&aname(d19220101){正月元旦。};正午の砲声に睡より覚む。雪歇みしが空いまだ晴れず寒気甚し。年賀の客来らざれば門扉も鎖せしままなり。年賀の郵便物を一閲して後台所に行き昼餉をつくり珈琲を煮る。食後前年の日記を整理し誤字を訂す。夜に至り空晴れ繊月を見る。[[旧臘]]脱稿した一幕物『冬の朝』を改竄す。

&aname(d19220102){正月二日。};正午南鍋街風月堂にて食事をなし、タキシ自働車を[[雑司ヶ谷墓地]]に走らせ[[先考]]の墓を拝す。去年の忌辰には腹痛みて来るを得ず。一昨年は築地にあり車なかりしため家に留りたり。この日久振にて来り見れば墓畔の樹木俄に繁茂したるが如き心地す。大久保売宅の際移植したる[[臘梅]]幸にして枯れず花正に盛なり。この臘梅のことは既に『[[断腸亭雑藁]]』の中に識したれば再び言はず。

&aname(d19220103){正月三日。};日当りよき窗のほとりに椅子を移し、[[ブラスコ・イバネス]]の小説『湖心の悲劇』を読む。夜に入りて寒甚し。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS