縁日を看る、

&aname(d19310111){正月十一日、};寒気甚しく室内の水道夕方より凍る、夜番街を訪ふ、帰宅の後小説執筆深更に至る、

&aname(d19310112){●正月十二日、};晴れて寒し、午後[[園香]]に逢ふ、夜番街を訪ふ、

&aname(d19310113){正月十三日、};午後[[稲叟]][[園香]]等と新宿追分の鳥料理かめめに飲む、女中の美なること藝者の如く酒肴亦場末に似ず味ふに足る、新宿辺の繁華実に驚くべし、園香余を送りて家に来り小憩して帰る、



&aname(d19310114){正月十四日};、晴、終日執筆、

&aname(d19310115){正月十五日};、晴、短編小説紫陽花の稿を脱す、夜番街に飰す、

&aname(d19310116){●正月十六日};、晡下園香を訪ひ鶴福に飲む、

&aname(d19310117){正月十七日};、晴、

&aname(d19310118){正月十八日};、晴、夜番街に徃く、



&aname(d19310119){正月十九日};、晴、晡下牛込の中河に飰す、

[[●]]&aname(d19310120){正月二十日};、晡下園香を伴ひ神楽阪鶴福に飲む、紫陽花の草稾を中央公論社に送る、夜風吹出でゝ寒し、

&aname(d19310121){正月二十一日};、晴、書篋を理す、枕上清三家絶句を読む、

&aname(d19310122){正月二十二日};、晴、終日執筆、夜理髪の帰途番街を過訪す、

&aname(d19310123){正月二十三日};、晴、終日執筆、


[[●]]&aname(d19310124){正月二十四日、};晴れて風あり、一昨日[[笄阜]]子より書肆[[春陽堂]]破産の風説を聞きたれば、余が全集紙型版処分に関して問合せをなす、午後[[園香]]を訪ひ、[[番街]]に立寄りて帰る、


&aname(d19310125){正月二十五日、};曇りて風なし、午後揮毫数箋、夜[[番街]]を訪ふ、


&aname(d193101){正月二十六日、};曇りて暖なり、明後二十八日駿河台例会の由、


&aname(d19310127){正月二十七日、};晴れて北風烈し、


[[●]]&aname(d19310128){正月二十八日、};晴れて暖なり、午後[[園香]]を訪ひ中河に飲む、夜[[杏花]]子招飲の約に赴く、[[岡]]、[[池田]]、[[川尻]]の三子来る、杏花子二月帝国劇場にて[[ロスタン]]作[[シラノ、ド、ベルジュラク]]を演ずる由、[[喜多武清]]の粉本数巻を借りて帰る、


&aname(d19310129){正月二十九日、};快晴、和暖、午前[[稲叟]]を訪ふ、午後揮毫二三葉、夜三番町の[[小星]]を訪ふ、


[[●]]&aname(d19310130){正月三十日、};晴れて暖なり、午後三菱銀行に徃く、帰途[[園香]]を訪ひ夕餉を食して帰る、


&aname(d19310131){正月三十一日、};晴れて暖なり、午後[[小田内]]生来訪、数日前南米より帰朝せし由、ブラヂル国リオ市正金銀行支店副長榎本栄二市は、余が二十余年前紐育市同行支店に勤務中相識り人、この度小田内生に託しアマゾン河に生ずる薬草より製造せし不老不死の奇薬を贈らる、色は栗のごとく形は大なる墨の如し、小刀にて削り湯に投じて服するなり、小田内氏は上等の珈琲一鑵を贈らるる、夜市ヶ谷に[[稲叟]]を訪ひ、番街に[[小星]]を訪ふて帰る、月に笠あり、





RIGHT:→[[昭和6年2月]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS