「勉学もおもしろく、放蕩も亦愉快なりとは、さてさて楽しみ多きに過ぎたるわが身ならずや。蜀山人が『擁書漫筆』の叙に、清人石龐天の語を引き、人生に三楽あり、一には読書、二には好色、三には飲酒、是外は落落として都て是無き処。といひしもことわりなり。」昭和2年1月22日。

荷風先生が引いている読書好色飲酒は冒頭にある。しかし蜀山人ではなくWikiPedia:小山田与清の本ではないのか。

http://komonjo.lib.niigata-u.ac.jp/kmtmp/6aad1acc7d8521e89612b66a254aa398/kmview.html


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-16 (金) 15:05:54 (1681d)