&aname(d19300108){正月初八}; 晴れて寒気甚し、&ruby(こんこく){昏黒};三番町に徃かむとして谷町通にて電車の来るを待つ、悪戯盛の子供二三十人ばかり群れ集り、鬼婆鬼婆*と呌ぶ、中には棒ちぎれを持ちたる悪太郎もあり、何事やと見るに頭髪雪の如く腰曲りたる朝鮮人の老婆、人家の戸口に立ち飴を売りて銭を乞ふを、悪童等押取巻き棒にて地を叩きて呌び合へるなり、余は日頃日本の小童の&ruby(ぼうれい){暴戻};なるを憎むこと甚し、この寒き夜に、遠国よりさまよひ来れる老婆のさま哀れに見えたれば半円の銀貨一片を与えて去りぬ、三番町に至るに小星家に在らず、已むことを得ず銀座に出で[[オリンピヤ]]に飰して空しく家に還る、
&aname(d19300108){正月初八}; 晴れて寒気甚し、&ruby(こんこく){昏黒};[[三番町]]に徃かむとして谷町通にて電車の来るを待つ、悪戯盛の子供二三十人ばかり群れ集り、鬼婆鬼婆*と呌ぶ、中には棒ちぎれを持ちたる悪太郎もあり、何事やと見るに頭髪雪の如く腰曲りたる朝鮮人の老婆、人家の戸口に立ち飴を売りて銭を乞ふを、悪童等押取巻き棒にて地を叩きて呌び合へるなり、余は日頃日本の小童の&ruby(ぼうれい){暴戻};なるを憎むこと甚し、この寒き夜に、遠国よりさまよひ来れる老婆のさま哀れに見えたれば半円の銀貨一片を与えて去りぬ、三番町に至るに[[小星]]家に在らず、已むことを得ず銀座に出で[[オリンピヤ]]に飰して空しく家に還る、

&aname(d19300109){正月九日};快晴、北風吹きて寒気甚し、石井潜吉氏に短冊を郵送す、晩間[[オリンピヤ]]に飰して三番街に徃く、図らず一事件あり、之がために亦図らず[[小星]]の為人余が今日まで推察せしところとは全く異りたるを知り窃に一驚を喫したり、かの女その容姿は繊細にして、挙動婉順に見ゆれど、内心豪胆にして物に驚かず、天性&ruby(えいご){穎悟};敏捷にして頗権謀に富むこと男子に優る所あり、人は見かけによらぬとの諺はあれど余は今日まで斯の如く外見内心の相反したる女子を看たることなかりき、斯くの如き女子は不時の病にかゝりて夭死するか或は才気を恃みて却て生涯を誤るものなるべし、余は何とも知れず恐怖の念胸底に湧起るをおぼえたり、


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS