荷風先生と井上唖々の合作。

さらに押川春浪も参加していたのではないかという説もある。『荷風日記研究』 p.207

「遊郭、楊弓屋、芸者屋、銘酒屋など、いわば社会の暗黒面を材料とする小説風の観察記」『荷風日記研究』 p.207

井上唖々が書いたのは、「楊弓屋の光景」「遊郭の深夜」「かこい者」「妓楼の新造」「女義太夫の一面」「茶屋女」。荷風先生が書いたのは「小引」「遊郭」「後家の住所」「夜の銘酒屋」「遊女の最後」「待合と芸者」「若い衆と師匠」「海外の醜業婦」「女役者」「桂庵と妾奉公」。『考証永井荷風』上p.110

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/900369


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-03 (日) 23:46:23 (1476d)