三月一日。風なれど天気猶暖ならず。


三月二日。

三月三日。春風嫋々。[[唖々]]子を毎夕新聞社に訪ふ。倶に牛込に飲む。

三月四日。[[松莚]][[清潭]]の二氏と[[風月堂]]に飲む。

三月五日。ラヂウムの治療を試みんがために日本橋高砂町[[阿部病院]]に赴く。診察所にて藝者風の美人を見る。多年余の小説を愛読せりとて彼方より親しげに話しかくるなり。年は三十に近かるべし。深川冨岡門前に生まれた由にて[[深川座]][[真砂座]]などの古き[[狂言]]、[[須崎の燈籠]]、[[仁和加]]の事など語りつゞけぬ。阿部病院を出て[[本郷座]]に赴く。寒風吹き起こりて砂塵を巻く。此のニ三日夕刻に至るや必風吹出でゝ寒くなるなり。[[松莚]]出演の中幕を見て帰る。

三月六日。晴れて風寒し。

三月七日。[[帝国ホテル]]にて[[森鴎外全集]]編纂会開かる。世話人はいつも[[与謝野]]氏なり。出席者[[桑木文学博士]]、[[入沢]][[小金井]]の両医学博士、[[吉田増蔵]]、[[浜野知三郎]]、[[山田孝雄]]、[[森潤三郎]]、[[小山内薫]]、[[江南文三]]、[[平野萬里]]、[[与謝野寛]]、[[鈴木春浦]]、其他なり。帰途小山内氏と築地の[[幸楽]]に一酌す。春寒料峭たり。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS