吉原にあった稲荷神社五社(吉徳稲荷社、榎本稲荷社、明石稲荷社、開運稲荷社、九郎助稲荷社)のなかで最も歴史のあった神社。

大門の手前に吉徳稲荷、東の隅に明石稲荷社、西の隅に開運稲荷社、北の隅に榎本稲荷社、南の隅に九郎助稲荷社が祀られていた。

明治5年に吉原にあった他の稲荷社と合祀されて吉原神社となっている。

1935年8月27日で引用されている春水梅見船によると、保元年間に創立されたとなっているようだが、Google先生に聞くと和銅四年(711年)創立とするものが多いようだ。

http://yoshiwarajinja.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai00.html
Google:和銅四年 九郎助稲荷


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-15 (水) 08:12:24 (1739d)