&aname(d19240101){正月元日。};晴れて風なけれど寒気の甚しきこと京都の冬の如し。去年の日記を整理し、入浴して後椅子によりてうつらうつらと居眠る中、日は早くも傾きたり。[[松莚]]子と晩餐を共にすることを約したれば、[[小星]]を伴ひ[[山形ホテル]]へ徃く。[[池田大伍]]氏を待ちしが来らず。[[市川荒次郎]]、[[河原崎長十郎]]、[[市川桔梗]]、[[市川莚八]]等と、黄金の盃を挙げて災後の新春を祝す。黄金盃は松莚子多年大入袋の金子を貯蓄し、これを純金に替へしものなりといふ。去年罹災の際門弟これを取出せしなり。十一時過家に帰る。

&aname(d19240102){正月二日。};晴れて好き日なり。[[お栄]]を伴ひ[[先考]]の墓を拝す。夜『[[五山堂詩話]]』を読む。

&aname(d192401003){正月三日。};晴天。終日執筆。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS