&ANAME(d19191101){十二月朔。};[[南部秀太郎]][[三田文学]]用件にて来談。

&ANAME(d19191102){十二月二日。};[[新冨座]]を見る。盖[[玄文社]]合評会のためなり。

&ANAME(d19191103){十二月三日。};[[母上]]を案内して[[帝国劇塲]]を看る。

&ANAME(d19191104){十二月四日。};午後[[玄文社]]合評会。つゞいて[[綺堂]][[松葉]]両子帰朝祝賀の宴。共に日本橋若松家に開かる。半月空に泛び淡烟蒼茫として街を罩めたるさま春夜の如し。

&ANAME(d19191105){十二月五日。};[[松莚]]子の家に招がれ、[[大彦翁]][[莚升]]等と午餐を倶にす。南向の小庭に雁来紅の一二本霜にたゞれて立ちすくみたるさま風趣あり。冬枯の秋草を愛する[[松莚]]子の風流欣慕すべし。

&ANAME(d19191106){十二月六日。};寒雨霏々。風月堂に徃き夕餉をなす。[[老婆おしん]]世を去つてより余が家遂に良婢を得ず。毎宵[[風月堂]]にて晩飯をなすやうになりぬ。葡萄酒の盃片手にしつゝ携帯の書冊を卓上に開き見るや、曾て外遊の時朝夕三度の食を街頭のカツフヱーにてとゞのへたりし頃のこと思返されて、寂しさに堪えざることあり。昨日購ひたる [[LAURENT VINEUL]] といふ作家の「|身のあやまち《エラール》」を読む。独身の哲学者を主人公となしたるものにて、篇中の事件徃々身にしみ/″\と感ぜらるゝ所あり。学者病中下女の不人情なるを憤るあたりの叙事、最も切実の感あり。今日余の憂を慰るもの女にあらず、三味線にあらず、唯仏蘭西の文藝あるのみ。

&ANAME(d19191107){十二月七日。};全集第三巻校正終了。

&ANAME(d19191108){十二月八日。};晴れて風暖なり。[[風月堂]]にていつもの如く晩餐をなし酔歩蹣跚出雲橋を渡る。明日天に在り。両岸の楼台影を倒にして水上に浮ぶ。[[精養軒]]食料品売場にて明朝の食麺麭を購ふに、焼き立とおぼしく、携ふる手を暖むる事懐炉の如し。采女橋を渡り水に沿うて歩めば月中溝渠の景いよ/\好し。波除神社の角より本願寺裏の川づたひに路地の家に帰る。明月屋根の間より斜に窗を照したり。留守中箱崎町の大工[[銀次郎]]麻布普請の絵図面を持参す。

&ANAME(d19191109){十二月九日。};晴れて寒し。

&ANAME(d19191110){十二月十日。};晡下[[唖々]]子来訪。尾張町[[清新軒]]に飲む。此夜[[唖々]]子珍しく泥酔せず、[[新井白石]]の事蹟を脚本に仕組むべしといふ。

&ANAME(d19191111){十二月十一日。};生田葵山高輪の楽天居にて新婚の披露をなす。帰途[[野圃]]沖舟木舟[[唖々]]等と金杉橋頭の一酒舗に飲む。電車なくなりし故余は人力車を倩ふ。諸子は何処に行きしや。そは明朝に至るを俟つて品川湾頭に飛ぶ[[白鴎]]に問ふ可し

&ANAME(d19191112){十二月十二日。};[[国民劇場]]なるもの余が旧作煙三幕を上場する由。この夜有楽座に徃き其の稽古を見る。偶然[[綺堂]][[米斎]]の両君に逢ふ。

&ANAME(d19191113){十二月十三日。};朝来微雪雨を交ゆ。夜[[国民劇塲]]を観る。

&ANAME(d19191114){十二月十四日。};微恙あり。

&ANAME(d19191115){十二月十五日。};微恙あり。午後[[永井喜平]]麻布借地の事につき来談。

&ANAME(d19191116){十二月十六日。};風邪未癒えず。寒気日に日に加はる。

&ANAME(d19191117){十二月十七日。};市川猿之助来る。[[春陽堂]]の林氏全集第三巻出版届を持来りて署名捺印を請ふ。

&ANAME(d19191118){十二月十八日。};女優[[花田偉子]]来り余が旧作上演の謝礼三拾円三越切手を贈らる。

&ANAME(d19191119){十二月十九日。};晴れて寒し。薄暮所用の途次車にて土手三番町を過ぐ。市ヶ谷の高台を望み見たる夕陽の景甚佳なり。

&ANAME(d19191120){十二月二十日。};風月堂にて偶然[[菊五郎]]夫妻に逢ふ。菊五郎余に逢ふ毎に新作の脚本を求む。厚意は謝する所なれど、今日の劇塲は既に藝術を云々する処にあらず。余脚本の腹案なきにあらねど筆持つ心なし。

&ANAME(d19191123){十二月廿三日。};[[鳩居堂]]店頭にて図らず[[森先生]]に謁す。背広の洋服に古きマントオをまとひ、口髭半白くなられたり。

&ANAME(d19191124){十二月廿四日。};[[唖々]]子来る。半日[[清新軒]]の炉辺に飲む。夜半雨。

&ANAME(d19191125){十二月廿五日。};晴れて暖なり。

&ANAME(d19191126){十二月廿六日。};[[松莚]]子細君同伴にて来り訪はる。来春明治座にて[[岡君]]新作の小猿七之助を演ずるにつき、其の着附仕草などの参考にせんとて、余が所蔵の人情本春画の類を見に来られしなり。此夜前日に比して又更に暖なり。

&ANAME(d19191127){十二月廿七日。};午下[[中洲病院]]を訪ふ。菖蒲河岸より大川の面を望むに、暖なる冬日照りわたり、徃来の荷舩には舵のあたりに松飾り立てしものもあり。岸につなぎし舩には舩頭の子供凧をあげて遊べるさま、[[北斎]]が両岸一覧の図を見るが如し。夕刻[[春陽堂]]店員全集第三巻製本持参。
&ANAME(d19191127){十二月廿七日。};午下[[中洲病院]]を訪ふ。菖蒲河岸より大川の面を望むに、暖なる冬日照りわたり、徃来の荷舩には舵のあたりに松飾り立てしものもあり。岸につなぎし舩には舩頭の子供凧をあげて遊べるさま、[[北斎]]が[[両岸一覧の図]]を見るが如し。夕刻[[春陽堂]]店員全集第三巻製本持参。

&ANAME(d19191129){十二月廿九日。};風暖なり。吾妻橋を渡り、石原番場の河岸を歩む。

&ANAME(d19191130){十二月三十日。};快晴。温暖春の如し。

&ANAME(d19191131){十二月卅一日。};晴天。午後市中大晦日の景况を見むとて漫歩神田仏蘭西書院に赴き、[[フロオベル]]全集中尺牘漫筆の類数巻を購ふ。[[風月堂]]にて晩餐をなし銀座通の雑沓を過ぎて家に帰る。枕上[[コレツト・ウヰリイ]]の小説レトレート、サンチマンタルを繙読して覚えず暁に至る。突然格子戸を引明けむとするものあり。起出でゝ見るに郵便脚夫の年賀状一束を投入れて去れるなり。表通には下駄の音猶歇まず。酔漢の歌ひつゝ行く声も聞ゆ。

[#地から2字上げ][#印影(FIG54370_01.PNG、横41×縦57)入る]

[[*>青空文庫から]]

RIGHT:→[[大正9年1月]]



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS