天文年間(1532~1554)に石浜城主千葉守胤によって祀られた神社。隅田川沿岸の景勝地であり、この稲荷の狐に油揚げを与えて食べてくれると願いが叶うという伝承があったらしい。宝暦年間(1751~1763年)には、吉原豆腐で作った田楽を売る甲子屋、川口屋などの茶屋が立ち並んで、江戸の名所になっていた。大正15年、石浜神社に併合された。開発の影響で、石浜神社と共に何度か移転しているらしい。

東京紅團「稲荷神社散歩」<真崎稲荷神社>の項およびhttp://edokentei.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/8-e6cd.htmlを参照。

石浜神社公式ホームページで錦絵に書かれた真崎稲荷の様子を見ることができる。
http://www.ishihamajinja.jp/ukiyoe/index.php


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-07 (土) 10:34:02 (1783d)