市川左團次を囲む文人の集まり。

「七草会は、左団次のレパートリの企画機関であった。つまり左団次のための上演脚本を審議する機関として、大正十年一月に発足した。日本橋槙町の鳥料理屋「末広」における最初の会合が七草の日だったとろから、この名がある。池田大伍岡鬼太郎岡本綺堂小山内薫永井荷風松井松翁山崎紫紅吉井勇など、当時一線級で活躍していた八名の脚本家を会員とし、川尻清潭木村錦花、のちに巌谷槇一が幹事役をつとめた。」『荷風日記研究』p.154

生年順に並べるとこんな感じ。

1870 松居松葉
1871
1872 岡鬼太郎 岡本綺堂
1873
1874
1775 池田大伍 山崎紫紅
1876 川尻清潭
1877 木村錦花
1880 永井荷風
1881 小山内薫 市川左団次
1886 吉井勇
1900 巌谷慎一


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-28 (日) 09:52:09 (964d)