清元節。荷風先生が四十代にはまっていた。

WikiPedia.ja:清元節

「荷風が清元の稽古をしてたころの清元界は、太夫としては明治と言われた五世家元延寿太夫、三味線の名手と言われた三世梅吉の提携時代であり、未だ所謂高輪派梅派の分派されていなかった時代であったが、荷風はその好みから古曲であれ新曲であれ延寿太夫の一中河東めいた傾向は却って清元の本領を崩すものとみたし、むしろ家内太夫、喜久太夫の昔さながらの清元をよしとしていた。」秋庭太郎『永井荷風伝』p.259


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-02 (金) 15:56:54 (1573d)