&aname(d19220203){二月三日。};雨ふる。夜芳町の妓家に飲む。[[唖々]]子来り会す。銀座清新軒に至りて更に一酌し陶然として家に帰る。[[八重次]]の手紙あり。感冒久しく癒えず。昨夜俄に血を吐くこと二回に及び、長谷川病院に入り、生命あやうしといふ。愕然酒醒め終夜眠ること能はず。

&aname(d19220204){二月四日。};雨歇む。午後草花一鉢を携へ、長谷川病院に[[八重次]]を訪ふ。受附のもの面会謝絶の札貼りてありといふ。余は人目を憚り[[唖々]]子の名を借りて刺を通づるに、病室幸にして見舞の人なき由。漸くにして逢ふことを得たり。前日の手紙は精神昂奮のあまりに識せしものなるべし。重患なれど養生すれば恢復の望なきにはあらざるべし。

&aname(d19220205){二月五日。};立春を過ぎてより日の光俄にうるはしくなりぬ。晩風蕭条。寒気はむしろ厳冬に増るほどなれど、夕照暮靄共に春ならではと思はれたり。先年竹田書房に雇はれゐたる中村某来たり、昨冬深川富ケ岡門前に辰巳屋といふ店を開きたりとて、包みをひらき番附錦絵等を示す。二、三品を購う。

&aname(d19220208){二月八日。};小説『雪解』前半の草稾を『明星』に寄送す。風雨屋上の残雪を洗ふ。

&aname(d19220209){二月九日。};[[市川段四郎]]去る六日の夜享年六十八歳を以て歿す。この日浅草千束町宅にて告別式を行ふ。立春以来天気日〻暖にして頭痛を催すほどなり。吊問の帰途浅草公園を歩み吾妻橋より船に乗り永代橋に至る。隅田川も両岸の景旧観を存する処稀にして、今は唯工場の間を流るる溝渠に過ぎず。風月堂にて夕餉をなし[[楽天居]]句会に赴く。

&aname(d19220210){二月十日。};残雪跡なく雨後の春草萋々たり。夜月明なり。風月堂にて晩食を喫し、築地旧居のあたりを歩む。目下執筆の小説『雪解』の叙景に必要の事ありたればなり。

&aname(d19220211){二月十一日。};春日麗朗たり。夜風雨雷鳴。

&aname(d19220212){二月十二日。};風暖にして頭痛岑〻然たり。筆意の如くならず。午後丸の内を歩む。帰宅の後執筆夜半に至る。

&aname(d19220213){二月十三日。};銀座一丁目郵船会社出張所に行き渡欧の賃銭その他の事を問ひ、帰途有楽座開演中の名人会を聴く。余本年は再び巴里に遊びたき考なれど、終生かの地に居住するわけにも行くまじ。帰り来りし後の寂寞不平を思ふ時はむしろこのまま陋巷に老い朽つるに若かざるべし。感慨万種。遂に決意すること能はず。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS