昭和十年歳次乙亥正月起筆

荷風散人年五十又七

--------


&aname(d19350101){正月一日};。雨霽れて一天拭ふが如く暖気四月に似たり。三時過雑司ヶ墓地に往き[[先考]]の墓を拝す。墓地を出るに三ノ輪行の電車線路に行当りたれば、来合はす電車に乗る。尾久停車場近くに大いなる神社あり。参詣の人雑遝せり。三ノ輪終点より日本堤を歩み、吉原を通り抜け、市電龍泉寺町停留所前に出ず。大音寺をたづねて境内に入るに子安地蔵尊及安政震災遊女供養の碑あり。電車にて新橋に至り金兵衛に入りて夕餉を食す。内儀出で来り屠蘇をすすむること去年の春の如し。初更家に帰る。この日早朝余の睡眠中[[鷲津郁太郎]]年賀の名刺を留めて去れり。

〔欄外朱書〕旧十一月廿六日。

----------------


&aname(d19350102){正月二日};。昨来暖気例ならず。今朝も火の気なき書斎の寒暑計を見るに華氏六十八度を示したり。名古屋の[[安藤]]氏『汲古』第六巻を贈らる。午後旧稿を添削す。昏暮銀座に至り不二氷菓店に夕餉を食す。大入にて空席殆なし。真砂屋に立ち寄りて帰る。

元日やひそかに拝む父の墓

行くところなき身の春や墓詣

門締めて寐るだけ寐たりけさの春

若水にまづ粉薬をのむ身かな

初夢を見よと物食ふ寐しな哉

----------------


&aname(d19350114){正月十四日};半陰半陽。[[セネシャル]]の『現代仏文学史』を読むに、戦後著名の作者多くは余と同庚、また余よりも年少なるものあり。[[アポリネール]]、[[マルクオルラン]][マルクオルランに「〔ママ〕」の注記]、[[ウィルドラック]]、[[ジュール・ロマン]]、[[カルコ]]、[[ブノワ]]の如き名家皆余よりも年少にして、すでに[[翰林院]]学士たるもあり。日仏その国情を異にすといへども、余は才藻の貧弱なるを省み嘆息せざるを得ざるなり。燈刻銀座食堂に至りて飰す。茶店亜凡を過るに[[竹下]]氏[[菊池姉妹]][[万本]][[浦上]]の諸氏あり。オリンピックに少憩してかへる。細雨そそぎ来る。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS