井上精一。井上唖々。九穂玉山玉山酔客。深川夜烏?不願醒客大正12年7月11日没。

荷風先生の刎頚の友。会社首になってりする。暴飲泥酔するらしい。(「唖々子暴飲泥酔例によつて例の如し」)

荷風先生による伝。 昭和5年7月#d19300711

雑誌『花月』の編集者・出版者をする。

「唖々は第一高等学校中退、明治34年から大正元年まで書肆大學館に勤務、籾山書店、加賀藩資料編纂所勤務を経て大正7年毎夕新聞社員となっていた。」『永井荷風伝』 p.295


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-12 (月) 19:07:08 (1380d)