&aname(d19220101){正月元旦。};正午の砲声に睡より覚む。雪歇みしが空いまだ晴れず寒気甚し。年賀の客来らざれば門扉も鎖せしままなり。年賀の郵便物を一閲して後台所に行き昼餉をつくり珈琲を煮る。食後前年の日記を整理し誤字を訂す。夜に至り空晴れ繊月を見る。[[旧臘]]脱稿した一幕物『冬の朝』を改竄す。

&aname(d19220102){正月二日。};正午南鍋街風月堂にて食事をなし、タキシ自働車を[[雑司ヶ谷墓地]]に走らせ[[先考]]の墓を拝す。去年の忌辰には腹痛みて来るを得ず。一昨年は築地にあり車なかりしため家に留りたり。この日久振にて来り見れば墓畔の樹木俄に繁茂したるが如き心地す。大久保売宅の際移植したる[[臘梅]]幸にして枯れず花正に盛なり。この臘梅のことは既に『[[断腸亭雑藁]]』の中に識したれば再び言はず。

&aname(d19220103){正月三日。};日当りよき窗のほとりに椅子を移し、[[ブラスコ・イバネス]]の小説『湖心の悲劇』を読む。夜に入りて寒甚し。



&aname(d19220104){正月四日。};[[晷]]&ruby(やや){稍};永くなりたり。他に及んで窗猶明るし。[[風月堂]]に至るに偶然[[籾山柑子]]に逢ふ。近年真言宗の鈴を収集して娯むといふ。[[弦月]]空にかゝり、風絶えて寒気地中より湧出るが如し。銀座通りも人影なし。日比谷を歩みて帰る。

&aname(d19220105){正月五日。};寒気甚しく室内洗面器の水道凍りて水出でず。夕刻[[唖々]]子電話をかけ来る。新橋の[[弥生]]に招ぎて飲む。

&aname(d19220106){正月六日。};水道凍ること前日の如し。去年の冬には一たびも凍りしことなし。今年の寒気知るべきなり。夕刻地震あり。此日寒の入。

&aname(d19220107){正月七日。};[[七草会]]仲通の[[末広]]に開かる。晴れたれど風寒し。不在中[[百合子]]来る。

&aname(d19220108){正月八日。};[[竹田屋]]年賀に来る。

&aname(d19220109){正月九日。};曇りて寒し。午後[[百合子]]来る。薄暮雨&ruby(あられ){霰};を交ゆ。


&aname(d19220110){正月十日。};晴れて暖なり。午後[[富士見町]]に徃く。近年自働車の徃復頻繁となりてより、下町の道路破壊甚しく、雨後は泥濘踵を没す。之に比すれば山手の道路阪多きところは霜解もなく散歩に好し。夜電話にて明星発行所より草稾を催促し来れり。

&aname(d19220111){正月十一日。};午後小説起稾。夜[[九穂]]氏と銀座[[清心軒]]に飲む。寒月皎々たり。

&aname(d19220112){正月十二日。};寒月を踏んで[[楽天居]]新春の句会に徃く。帰宅の後執筆暁二時に至る。

&aname(d19220113){正月十三日。};[[唖々]]子と[[人形町]]にて待ち合せ、[[芳町]]の妓家福堺屋を訪ふ。曾て牛込にて知りたる女なり。風烈しく寒気甚し。

&aname(d19220114){正月十四日。};暮方より雪ふり出しぬ。風なくしめやかなる降り方なり。風月堂にて食事をなし南佐柄木町の[[弥生]]に至り、[[巴屋の老妓]]に逢ふ。



RIGHT:→[[大正11年2月]]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS